Rockamenco ギタリストTopic

Rockamencoで活躍中の、
フラメンコ・ギタリスト 長谷川暖さんの教則DVDが発売になるそうです。

♪『大人の楽器生活 フラメンコ・ギターの嗜み』
インストラクター:長谷川暖/TAB譜付き
品番:ATDV-142/3,990円(税込)/9月25日発売

情報元:スカパー・Music Airのメルマガより。

ichiroさんも過去にSRV奏法のインストラクターとして、同じアトス・インターナショナルから、
教則DVDが出ています。発売当初はビデオで、後にDVD化。
楽器屋さんで取り寄せも可能ですし、大きな楽器店だと店頭に並んでいます。
もちろん、私も持っていますよ。
ichiroさんがギター・インストラクター


同じバンド内で、二人もインストラクターとしてオファーがあり、DVDを発売するほどの
プレイヤーが在籍するRockamenco。

世界に羽ばたきますように。

Worldwideに。

海を越えて。

関連記事

6 Comments

Ryuhei  

SRV奏法

今日楽器屋で見つけました!
ただ財布との相談で買えませんでしたけど↓
矢沢さんのライブでは、矢沢色が強いため
ichiroさんらしさはあまり出てないけど、
ところどころでichiroさんらしさを出してる!って感じですね!
飲酒に関してのMCで、
この御方もまた、上辺でなく、
ファンを大事にしてるなぁて思いましたね☆
最近のアーティストは○○っぽいとか○○に似てるとか
○○系とか、変に固定されてしまいますが、
矢沢さんは1つのスタイルを確立した人だと思います!
もちろん吉川さんも☆

2007/08/27 (Mon) 01:16 | REPLY |   

スノードロップ  

サポートだものね。

>Ryuheiさん
楽器店で、ギター教則DVDっていっぱい出てますよね。
何故かウチにもichiroさんのを含めて3枚あったりして(笑)
SRV奏法だけど、結構前に収録したものかな、今とはまた雰囲気が違ってるので、機会があったら、お買い上げ&見てみてね。
矢沢さんのサポートでは、矢沢さんがメインなので、いつものカラーを出していいかどうかは、それぞれだったりしますよね。
この間も、ちょっとこの話になったのだけど、サポートは役割があるから
いつものスタイル、というわけではないけれど。
ヴォーカリスト&ギターで真ん中に立ってた人が、サポートを務めたりすると、両方の立ち位置とか、気持ちが分かるようになって、よかったって人もいるみたい。
プラスになってるのだと思いますしね!
Ryuheiさんが書いてくれたように、○○っぽいとか、○○系って括ると分かりやすいのかもしれないけど、
ジャンル分けとかもあまりクッキリしてない方がいいなぁ、って私は思います。
ロックはこうでなくちゃ、とかも決め過ぎない方がいいような気がするし、
垣根とか、境界線があまりない方がいいですよね。
もっと自由な方がいい。
そういえば、私は「渋谷系」という括りが苦手だったの。
渋谷系って名前付けがなんとなく・・・。
渋谷系と呼ばれた音楽は悪くないし、渋谷も大好きなんだけどね。
スタイルの確立、キャリアとか、その人の持ってるものとか、総合力かなぁ。
そして、フォロワー不在ですね。

2007/08/27 (Mon) 01:49 | EDIT | REPLY |   

べた  

はじめまして☆べたと申します。
ichiroさんで検索しててたどり着きました。
私は、矢沢永吉さんのファンで10数年ライブに通い続けてますが、去年のツアーでichiroさんを知ってから、完全にはまってます。
4月と6月にロッカメンコ、7月にTHE SONSのライブに行って、ますます熱があがってます^^。
 すごく詳しく書かれてるので、少し前からいろいろ拝見してました。
ギターはやってないのですが、「自分でも、、、」とちょっと興味が沸いてきている状況です。
 いきなり長文ですみません。またお邪魔しますね。
どうぞよろしくお願いします。

2007/09/08 (Sat) 09:54 | EDIT | REPLY |   

スノードロップ(管理人)  

ようこそ、いらっしゃいませ!!

