ichiroさんを中心円にして綴るブログ

Vintage Blue Sky

.

In and out/増崎孝司

坂東慧くん(T-SQUARE)から辿って来たのが、初めましてではない
増崎孝司さん(DIMENSION、B.B.クィーンズ)。
先日、フジテレビ系列のFNS歌謡祭でB.B.クィーンズとして笑顔で
ギターを弾いてらして、驚いた。
元々は浜田麻里ちゃんのライブやDVDでお見掛けしていたし、DIMENSION
のアルバムも数枚聴いてた。ご無沙汰ライブは浜田麻里ちゃんの2年前?

増崎孝司さん。約20年ぶりにソロ・アルバムを出したところだそうで。
坂ちゃんがドラムで数曲参加し、ライブ・サポートも務めたというので
増崎さんのアルバム発売を知り、聴いてみたところ・・・
In and outIn and out
(2011/10/05)
増崎孝司

商品詳細を見る

01.Natural Spirits
02.Let Me See Your Smile
03.Fly Like The Wind
04.Goodbye To You
05.Blue Eyes
06.In and out
07.Flashback
08.Shadows
09.Voices
10: Smash 2011

いやーーーーもう、何か塗り替えられたような気分です。
いい曲揃いで、これは参りました!!

ギター・インストというのもあって、さらさら~っと聴くのかと予想していたら、
ギターが歌ってるんです。
これを人は、“歌心のあるギター”などと申しますが、いろいろなタイプの曲が
あって、アコギとエレクトリックのそれぞれの持ち味を引出し、
増崎さんのテイストってこれなんだなあ、と思いました。
浜田麻里ちゃんのステージでは、彼女のヴォーカルに添うギターのヴィブラート
で、振れ幅が大きいギターというイメージでした。
マイケル・ランドゥの旋律を増崎さんのカラーで鳴らすという印象もありました。

今年の新譜において、私が選んだBEST5に入ってます。

ちょうど聴いた時が、父が亡くなったばかりで、たまたま歌に言葉が欲しく
なかった時期だったのですが、そこにすうっと入り込んで来ました。
ギター・インストには個々にイメージが広がる良さがあって、言葉で限定
されない部分があると思います。

増崎さんの<Yahoo!ギター・ラボ>インタビューをご紹介しますね。
go!URL→→ http://topic.auctions.yahoo.co.jp/music/guitarlabo/masuzaki/inandout01/

震災前にほとんど完成に近いところまでUpしてたところに震災が起こった。

リリースしたいとか、演奏でも派手なリックをやろうとか、“前に前に”という
気持ちにならなくなっていき、内向的になっていったそうです。
タイトルナンバーができて、意識が少しずつ変わって来たようですね。

・・・『いちばん好きな一文』は、こちらですね。↓↓↓ ・・・

戦略のなかにギターが埋もれてしまうような環境があって、
自分を出す人(ギタリスト)が逆にいないというか、なんかキーボードのように
やたらと速くうまく弾く人が多くなった。

自分の音楽は古くてもいい、新しい表現があってもいい。
聴いたら「あ、ギター弾きたいな」って思えるような音楽がいい。 
セッションだったらグッと抑えているところを、ギターはこういうふうに響くものだ
という部分は、抑えないで弾くことができた。     
                        ~Yahoo!ギター・ラボより引用~

増崎さんのほかにも、当ブログで書かせていただいてるギタリストの中で、
ギリギリのところ以上に、ギターで自分を出す人が私は好きで。(笑)
増崎さんのアルバムにも、今回ギターをめいっぱい弾き、鳴らして出した
アルバムだったことが、今年のMy BEST5入りとなった要因じゃないか
と思っています。

<08.Shadows>
いちばん好きな曲です。リズムはスパニッシュが入ってるかな。
ギターが突き抜けて行くんです。 Jimmy Herringが時々鳴らすような
フレーズが出てくるのと、この曲も音色がとても心地よいです。
心地よさのうち、秘密は転調にあるかもしれません。
最初から最後まで、とことん弾いてるところと、メロディの良さ。

<03.Fly Like The Wind>
私は夜空の星、スターダストと突き抜けた感じをイメージしてます。
一緒に歌いますよ。それで、ギター・ソロがまたいいんです!!

<07.Flashback>
スラップ、というかチョッパーでベースが跳ねてるところに、ジャジーで
揺らしてくれますね。
途中からテンポや曲調がムーディーで、トーンはまろやか。
大人の雰囲気に変わります。

↑上記3曲は坂東くんが叩いてる?

<02.Let Me See Your Smile>
アコギとエレクトリックの相互作用が利いてますね。
夏と小さな女の子のスマイルが頭に浮かんできました。
ほわん、とした中にいる感じが潮風と夕暮れの海。

<09.Voices>
ラストはもう、ギターが叫んでますね。せつなくて、ググッと来ます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ROYAL STRAIGHT B.B.QUEENSROYAL STRAIGHT B.B.QUEENS
(2011/07/20)
B.B.クィーンズ、近藤房之助 他

商品詳細を見る

B.B.クィーンズに参加してらしたとは存じ上げませんでした。
変装してるので、近藤房之助さんだったことも、まあ、ビックリ!
ビーイングで作ったB.B.キングから来たB.B.クィーンズって
ネーミングだったところが洒落てます。
こちらも聴く準備はできていますが、MASUZAKI Worksかな?

ちなみにここでも「坂東慧」くんの参加で、クレジットあり。
坂ちゃんひっぱりだこ。愛されてるなあ。私の中でも好感度、技術度
両面共にポイント高いです。

先にこちらも聴いてみましたよ。
Theatre Of StringsTheatre Of Strings
(2005/10/19)
春畑道哉、増崎孝司 他

商品詳細を見る

アコースティックなMoon Riverほか。意外性の1枚です。

更に。坂ちゃんが増崎さんからのラブ・コール!
2424
(2011/11/02)
DIMENSION、勝田一樹(sax) 他

商品詳細を見る

こちらも聴く準備はできていますよ。

増崎さんワールド、坂東慧くんのドラムもご一緒に堪能できる
アルバムのご紹介でした。
関連記事

  1. 2011.12.09(金) _14:01:17
  2. Nice!ギタリスト
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<SLIP!! in amazing hands Live Photo 2011/10/21 | BLOG TOP | 凄まじくDrive! AQUAPIT Live >>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP