ichiroさんを中心円にして綴るブログ

Vintage Blue Sky

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

Solo Project

2011.7.25 デビュー20周年を迎えるichiroさんの20th Anniversary
ソロ・プロジェクトがスタートしています。

大阪のHatch Amp経由にて、20thソロ・プロジェクトに向けて、
ichiroさんの動画コメントが届いています。
go!URL→→ http://www.hatch-amp.com/index.php?ca_id=6&mv_id=1480

ichiroさんは1991年7月25日にデビューし、ソロ・フルアルバムを2枚、
ミニ・アルバムを1枚、計3枚を世に送り出し、近年では2010年に、
ツアー:Circle Scale #1 一人旅と#2 東名阪限定バンドスタイル
“Juke Joint”を行っています。

20周年ということで、ichiroソロ名義でのアルバム制作、再始動。
現在アルバムのRecのためのデモ制作中、及びツアーの構想を練っている
最中とのこと。
これからレコーディングに入り、7月の第1週目か2週目にはリリースしたいそうです。
発売日は今後オフィシャル・サイトにてアナウンスされるのを待ちましょう。

20thアルバムについてですが、“Blues Rock”というキーワードを軸に、
現在、震災のことが大きく心に響いてるそうで、想うことを言葉や音楽で表現することも
プラスし、反映させたいというコメントが寄せられています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここからは私の感想等になりますが、やはり
ichiroさんには、徹底的に“Blues Rock”を軸にして出していただけると
嬉しいし、私たちの喜びでもありますよね。
日本でもBlues Rockの曲を盛り込んでいる人、バンドは幾つかありますし、
Bluesギタリストもいらっしゃいますが、スタイルや出発地点がその人の個性。

Blues Rockのスタイルで、12小節の中でサウンド構成での勝負
(勝ち負けだけじゃないですよ?!)と、曲の心を伝えるのにふさわしい
ギター・サウンドの感性で言ったら、海を渡れる人だと思っています。

ichiroさんの活動20年分のうちの、わずか5年間ではありますが、
ichiroさんを聴いて、観て来て思っていることです。

ジャンルというよりは要素かな。心意気ですね。
リズム、テンポも多種多様に持ってるギタリスト、ミュージシャン、アレンジャー、
ヴォーカリストでもあるichiroさん。

詞にトライ!するのかどうかや詳細等、現時点ではわかりませんが、
デモ制作というと、自宅スタジオで創る場合、ほとんどの方が自分で全ての楽器も
入れてアレンジした状態でレコーディング・スタジオに入るケースが多いですね。
今回、ichiroさんはきっちり作って入るのか、ある程度作って後は思うがままでgo!の
ケースかは後で知ることになるでしょう。
スタジオに入ったら、ギター以外の楽器はどなたかしら?ゲストは?エトセトラ。
いろいろな想像が広がりますね。

できれば、アルバム制作にあたっては、制作中~完成後に取材していただけると嬉しい
です。保存しておける雑誌がいちばん好きだけど、スタイルは雑誌だけじゃないので、
ぜひインタビューも!20年分あるでしょう?

歌いたいこと、鳴らしたい音、新しい音たちが形になった時、
これまでの20年、そしてもっと前からをも感じ取れることと思います。
更に「今」をプラスすることにより、柔軟性のあるものになりそうな気がしています。
どんなサウンド・デザインになって行くのかな?

アルバムが完成して、ツアーに出て、ライブで積み上がって、みなさんの中でも
広がって行くのではないかと思っています。
関連記事

  1. 2011.05.16(月) _00:29:09
  2. ichiro
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<<Happy Life!>坂東慧 | BLOG TOP | What a Wonderful World in KANSAI by:Char>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。