ichiroさんを中心円にして綴るブログ

Vintage Blue Sky

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

The Sons<Triple Booster”More Drive”>Vol.1

The Sons Tour 2008<Triple Booster”More Drive”>Vol.1
8月30日、ツアー初日に参加しました。
Sonsとしては、2007年の2本に続き、3回目の参加です。
今ツアーは3本参加予定で、その1本目をお届けします。
MoreDrive.jpg

ライブ内容を知りたい方のみ、クリック!(注:無断転載ご遠慮願います。)
ライブ会場へ足を運んだ方には、もれなくMore Drive感がついて来ます!!!↓↓↓


追記:今日、ichiroさん参加のシークレット・レコーディングが、どなたか判明しました。
しかもこの間ライブで・・・。これ以上はまだヒミツですね。
点と点がまた結ばれて行ったような感覚です。

 
*曲名はこれから参加される方、検索訪問を考慮し、アルバム名+トラックで記載します。
お手数ですが、<読者の方のめいっぱいの想像力>とお手元に<The SonsのCD>を
用意してくださいね。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
1.最新アルバムM-1よりスタート
SEに合わせて、ロジャーさんが立ってスティックを鳴らす。
1年ぶりのライブで、この日の会場は、「待ってました!」感で包まれていた。

「新しいアルバムを持って、また必ずここに来ます」
という約束を守って、今年もステージに再び、というのが何よりも嬉しい。
聴きながら、観ながら思ったことは、Sonsが好き、ということ。

ベースの鮫島さんも、
Sonsとして、この日を待っていた、というのが随所にプレイに出ていたように見えた。
トップから加速して、Sonsはドライブ感で溢れてた。

Triple Booster More Driveそのもの。

2.最新アルバムM-2
この曲はとても好きな曲です。アルバムと同じ順番でアタマ2曲というのは、いいなって思いました。

・・・MC・・・
鮫島さん:ツアー初日はちょっと緊張してます。通しリハのつもりで、実験台になっていただきます。
よろしく!

この日の会場は、ケントス系列。鮫島さんの35年前の秘話がユニーク。
初代ケントスで歌ってくれ、と言われたが、ちょっぴり苦い思い出があるのだそうで。

ichiroさん:歌ってもらいますか!(←鮫島さんに振って、会場が笑いで沸く。)

鮫島さん:ichiroは、昨日東京でRockamencoのツアーが終了してるのに、
今日からまた(Sonsの)ツアーが始まるというね。

ichiroさん:今回のツアータイトルが”Triple Booster”なんだけど、オレのノドが今、ブースター
かかってて、歪みまくってる。

~前夜、Rockamencoのライブでめいっぱい声出してたんだろうな、って想像。
ichiroさんは、Rockamencoではギターとコーラス、プロデュース、リーダーです、ご参考までに。~

この後、ラフなトークが続き、鮫島さんが、オリンピックの次回開催地はロンドン。
みんな生きていたら、イギリス出身の著名ミュージシャンがたくさん登場するのでは?
さぁどうなることでしょうね、という楽しいトークで会場の笑いを誘う。
鮫島さんの話術、毎度さすがです。
会場によって、客席側にも時々緊張感が漂ってることがあるけれど、笑いでほぐしたり、
距離感を縮めたり。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3.Precious StonesM-4
Sonsにとっての、重要な曲のひとつ。ファンの間でも人気が高い曲で、バラード。

4.TaosM-2
前回のツアーで、アルバム”Taos”からの曲がやや少なかったので、今回ライブで初めて聴く。

5.Neville Brothers カヴァー
空間、間がいいな、といつも思います。

6.Precious Stones M-5

・・・MC・・・
ichiroさんの機材調整のため、ロジャーさんがお城話をする。次に、Newアルバムについて。

ichiroさん:短期間で、タイトな時間の中で作った。

鮫島さん:レコーディング中に酒を飲みながら、っていうのは俺たちくらいだとエンジニアに言われた。

ichiroさん:(Rec中に)ツノジが何回ビール買いに走ったかね?缶の山でね。

鮫島さん:前もその前のアルバムの時も、常に酒を飲みながら。
普通は酒を飲むと耳がおかしくなるから、飲んじゃいけないんだけどね。

シラフで聴いても、バツグンなアルバムです、とのことでした。”Triple Booster”
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次の曲に関するMCあり。
ロジャーさんとichiroさんの飼っているネコの話も出て、
ichiroさん:ネコはね、ラクでいいんだよ。

