ichiroさんを中心円にして綴るブログ

Vintage Blue Sky

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

Char TRADROCK2014 塩尻レザンホール 大人エレベーター番外編

5月のライブ・レポートですが、諸事情により、書き出すまでに3ヶ月
かかってしまったので序章として番外編から書き出すことにしました。

2月の豪雪により、5月18日にライブ延期となった長野・塩尻公演。
当日は五月晴れでOsampo(お散歩)日和!

日曜日の公演ということもあって、待ち合わせもあるので早めに
会場に入ろうとした時のことです。
駐車場を探していると、ホール前でお散歩中のChar発見!
カメラマン+撮影も兼ねているご様子。

↓↓↓番外編へ突入しますよ。<<続きを読む>>をクリック!

 
まさかホールの外でお散歩されているなんて夢にも思わなかった
ので、自分の鼓動が激しく高鳴り、緊張して手に汗握る状態。
(実際はハンドルだったけど)
ふう~っと深呼吸。ここで覚悟しよう。今日は既に非日常。
そして何よりも今日という日を楽しむこと。

Charとは直接お話ししたことは無かったけれど、前回の茅野公演ライブで、
ステージから降りる際に、サプライズな出来事があった。
大切な思い出となっている。記憶にもクッキリと残っている。

待ち合わせのお友だちが気を利かせてくれ、向こうへ向かっている
Charに話しかけてみては?という提案。
すると、こちらの様子にすぐ気付き、
Char:「おぉ~いいよ、いいよ~」
と笑顔で戻って来ていただいた上に、気さくに接してくださった。
私はここで既に「現実としてあり得ないような光景・・・」
隣に竹中さん!!!
その間も緊張を解くように、笑わせるようなこと、私たちに添って
いただくような言葉をいろいろ掛けてくださる。

それだけでもう感激。落ち着いてて、どっしりしてて大きくて、
父性があって。人生の先輩がわざわざ降りて来ていただいてるのを
ひしひしと、いや、ビッシビシと感じる。

温かくてとても大人だ・・・。

「どちらから来られたの?」
「信州とは言ってもなあ~広いからなあ~」
Charの博識はまだ続いてる。会話の中に詰まっていた。
握手にも応じて頂き、胸がいっぱいに。

ゴルフ仲間のキーちゃん(木崎賢治さん)が以前、Charについて語り、
「Charは何でも知ってる。日経読んでるの?って訊いても読んでないよ」
なんて返事が返って来るけど、そんなはずがない」と。

私、実はラジオでパーソナリティとして番組を持っていたCharの声が
大好き。そこから始まっているものだから、生の声を聞いて会話してるんだと
思うと嬉しくて泣きそうになった。

普段、愛称だと思っていることから、「Char」と呼ばせていただいてるものの、
Charさん と呼ばなければならない。背筋が伸びた。
Charの笑顔はきっと皆さんの心にたくさん刻まれていると思う。
その笑顔の一つを見せていただいたような貴重な時間。

以前、小沼ようすけくんと渡辺香津美さんとお話しした際、渡辺さんも
そうだった。
語りも柔らかかったし、向こうから降りて来ていただいた記憶が鮮明に
残っている。敬語で「お芝居はお好きなんですか?」など、ソフトで
真摯でジェントルマンだったことを。
大人エレベーター大人エレベーター
(2014/07/16)
不明

商品詳細を見る

Charが話す、「大人の男」とは。

先輩が年下の自分に、降りて来てくれること。
目線を同じに接してくれるということ。


まさに、私があの日思った、ほんの少しのふれあいの中にあったのだ。

~ライブ後のこと~
ライブ前のmeet&greetでは、緊張するあまり、大事なことを
忘れてしまっていた。
20人か30人くらいの輪の中でポツンと一人、待った。

滅多にない出来事はファイナルだったからかもしれない。
私がそうであるように、Charもファンの皆さんとの交流を一期一会だと
感じていたのかもしれない。
ギターにサインしてもらう人、思い入れのあるレコードを持参する人。
一人一人に丁寧に対応してくださった。
短い時間、辺りは暗いけれど、お礼を伝えたところ、
Charがある一言を。

うわあぁぁぁぁぁぁ・・・もう二度とないかもしれないこんな時。
大人というか心得ていらして、紳士だったわ。
しかも雰囲気がHappy!

仕事、ステージでは厳しい面もあるかと思うし、多面的で当たり前。
いろんな面があって何十年もこの世界でギターを弾き鳴らして
歌って潜り抜けて来た百戦錬磨のプレイヤー。
私はそのほんの一面、ひとときに触れただけだったけれど、
ファンになって10年かかって、ようやくこの日があったと思う。
Charの音楽との出会いも含め、全ては一期一会。

この日のこと。ライブ・ステージも大人エレベータに一緒に乗せてもらった
貴重な体験も忘れないだろう。

このツアーは、映像撮影しており、Zicca Picker全巻コンプリートBOXを
お買い上げの方のみの特典になっているもよう。
うーーー観たかったな。観たいな。

グッズ、私にしてはかなり購入しました。デニムバッグはお洒落。
気に入ったブルーは展示していた最後の1個をget!

冷静になって書くことがどうしても必要でした。
今回は、たまたまラッキーだったのですが、感情をだいぶ抑えて
書きました。
普段から思っていないと突然の出来事につい、慌ててしまいます。

Charのプレイのように冷静でかつ、熱く!
心を込めて。

次回はライブの感想、レポートをお届けします。
関連記事
  1. 2014.08.24(日) _17:56:07
  2. Char 竹中尚人
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<「GNJ」 小沼ようすけ 続々リリース | BLOG TOP | ichiro Dear Blues #1 feat.佐藤タイジ DVDリリース情報>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。