>べたさん
初めまして、ようこそいらっしゃいませ!コメントありがとうございます。
記事もいろいろ読んでいただけて、嬉しいです。私はichiroさんのファンになってから、まだ日が浅いですが、大好きです!!
プレイヤーとしてはもちろんのこと、人となりも。
触れれば触れるほど、ichiroさんの良さを知る、という日々です。
べたさんは、矢沢さんから、ichiroさんも好きになったとのこと。
ichiroさん、きっと喜んでいらっしゃることでしょう。ツアー・サポートすることによって、気に入ってくれた人がいるのって、とても嬉しいと思います。
私は矢沢さんの音源は最初レコードからでした。友人のお兄さん経由で聴いたのが始まりです。
丁度アメリカ進出してた頃かな?全英語詞でカッコいいアルバム。
それとマイケル・ランドゥというLAのギタリストが参加したアルバムも聴きました。
「アー・ユー・ハッピー?」も読みましたよ。
べたさんもギター、ぜひ挑戦してみませんか?
ichiroさんは、男性のギタリスト・ファンの人を歓迎してる気がします。
雑誌にも、
「こんなの、聴いたことが無い!」って若い連中に思ってもらえたらいいね、ってお話してました。
ichiroさんのファンの方、大歓迎です!!とても嬉しいですよ♪
こちらこそ、どうぞよろしくお願いしますね。

2007/09/08 (Sat) 11:23 | EDIT | REPLY |   

べた  

ありがとうございます

 早速のご訪問&コメントをいただきありがとうございました!
私もまだまだichiroさんのファンになって日が浅いのですが、スノードロップさんも書かれてるとおり、「触れれば触れるほど、ichiroさんの良さを知る」といった日々です。その気持ち、すごくわかります。
 6月のロッカメンコのライブでいわゆる「出待ち」をして、ichiroさんと直に接する機会があって、サインや写真を一緒に撮らせていただきました。
その時のichiroさんのお人柄に完全に惚れましたね^^;。
「星は遠くで見つめるもの」みたいに思っていただけに、その時の興奮と感動は言葉では言い表せないくらいで。。。
 その時の様子もブログにupしてます。
お時間のあるときに、またお越しください!!
<追伸>
 永ちゃんの前は吉川氏にどっぷり浸かってました~^^;。
奇遇ですね☆
 

2007/09/08 (Sat) 17:12 | EDIT | REPLY |   

スノードロップ  

実は多かったりします。

>べたさん
触れれば触れるほど良さを知る、っていうのを日々実感しています。
べたさんもなんですね。そういう魅力がichiroさんにはあるのだと思います。
いろいろ感動的なコミュニケーションをされたようで、良かったですね。
私はもう、最初に映像からドカーン!と来まして、これは絶対に生で観に行かなくては!!と思ったものです。
実際のLiveはもっともっと凄かったです。
初めてのライブでは、言葉では言い表せないくらい衝撃的!あの光景は一生忘れられないレベルでした。
焼きついたまま、今思い出してもドキドキします。
べたさんも、ichiroさんに惚れ込んじゃいますね♪♪
吉川晃司くんも好きだったのですか?
実はこのブログ、晃司くんのファンの方が多いのですが、私が昨年末からずっとichiroさんのことばっかり書いていたので、
「ichiroさんって、どんなギタリストさんなの?」
って4名程興味を示していただいて、実際にライブまで行ってくださったり、CD買ったりということがありました。
音楽性は違いますし、同心円を描いてる訳では無いですが、共通項がどこか、わずかでもあるのかもしれないです。
矢沢さんと晃司くんは広島出身同士ですね。晃司くんは酔うと矢沢さんの曲をカラオケで歌うことがあるそうですよ。
またいろいろ語りましょうね!私もまたお邪魔しますね。

2007/09/09 (Sun) 00:58 | EDIT | REPLY |   

Post a comment