ichiroさんを中心円にして綴るブログ

Vintage Blue Sky

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

Experience PRS in Japanの記憶

2011.3月、渋谷DUO MUSIC EXCHANGEにて
ギターのPRSライブ・イヴェントが行われました。
ichiroさんが参加した部分は先日ここでお届けしました。
イヴェント開催後、時が経過していますが、他にも印象に残った
シーンを記録しておきます。

会場入りしたのが、14:00すぎくらい。満員の会場で立見していると、
鮫島さんが目の前を通り過ぎて行かれました。
住友俊洋さんの(出番)時間まで少し時間があったので、
Davy Knowlesのステージを遠巻きに眺めていると、何度か「Oh~Yeah!」
というフレーズが飛び出す。いい感じのギターを鳴らす人だった。
渋谷DUO MUSICのホールは、音量が私にとっては丁度よくて、好印象。

住友俊洋スペシャル・バンドの後、 Paul's Band+ゲストが入れ替わりで
2曲くらいずつセッション。

Jimi Hendrixが好きというところも好きで、今回のイヴェントに
安達久美ちゃんが参加することも楽しみにして来た。久々にお目にかかりたくて。
L.G.B(DVD付)L.G.B(DVD付)
(2009/08/19)
安達久美クラブパンゲア

商品詳細を見る

1stアルバムのツアー時、地元で参加して以来、数年ぶり。
アルバムもずっと買ってるし、TVのライブ番組もチェック。
久々に観る久美ちゃんは、スマートな印象と、ちょっと妖艶な香りが加味された
ギターリストになっていました。次はクラブ・パンゲアで観たい。

1曲目は、ポールズ・バンドとのセッションでしたが、ちょっと呼吸が合って
なかったかもしれません。拍が難しい曲だったこともあるかな。
PRSのギターと、久美ちゃん使用のVOXアンプとの組み合わせ。

次に、久美ちゃん:「私の大好きなギタリストです。山本恭司さん!」と紹介。
山本恭司さんは、ジャズ、フュージョン・ギタリストともセッションの機会が多い。
恭司さんは久美ちゃんとも目線や身体の向きを合わせ、ギターで語り掛けてたのが
面白く、微笑ましくもあり、ギター・イヴェントの醍醐味を味わい、楽しんだ。

ギターで会話・・・想像しちゃうよね。(←それはいかがなものか?と訊かれても
人には言えないけど)

次に山本恭司さん+ポールズ・バンド。
一人でステージを創って行く恭司さんの姿は、自身に満ちてる。
長い間、ステージを続けて来た人が持つ、特有の余裕、放つ気配、
ゆっくりと大きく動く、身体全部から放つような、しなやかなギター。
オーディエンス、ファンの方も長年応援して来た方たち、というのを私は
声で感じた。その声や一人一人に、目線やギターで応えてるところが凄い。

しかも曲が「Puple Haze」!!!

世界中のいろんなパープル・ヘイズを楽しんでるこの頃。
Jimi Hendrixことジミが残してくれたものは人から人へ継がれ、
鳴らし続けられて行く曲。
どのプレイヤーも、それぞれに思い入れがあって、その人なりの世界がある。

住友俊洋さんとToshi引田さんとのセッションも、私にとってはここでしか
観られないものだったと思う。

David Grimsonは、アメリカのギタリストらしさが随所にあった。
ジョン・クーガーの曲を思い出し、頭の中でしばらく80年代の
ジョン・クーガー・サウンドが駆け巡った。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以前からTwitter辺りで噂があったようで、ちっともシークレットじゃない
感じのスペシャル・ゲスト。オリアンティ。
赤いラメが施された、メタリックなギターで登場の参上。
音楽性やサウンドは私の好みではないものの、ギターを楽しむというスタンスで参加。

オリアンティ。勇ましさも5%くらい、彼女の中にはあるはず。
指や腕の動きが半端じゃなく柔らかさがあり、女性らしいスタイルのギタリスト。
チョーキングしても、「私のギターと心と指は1つ」という感じ。
無駄もゼロ、余計な力が入ってなくて、しかも堂々としてる。
世界クラスに出て行くギタリストだな、と納得。

男性的な部分も持ちつつ、ステージを引っ張り、切り盛りして、
自分のステージを作り上げて行くスタイルに、まなざしには惹かれるものがあった。

もしも、ギター・オリンピックがあったら、面白いのにね。

オリアンティはステージングがファンサービスに満ちていて、
来てくれてありがとう、あなたのために弾きます、という雰囲気を出しまくってる。
スター性があり、大舞台にも即対応できる人。
一人一人に視線を送ってるのには驚いてばかりだった。
オリアンティがギターを弾く時、気持ちは 1to1 という印象が残った。
釘づけになってしまうだろうなあ。。。。見つめられた人たち。
たくさんの曲を演奏し、爽やかさもありつつ、オリアンティのインパクトは
強く残った。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ステージ袖で、ポール・リード・スミス氏が、いち音楽ファンとして、
ギター好きとして、オーディエンスと同じ気持ちで応援したり拍手したり
共にプレイしたり、ノリノリで踊ってたりしてたことも印象深かった。
関連記事

  1. 2011.04.10(日) _10:13:12
  2. Nice!ギタリスト
  3.  コメント:4
  4. [ edit ]

<<ichiro Circle Scale Tour “20th Anniversary” | BLOG TOP | Aquarium Rescue Unit>>

comment

錚々たる面子

  1. 2011/04/10(日) 17:42:43 
  2. URL 
  3. ha~ha 
  4. [ 編集 ] 
素晴らしい布陣ですね!

