Sons Of Blues としてのJohnny吉長さん

6月4日 今朝、ジョニー吉長さんが亡くなられたとのこと。

JOHNNY,LOUIS&CHAR
PINK CLOUDとしてのジョニーさんもたくさん聴いて来ましたが、
私としては、Johnnyさんをステージで楽しませていただいたのは
エナロックでのSONS OF BLUESとしてのジョニーさん。
たった一度、最初で最後でしたが忘れません。

細身の長身で、視線が鋭かったこと、何とも言えぬ存在感のあるドラム。
エナロックの夕方の空気とあの時の音、視線の鋭さを、鮮明に憶えています。
“行け~~っ!ichiro!!”というジョニーさんのまなざしを。

ichiroさん、Sonsを通じてJohnnyさんを知ったので、私はこの形で
偲びたいと思っています。 
ご冥福をお祈りいたします。
FRIENDS ARE BRIDGE RIVER OF 30THFRIENDS ARE BRIDGE RIVER OF 30TH
(1995/12/16)
ジョニー吉長

商品詳細を見る

今、このアルバムを聴きながら書いてます。
FREE SPIRIT(紙)FREE SPIRIT(紙)
(2002/11/20)
Johnny、Louis & Char

商品詳細を見る

“FREE SPIRIT” は、ichiroさんが影響を受けたという1枚。

You're Like A Doll Baby・・・素晴らしいプレイ。
トリオならではの極みを、余すことなく表現しきっているところ。

昨年、鮫島秀樹さん(The Sons)から、ジョニーさんとのユニークな
エピソードを伺ったことも記憶に新しいのですが、
これからも聴き続ける、継いでいくことなのだと思います。
関連記事

5 Comments

sachi  

No title

4月終わりにある方のライウ゛に行った時、マスターから「今日、倒れたって」とお聞きしました。
そのお店に来てくれたのは、「一昨日決まったんだよ」と、緊急告知でした。若いギター君達を相手に「ナニ演る?」とsession?まで。彼のワガママ?で決まったライウ゛らしかったですが、そんな事までしてくれるんだ...と。
私も鮫島さんからのライウ゛参加で、色々なジョニーさんを拝見してきました。還暦を過ぎ、冗談にされるのが常で、信じられないです。

2012/06/04 (Mon) 21:41 | REPLY |   

スノードロップ  

生き続けますね、みなさんの中で。

sachiさんへ

コメントありがとうございます。
春に入院されてから、心配な状況が続いていたのでしょうね。
ジョニーさんも体調とご自身の気持ちとを
うまく繋ぎながら、ここまでの道のりを歩まれたのだと
思いました。
プレイは鋭いですが、瞳の奥が優しい方という印象がありました。
sachiさんのコメントからも、ジョニーさんのお人柄が
滲んでますよね。
鮫島さんも、ジョニーさんの病状をご存知だったと
思うので、覚悟してはいたのでしょうけど、
思い出がどんどん溢れて来てるのではないでしょうかね。

エナロックの野外で、ジョニーさん、鮫島さん、
ichiroさんのステージを観ることができたこと。
とっても良かったと思っていますよ。

2012/06/06 (Wed) 00:25 | EDIT | REPLY |   

スノードロップ  

Thanks!

非公開コメントを寄せてくださった方へ

ありがとうございます!
ドラマーとしてのジョニーさん、生でご覧いただきたかったです。
それでもやはり、みなさんの心の中ではずっと生きて
いらっしゃいますよね。
音楽は無くならないですし☆
JL&C、ピンククラウドは私も好きでよく聴いてます。
今夜はTricycleでした。
原田喧太くんとのバンドも参加してみたかったです。
Charとの一夜も、ichiroさんとのステージもね!

2012/06/06 (Wed) 00:32 | EDIT | REPLY |   

獅子丸  

素敵な音楽をありがとう

訃報を知ったのは実はスノちゃんのこの記事で。
4日の夜は感情が高ぶってしまい、友のNくんと涙涙。
数日経った今でも、ジョニーさんのやさしい笑顔を思い浮かべるとジワッときます。

>視線の鋭さ
それは本当に強烈だったなぁ。
ドラマーとして背後からフロントをキッと見据える眼差し。
口元は笑っていても、その目力の強さはハンパなかった。
小気味良いドラムは思わず踊り出したくなるほどで、
一度聴けばジョニーさん!って判るぐらい魅力溢れていた。

Char絡み以外では、ハウスバンドのライブを一度だけ渋谷で体験。
鮎川さんらがお客として観に来ていたなぁ。
開演前に階段で並んで待っていたら、その横を「ゴメンよぉ~」って細身の男性が。
それがジョニーさんと一番近くで接したとき。
ステージ上でのオーラなどほとんど感じない、気さくなオジサマでした。

そろそろまた観たいな、と思っていたら永遠の別れが。
でもジョニーさんが残した音楽と別れはないものね。
バンド、ソロ併せてあらためてじっくり聴いていきたいと思います。

闘病生活は苦しかったと思うので、安らかに眠ってほしいですね。

2012/06/07 (Thu) 09:38 | EDIT | REPLY |   

スノードロップ  

人間味溢れるドラマー

獅子丸さんへ

4月末に入院されたのだそうですが、私は当日の
お昼休み訃報を受けました。
いつもなら職場でiPhoneチェックはしないのですが、
鮫島さんとichiroさんのツイートやFacebookで
知りました。

獅子丸さんもNさんも、生ジョニーさんを何度も
体験されてるでしょうし、
バンド活動にも影響を与えたほどのお方ですものね。
しかもハウスバンドのレアなライブにも足を運ばれてますよね。
鮎川さんが客席に?!

獅子丸さんからは30thアルバムを紹介していただいてました。

近年、Charはしーたかさんと組んでますが、
Charのお話で
「バンドを組むのに、ドラマーを探すのがいちばん大変だよな。ドラムがみつかればOKだよ」
フィーリングが大事ですものね。
JL&Cのアルバム、好きな音源が多いので、
長く聴き続けたいと思ってます。

同じく、私も“安らかに眠ってください” 
と祈っています。


2012/06/08 (Fri) 00:07 | EDIT | REPLY |   

Post a comment