中央線VOYAGE/町田謙介&Chihana

今日の1枚は日本のブルーズ、ドブロ。
中央線ヴォヤージュ中央線ヴォヤージュ
(2011/11/16)
町田謙介feat.Chihana

商品詳細を見る

1. Just Like A Boy 2. Crazy Love 3. 流木ボクシング 
4. Street Of London 5. Hit The Street To Shake'em On Down
6. 海みたいな青空 7. Candy Man 8. Take Me To The Mardi Gras
9. Do You Wanna Dance 10. 中央線 11. Inter Lude 12. Aimen

 
町田謙介さんのお名前は、とある街の海岸にある木製の洒落た海の家に
置いてあった小さなフライヤーで、町田謙介さんのソロ・ツアーがあると知る。
その前に気になったのがChihanaちゃん。気になっている日本のギタリストが、
当時22歳だったChihanaちゃんと共演後、

Chihanaのドブロに、すっかり心を奪われた

心奪われた、という表現がやけに私の脳裏に焼き付いてた。
それは、どんなドブロなの?
My Spaceで早速、Chihanaちゃんとお友だちになっていただいた(笑)

曲は、国内外、新旧織り交ぜたカヴァー・ナンバーを含んでいて、
ライブハウスでのライブ・レコーディング。
私の好きな、木でできたハコ(演奏している場所)と思われる音の空間。
ちょっとモノラルっぽくて、スモークがかったようなナチュラルな録音が
心地よい。
お客さんの歓声から、グラスの音まで入ってる。

この音感、どこかで体感してる・・・

そう思わせる、演奏。
とても近い距離感。

アコースティック・ギターの箱鳴りのあたたかさ、響きは独特。
Chihanaちゃんのドブロも曲によっては金属というかスチール感が
漂うけれど、音が箱。
カントリー・フレイバーなところもお気に入り。

PVをご覧くださいね!


Chihanaちゃんのアルバムもあります。
Sweet NothingsSweet Nothings
(2009/02/25)
Chihana

商品詳細を見る


アメリカン・カントリーがルーツにありそうなChihanaちゃん。
心奪われてみましょうか。
陽気なカントリー。元気になるし、ほっこりしたい時にも合う、いい音楽。
関連記事

0 Comments

Post a comment