ichiroさんを中心円にして綴るブログ

Vintage Blue Sky

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

Arc Angels

前にも紹介したことがあったと思いますが、今日の1枚。
Arc AngelsArc Angels
(1992/04/14)
Arc Angels

商品詳細を見る

1992年のアルバム。20thですね。このアルバムを聴いたのが、6年前。
きっかけはBlues Rock→Stevie Ray Vaughanの音楽的な繋がりから
ツルが伸びて私の手元に届いたのでした。
久しぶりに聴きたくなったので、取り出してみたところ、やっぱりこのアルバムは
好きだなあって思いましたね。

Doyle Bramhall II (ギター&ヴォーカル)
Charlie Sexton (ギター&ヴォーカル)
Tommy Shannon (ベース )、 Chris Layton (ドラム)

Stevie Ray Vaughan DOUBLE TROUBLEのベーシストとドラマー。
そしてツー・トップのふたり。
ギターもヴォーカルも「ウネリ&絡み合い」という言葉がピッタリ。
ヘヴィ&タフ。セドナの山のような赤くて硬い土に反響してるみたいな
重厚な響き。
ドイル・ブラムホールIIは、「Jellycream」というアルバムが
今でもすごく好き。私のイメージの中では、「遠い声」=遠くにこだまする声
なんだけど、この声とギターが絡むといいのよね。
ジェリークリームジェリークリーム
(2009/01/21)
ブラムホール

商品詳細を見る

チャーリーは同世代なので、同級生のような感覚(←どこがだよっ!と怒らないで~)
がある。というのも、彼は10代で華々しくデビューを飾り、当時の洋楽好きな
日本の女子学生のハートを掴んでいたのですよ。
楽曲と声がシブめだったので、「一部の音楽ファン」から愛されてた。
隣のクラスにカッコいい男子(今風で言うならばイケメン)が、
バンドをしてる同級生から「チャーリー」と呼ばれていたので、
チャーリーを聴くたびに彼と学生生活や校舎を思い出す。。。
みんな元気?って。
ピクチャーズ・フォー・プレジャーピクチャーズ・フォー・プレジャー
(1995/10/04)
チャーリー・セクストン

商品詳細を見る

チャーリーは声が好きなので、何枚かはアルバム持ってます。
ドラムの響きが全体的に気に入ってます。こういう響きがアメリカだなあ、って
思う。
レコーディングでもアメリカはドラムの音から決めると聞きます。
今は、日本のバンド・レコーディングもそうなりつつあるのかな?
特に6曲目からの流れは好み。気持ちよいです。

近年、久しぶりの活動。再結成?アルバムが出てましたね。
まだ聴いてないのですが、男性ヴォーカリストに関しては、若い声よりも
私は熟してるほうが好きなので、聴いてみたいですね。
リヴィング・イン・ア・ドリームリヴィング・イン・ア・ドリーム
(2010/06/20)
アークエンジェルズ

商品詳細を見る


チャーリーというと、私はJohn Mayerに通じます。
堀の深いお顔立ちからイメージしてるところもあるんでしょうけど、
近いモノか、匂いか。。。音楽的ルーツはご近所さん。
最近誰を聴いてもジョン・メイヤーに繋がるのね。
海外アーティストではJohn Mayerが私のcoreになって
来てるところが大きい。
関連記事

  1. 2012.10.23(火) _13:43:51
  2. Today's Blues&Blues Rock Album
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<Raw Vintage ☆ ichiro Vol.3 | BLOG TOP | Raw Vintage ☆ ichiro Vol.2>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。