小箱で観るギタリストのお祭り。いいっすね!

自分はPRSと言えば日本で言えば最近ではあまり使っていないみたいですが、ヒムロックでお馴染みのDAITA君です。このイベントにはいらっしゃらないけどw。

そうそう自分は中学高校とVOW WOWが大好きで20年位前、新宿厚生年金会館とか観に行ってたものです。その後も恭司さんはえーちゃんに参加したりでお目にかかれて嬉しかったんですけど、恭司さんと言えばYAMAHA。PRSのギター弾いたんですか?でもあの強力なサステインを誇る音はPRSの音とも通じるものがありますよね。(自分や友人や彼の音をよくネチネチギターって言ってますw。ねっちっこい音。あの音はオンリーワンだよな~、って。)いいな~、YAMAHA以外のギターを弾く恭司さん、とっても観てみたい。

安達さんも観てみたいですわー。よく関西でやってますよね。NANIWAの方々とかと。

貴重なレポありがとうございます!

レポありがとうです

  1. 2011/04/10(日) 20:52:27 
  2. URL 
  3. sachiko 
  4. [ 編集 ] 
お願いをしておきながら... 
気になって拝見させてもらってましたが、soul~演ったと知り、直ぐに御礼がいえませんでした。
そして、やっと伝えられそうで久々にお邪魔したら、追記! 
こちらで安達さんを知りあの日を楽しみにしてたんですよ。 

雪の長野でお会いした時のsnowさんの言葉で「後悔はしない」と。
3月はライヴ三昧のハズが...
一昨日、近くに来てくれる方(笑)のライヴでまたそれを確認しました。
音楽で繋げてもらってる事にも感謝。

ズレたコメントですみません。
ライヴでお会い出来る日を楽しみにしてます。

ギタリストのためのギター・フェス

  1. 2011/04/11(月) 01:25:35 
  2. URL 
  3. スノードロップ 
  4. [ 編集 ] 
ha~ha さん

そうなんですよね~。小箱ですよ?インビテーションな方が
多くて、一般発売もすぐ売り切れたようです。

山本恭司さんね!
ha~ha さんの身代わりのごとく、魂乗っけて渋谷で
楽しんで来ましたよ。ロングヘアーにビッグ ・ハット、
声援は明らかに男性でしたよ。うおおおおお~~!!
とか、「恭司!」みたいな野太く熱いコールが響いて
ました。
ギターもそれに呼応しつつ、共鳴してましたよ。
私も恭司さん=YAMAHAのイメージだったので、
PRSとは意外な感じがしてました。
PRSは、サンタナもそうですが
音が伸びる、ギュイーンって引っ張られていくような
ギターのイメージがあります。
ネチネチギターって感じ、ピッタリですね!
ギターを持って揺れてる感じも粘り気のある身体の
動きとギターでした。

鮫島さんとも昔からのお知り合いかなって思います。
矢沢さんのサポートもしてらっしゃいましたよね。
紅白出演の時も恭司さんだった記憶が。

久美ちゃんは、本拠地というか拠点が京都なので、
京都RAGさん辺りでかなりの本数をこなしてた
ようですね。ナニワのベーシストさんに見込まれて
ギターに惚れられてお声が掛かったそうなんです。

それと、小沼ようすけくんも、恭司さんと共演したことが
あるって言ってました。

このイベントは、海外でプレイしてる方が多かったことも
特徴的でしたよー。

Welcome!

  1. 2011/04/11(月) 01:34:18 
  2. URL 
  3. スノードロップ 
  4. [ 編集 ] 
sachikoさん

ようこそ~コメントありがとうございます!嬉しいです。
レポートをUpするのがすっかり遅くなってしまい、
すみませんでした。その分、感想を文字数やや多めで
Upしてみました。
こちらこそ、読んでいただいて、コメントもいただける
なんて、記憶として記録しておいて
良かったなって思っています。
また、今後の励みにもなります。

音楽は色々な人を繋げてくれますよね。
元気にもなるし、パワー充電できるし、
そのためにお仕事もファイトー!とも
なれるので無限大の力になりますよね。

また長野でもお会いできたら嬉しいです。
お待ちしていますよ~。


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。