ichiroさんを中心円にして綴るブログ

Vintage Blue Sky

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

ichiroさんがkochのアンプを試奏

ichiroさんがkoch(コッホと読みます)を試奏した記事が掲載されています。

たまたまギター・マガジンのサイトでスクロールして気付きました。
ギタマガは、今月から定期購読じゃなくなったので、これからちょっとチェックしてみますね。
コチラに掲載されてます。

ichiroさんが実際に弾いてる音が聴けます。(PCで聴いてみてくださいね。)

Studiotone 40XL ・・・ichiroさん、また笑わせるんだもの。くふふっ。
ジョン・メイヤーみたいなニュアンスってところがツボでした。

Twintone IIでの、フェンダーとマーシャルが合体したような、っていうコメントが
気になりますよね。両方のアンプの旨味成分ありという。

kochってオランダ発だったのね。

kochの音ですけど、国内の某ジャズギタリストくんが使っているので、PAを通さないアンプ直からの
音は2回聴いたことがあります。
その時に、koch コッホというアンプの名前を知ったのでした。2年前くらいかな。
ギター・マガジン (GUITAR magazine) 2009年 2月号 [雑誌]ギター・マガジン (GUITAR magazine) 2009年 2月号 [雑誌]
(2009/01/13)
ギター・マガジン編集部

商品詳細を見る

今月号と合同企画です。記事の方も読みました。

ichiroさんは、ヨーロッパのアンプに色気を感じたかどうか?

それは、誌面にてお確かめください。もしくは、コメントいただければ、笑顔でお答えします。
関連記事

  1. 2009.01.20(火) _09:20:25
  2. ichiro
  3.  コメント:2
  4. [ edit ]

<<LEVY’S Guitar Strap | BLOG TOP | しばらくの間疑問だった Love like a man>>

comment

教えて下さい^^

  1. 2009/01/24(土) 00:28:46 
  2. URL 
  3. べた 
  4. [ 編集 ] 
 こんばんは。
たった今、聴いてきました!
「お~っ、ichiroさんの音や~」と一人で感激しながら^^
私はアンプはMarshallしか知らないので、
また一つ勉強になりました。
ちゃ~んと「カナ」までふってもらって感謝です(笑)
(「コック」とか「コッチ」とか読んでそうです、私なら。。。)
 それにしてもichiroさん、ほんと色んな所でご活躍ですね。
ファンとしてはやっぱり嬉しいです。
 で、ichiroさんの色気(←あくまでもアンプに対するです)も気になります。
立ち読みは嫌いなので是非とも教えて下さい!!
(なら買えよ!と言う突っ込みはご勘弁を。。。(汗汗))

色気×色気の倍増音です。

  1. 2009/01/24(土) 17:11:37 
  2. URL 
  3. スノードロップ 
  4. [ 編集 ] 
>べたさん
反応していただけて、嬉しいです!
もちろん、お答えは喜んで~♪
「コック」「コッチ」ってうふふっ、笑わせてもらいましたよ~。
それもアリですよね。
コッホという読みが、オランダという気がしないでもないですね。
ichiroさんの機材提供(提携?)のオカダさんで輸入代理
販売の形だと思うのですが、
ichiroさんの耳や的確な判断、試奏のご意見・アドバイスを
信頼されてのことかな、って思います。
オランダにもブルース・ロックバンドがいるのですよ。
Jimi Hendrixばりのギターを弾くプレイヤーが
いまして。
あまりオランダとブルーズと縁がなさそうな感じがしますが、
ヨーロッパのアンプには今まで色気を感じることがそれほど
なかったそうです。
元々、(小さい声で)ichiroさんは某Mのアンプに
もう浮気しません!(笑)って答えていたくらいで、
ヨーロッパのアンプには色気がないと思ってたそうですが、
このKochで考えが変わったそうです。
なかなかいいね、ということです。
ichiroさんが弾くとより一層
Kochの音が良い音に聴こえます。それは確かですよね。
フェンダーのストラト自体、よく色気あるサウンドと
ギタリストから言われるのですが、
(色気の基準値も人それぞれなんですけどね)
ストラト+マーシャルは色気倍増音なところに、
ichiroさんが加わるから×3以上なんですよね。
この組み合わせは昔から王道サウンド、って呼ばれる
事が多いですが、「人」「プレイヤー」も大きく関係
してると思います。
ギター・サウンドの色気って何?っていうことの説明は
徹夜しないと語れませんけど(笑)
音を言葉で表す、説明するのって限界ありで、無謀ですよね。
聴くとそれぞれが「何か」感じると思うのですが、
そこにヒントが隠されてますよね。
立ち読みしなくても何とかスッキリされたなら私も
嬉しいです。
色気と書くと妙に反応しちゃうかなあ?(笑)
ギタリストのみなさんからは、フツウに出て来る言葉
なので、(日常的)
通じるんでしょうね、「そこに色気はあるのか?」「ないのか」
ギター自体、楽器の中ではサンタナも言ってましたが
官能的な楽器ですよね。
以上、ちょっとオトナな会話でした。


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。