7.Triple BoosterM-4
この曲は、CDで聴くとアコギが先に出てくるのだけど、ライブだとエレクトリック1本なので、
その点も観て聴いてみてね。

8.Taos~Precious Stonesメドレー
このシーンかな、新しい試みって、と思った。
曲と曲をうまく繋げるには、前準備が必要だったと思うし、選曲もいろいろ組み合わせたりした
のでは?
鮫島さん、ロジャーさんのコーラスも、新鮮に感じたし、それぞれのソロのコーナーもあるので、
これから参加される方はじっくり、ドップリ浸ってくださいね。
最後の曲は、大好きな曲なので、次回はフルで聴きたいなと思いました。
さりげなくリクエストします!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
9.Precious Stones M-3
ラストに向けて更にステージも会場もヒート。

10.Taos M-1本編ラスト・ソング。
敏腕スタッフと鮫島さんに紹介されて、つのじくん登場。
つのじくんが盛り上げ方をレクチャー。
会場に歓声と笑みがいっぱいに溢れる。

鮫島さん:パンクな感じで盛り上げてくれ!(←頼むぞ!っていう感じでした。)

この後、ichiroさんがヴォーカルを繋げて行くのだけれど、
ichiroさんのシャウト!って感じがまた良くて。
”魂1個入れとくぜ!”って感じがグッと伝わって来た。
ノドがTriple Booster、とは話していたけれど、ベストを尽くしてたのは、十分なくらい、私には
伝わって来た。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   ・・・アンコール・・・
1.Taos M-10
私にとっては意外な選曲でしたが、アンコールにピッタリだと思います。

ステージの真ん中に、鮫島さんとichiroさんが中央に寄って、客席もこの日一番の盛り上がり。
リピーターさんが多かったこともあり、私もとても楽しかった。

”Voodoo Child”のフレーズを入れたりして。
いつも同じじゃないぜ!というichiroさんのギターは、いつもどこかに新しいエッセンスを感じる。
他の曲でも、CDとは違う弾き方をしてたり(アドリブともいう。)
思ったよりも、ミッドだったりして。
ギターはハイ、ローだけじゃなく、真ん中も大事と言われてます。
ライブで観て、聴いて初めて得られること、発見もたくさんあった。

それと、やはり今回はCDを聴いて、”歌””songs”だな、って思っていたので、
次のラスト・ソングが沁みることに。

・・・MC・・・
鮫島さん:これはアンサー・ソングということなんだけど。

ichiroさん:喋っちゃうと重くなっちゃうんだけど、(中略、ここは敢えて書かないでおきましょう)
”与え続ける”ということ。”譲る”は難しいしね。

2.Triple Booster M-3
ラストは、バラードかミディアムの粋な曲で終わる、という印象がある。
ハート全開にして、観て聴いてくださいね。あなたの中にも、”Keep Giving”を。
私は巡り巡って、最後には自分に返ってくるものだと思っています。”Keep Giving”


             ***8月30日のSpecial Thanks!***
対バンO.A:R&R SUISIDE Vo.&G Nagamiさん、いつもお世話になってます。
ありがとう&お疲れさまでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The Sons               Mega Thanks!!

ichiro  :Vo.&guitar    ・・・この日は、オール”No.1のみ”+Marshall 1本で最後まで。
鮫島秀樹  :Bass&cho
ロジャー高橋:Dr&cho

Masakazu Tsunoji:鮫島さん曰く、敏腕スタッフ&Sound Crew (from:マシリキ)

またお逢いしましょうね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*レポート、感想は終演帰宅後、筆者がメモを走り書きしたもので、完全なものではありません。

*長文を最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。次回もその次もよろしくね。
関連記事
  1. 2008.09.01(月) _22:54:22
  2. The Sons
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:4
  5. [ edit ]

<<Triple Booster 長いロードを行く。 | BLOG TOP | Rickie Lee Jones+Robben Ford<POP POP>>>

comment

Re

  1. 2008/09/02(火) 19:28:40 
  2. URL 
  3. Katsu 
  4. [ 編集 ] 
スノーさん、ご無沙汰してます。
ライヴレポありがとうさんです☆^^;。
いよいよsonsモードですね。
私もsons初参加まで、カウントダウンにはいりました(^^ゞ。
でも、シークレット・レコーディングも気になりますね~。
頭ん中グルグル周ってます。

セットリストとか、ネタがわかっても大丈夫ですか?

  1. 2008/09/03(水) 00:13:28 
  2. URL 
  3. スノードロップ 
  4. [ 編集 ] 
>Katsuさん
長文なのに、読んでいただけたこと、
コメントもありがとうございます!
かなり時間を掛けたので、長文になってしまったのですが、
曲数や曲、MCを参加前から大丈夫でしたか?
Katsuさんのところも、もうすぐですね!
今回、ヤマになるような、即興っぽい、
長いインプロヴィゼーションというのは
無いのですが、
ある曲でヴォーカルを大事にしてるところとか、
歌、曲、サウンド全体、合奏!ってところに
ぜひぜひ集中して聴いて、観てくださいね。
ギターは、初日はNo.1オンリーでしたが、
ギターもichiroさんを助けたかもしれません(笑)
一応、もう1本SLIP!が用意されてたんですけど、
No.1で通しました。
大阪だとまた違う気がしますし、
今後2本使いながらかもしれませんので、
その辺りもKatsuさん、ぜひ教えてくださいね。
ご報告、お待ちしています。
シークレットの件、意外とカンタンに見つかりましたよ。
私、ちょこちょこそのサイトを見てたので。
驚きました。
以外でした。
予想と違ってました。
今思うと、ハワイアンな感じ、っていうのは
頷けます。
ウクレレも弾いたりする人です。
ichiroさんは、以前、マンドリンも弾いてます。
・・・ってコレを書くと分かっちゃうかな。
もしわかっても、シークレットですよ~。
まだ胸にしまっておいてくださいね。
The Sonsのツアー、ご期待くださいね!!

じっと我慢の子であった・・・

  1. 2008/09/03(水) 22:56:45 
  2. URL 
  3. べた 
  4. [ 編集 ] 
ん~~、辛いです。
見たいんですが、ん~、今回は新曲もあるし、やっぱり・・・
自分の初日までまだ3週間以上あるし、我慢できるかどうか、
ん~、悩みは尽きません^^;
と言うわけで、まだ中身は拝見してません。
ネタバレはありますか?
最初の文からするとありますよね?
とりあえず今日のところはグッと我慢。
恐らく時間の問題かも知れませんが、ひとまずドロンします・・・

コメント、Thanks!

  1. 2008/09/04(木) 11:17:48 
  2. URL 
  3. スノードロップ 
  4. [ 編集 ] 
>べたさん
べたさん、コメントありがとうね!
どうか無理せず、今は飛ばしていただいて
構わないですよ~。
もし思い出したら、後日よろしくです。
内容はこれから、変わっていく可能性が
あります。
全く同じっていうのは、ちょっと考えにくいですね。
2daysとかだと、1曲変えるとかもあるでしょうし、
ギターが変われば音も変わりますしね。
曲が分かってしまうので、べたさんの場合、ライブまでは読まないことをオススメします。^^
フレッシュな気持ちでぜひ当日までワクワク感を保って参加してみてくださいませ。
MCはその土地でかなり違いがあります。
大阪は特別な感じがしてます。
いろいろな場所で、いろいろなSonsに触れることができたら、
本当はいいのですけどね。
CDはいっぱい聴いておくと、より一層楽しめますよー。


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。