ichiroさんを中心円にして綴るブログ

Vintage Blue Sky

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

Raw Vintage ☆ ichiro Vol.3

シリーズ「Raw Vintage」第3回は、FM香川プロモーション。
10月23日夕刻「JOY-U CLUB」にichiroさんが生ゲスト出演。
インタビュー形式でお話が進められていますが、毎回Oh~!という発見があり
ながらも、始終リラックス・ムードでカラッとしてて明るいところもいいですね。

::::::::::::::::::::::::::::::::::

・・・ichiroさんのプロフィールから。

ichiroさん:小文字表記が好きなんですよ。その方がセンシティヴでしょ?(笑)

*sensitiveということだったと思いますが、聴きながらの走り書きなので、
大まかに掴んで書かせていただきますので間違いその他あるかもしれません。
予めご了承ください。

iTunesだと表記がICHIROなので、某○ASRAC登録が大文字
なのかもしれません。表記は「ichiro」です。

・・・出身は青森県で、シカゴに渡られたということですが。

ichiroさん:東京に出て来て、シカゴに飛んじゃいましたね。
(ブルーズに)目覚めて、人のアドバイスで。

・・・岡山在住ということだそうで。

ichiroさん:昨年9月末に岡山に引っ越して来たので、1年くらいになるかな。
20周年のツアーをして、震災の影響もあって、生活環境を変えようと思って岡山に
決めました。他にもいろいろ候補があったんですが、岡山にしました。

・・・岡山(暮らし)は、いかがですか?

ichiroさん:住みやすいですね。東京では原宿に住んでいたので、ギャップは
激しかったですけどね(笑)ON-OFFがあるのは、いいバランスだと思ってます。

・・・(住まい)環境が変わって、音楽とか変わりましたか?

ichiroさん:自分では変わった、変わってるつもりは無いです。
その時がMAXなので。後にならないと分からないですね。

・・・ギタリストとして、最近では長渕さんのサポートもなさってたんですね。
香川は初めてですか?

ichiroさん:長渕さんのツアーで少し前に来まして、2回目かな。
その前は藤井尚之くんのツアーで、かな。

・・・江口洋介さんのサポートも?

ichiroさん:江口洋介はだいぶ前ですね。同い年なので意気投合
してましたよ。

*ichiroさんがお引越しされる件については、以前、ある発言から
お引越し、住み替えされるのだろうなと思ってはいました。
後に西日本移住と知り、その行動力にも驚くことに。
同時に、大きな決断に男気も感じました。
一部の方は移住先をご存知だったようですが、公言されていないことは書かない、
誰にも言わない主義です。
今回はメディアを通して公に語ってらしたこと、新聞記事にもなっていたことから
書かせていただきました。住めば都です。
(筆者も国内転勤・移住を20年。東京から西日本、西日本から東日本。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・ギターはいつから?

ichiroさん:幼なじみが小5でベースを弾き始めて、カッコよすぎて。
幼なじみの兄さんがギターで、俺はギターだなと思ってはいたんですけど、
当時はロックを聴くに留まっていて。幼なじみの兄さんに教わって1週間で
その兄さんを超えちゃったんですね。最初はドレミからこう・・・始めて
こういう弾き方もあるんじゃない?って、逆に兄さんに教えたりして(笑)

*内山兄弟さんのことですね。ichiroさんのCDやブログにある
クレジットをご参照のうえ。

・・・アルバム「Raw Vintage」についてお伺いします。

ichiroさん:歌ってます、ソロではギター&ヴォーカルです。

・・・タイトルは?

ichiroさん:レコーディング前からタイトルは決めてたんですよ。
内容は、20年を経て、20周年を終えて、積み上げて来たものを形に
しました。蓄積された音楽、アメリカ音楽なんですけど楽器を通して
古き良き時代の音楽を掘り下げたものです。
古いアタマで演ると、古いアタマのまま。ちゃんと生きてるぞ、と。 

*進化と深化について。言いたかったことが以心伝心!と、お二人で話してました。

・・・レコーディングは岡山でだったのですか?

ichiroさん:レコーディングは東京です。合宿でギターとドラムの
リズムを録って、ヴォーカルは米米CLUBのフラッシュ金子さんこと
金ちゃんのスタジオをお借りしました。金ちゃんとは一緒にセッション
バンドを組んでるので、お願いして。これがまたね、いい機材を持ってる
んですよ。

・・・まさに、仲間に支えられて来てますね。

ichiroさん:ヴォーカリストとして、メッセージに込めたのは、
20周年を経て思ったこと、支えられて生きて来たことへの感謝の想い。
これまでもずっと思ってはいたんですが、改めてそれを歌に込めました。
オレも東北出身で、仲間で被災した人もいたんですけど、
誰もが同じように傷を負ったわけです。
今だから、今こそ歌えること。人間くさいことを心の底から吐き出すことを
Bluesを通して伝えようと思いました。

・・・先日も青森にライブで行ってらしたんですね。

ichiroさん:寒かった~(笑)ライブはHotですけど。
幼なじみとの付き合いや、みんなに支えてもらってます。

・・・アルバムの感想や反響は?

ichiroさん:より伝わりやすい印象ですね。聴きやすくしようと
思って作ってはいなかったんですけど。
オレ自身、これまでの中で一番心からの表現になったと思います。

・・・ツアー・スケジュールが毎日大変なことになってますけど(笑)

ichiroさん:毎日勢力的ですね。第2弾(第2クール)は、行きっぱなしの
出っぱなし。移動は大変なんですけどね。あれっ??今日は部屋何番だっけ?(笑)って。

・・・曲紹介をお願いします!

ichiroさん:想いを全開で詰め込んだ「TENDERNESS」です。
聴いてください。
Raw VintageRaw Vintage
(2012/10/06)
ichiro

商品詳細を見る

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
岡山と香川は中国・四国地方として括られることもあって、海を挟んでいるものの
お隣同士みたいな近さがあるようですね。サッと出かけてひょいと乗るような
気軽さ、フレンドリーな部分がありそうです。
今回のツアープランを見ても、西日本活発&活性化ツアーだと思います。これから
ichiroさんが地域密着でBlues Rockを拓いて行くのでしょうね。
また、ichiroさんを後押し、応援する方々もとても多く、渦はもっと大きく
なるはず。
ichiroさんは、渦というよりはサークル、輪ですね。

きっとその方々も含め、青森の皆さんも含め、支えられてここまで来られたという
感謝の気持ちを込めたアルバムを届ける旅の一つでもありますね。

東日本大震災によって、「誰もが傷を負った」というコメント
が、「Raw Vintage」のキー・ポイントだと私は思いました。

*江口洋介くんとは同い年(67年)で意気投合・・・そうだったのね。
ichiroさんがサポートしていた時期があったことは知られていますが、
彼も大型オートバイ好きだったと記憶してます。今は俳優のイメージが強いですが、
歌がメインの頃もあって、泉谷さんや原田喧太くんとも音楽繋がりで遊んでいたと
思います。

ichiroさんご自身は、「自分では変わったつもりはない」とお話しされてました。
基本や軸はブレずに、変わらないでしょう。
小さな変化、大きな変化、新しくなったという点があります。
今回のプロモーションでも、脱いでる部分があるのですよ~~ふふふっ。

次は何が出て来るのかしら?
関連記事

  1. 2012.10.24(水) _13:23:26
  2. ichiro
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<Raw Vintage☆ ichiro Vol.4 ~ Live ~ | BLOG TOP | Arc Angels>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。