CharとJazzは意外と?!深い関係

ライブ・レポートを書かずに随分飛ばしてしまっていますが、
フレッシュな話題を書くことも続けることのコツの1つ。
よろしければおつきあいくださいね。
Guitar magazine (ギター・マガジン) 2014年 11月号 [雑誌]Guitar magazine (ギター・マガジン) 2014年 11月号 [雑誌]
(2014/10/11)
ギター・マガジン編集部

商品詳細を見る

私の周りにはCharマスターが大勢いらっしゃいます。ひよっこファンの私は
ありがたいことに、いつもいろんなことを教えていただいてます。
身近なところでは、東京マスター(女性)、甲州マスター、駿河マスター、
信州マスター・・・etc!!!
音楽について語る時、好みはあると思いますが、ジャンル分けしたり、
これとあれは違うでしょ、と考えずにお互いを結び付けてみると楽しいことも
ありますよね。
むしろ私はそれが好きだったりしますが・・・
BluesRockだったり、JazzRockだったり
ここにファンクが入っても楽しい。カントリーもね。

ちょっと逸れました。
今月号の、「ジャズ・ギターに憧れて」一読されましたでしょうか?

Charのインタビュー記事に、ふむふむ・・・読み進めていましたが、
Jazzの影響ももちろんあるということですね。
Charのギター、音楽の中に。
当たり前じゃないかーーーっ!!と言う方と、
やはりそうよね、という方と、
あれ~そうだっけ???
という方もいらっしゃることでしょう。
カヴァー、バンドでコピーしたことがあるという方や、
普段からジャズを聴いてる方はその時点で気づいてますよね。

リズムとコード感かな、いちばんは。
MR.70’S YOU SET ME FREEMR.70’S YOU SET ME FREE
(2003/11/26)
Char

商品詳細を見る

天邪鬼 AMANO-JACK天邪鬼 AMANO-JACK
(2005/12/07)
Char

商品詳細を見る

私はおおよそこの2枚から入ってますので、この2枚から
おおっ、ジャズ入ってる。。。などと当時驚いてました。
遡って行くと、こんなところからあんなところまで。

とはいっても、意外なんてことはなくて。
ロックのルーツを辿るとジャズ、ブルーズがありますものね。

マスターの方々とテーブル挟んで語り合うと、いろんなことが
出て来ることでしょう。もっと知りたいっ。←誰か止めて~(笑)



関連記事

0 Comments

Post a comment