原宿音楽物語 Guest:Char

2011年3月22日夜、 BS JAPANにてオンエアされた音楽番組
「原宿音楽物語」にチャーちゃんことChar(竹中尚人さん)がゲスト出演。

1時間番組の前半がCharでしたが、4曲も歌ってくださいましたね。
トークも多くて、嬉しいご出演となりました。

ちなみにこの日はAllアコギで、座って弾いて歌ってます。

「White Room」

優香と美勇士くん、平尾勇気さん(平尾さんの息子さん)がMCを務める。
美勇士くんは、とても感じが良くて気さく。

Char:(アコギを持ってカウンター席に座る)ギターを持ってないと
落ち着かない、ということをチラッと話す。

どなたかが言ってましたが、
いつもギターを持ってる人が、ギターを持たずに人前に出るというのは、
パンツ履いてないみたいな感じでしょうか。

あ、これは私の言葉じゃないですからね・・・。←発言主はフジイちゃんです。

Char:勉強もしないで、ギターばっかり弾いてたね。(笑)

ベンチャーズを弾いてみたりしてましたが、ビートルズよりもストーンズの方が
好きだった、と「Jumpin’Jack  Flash」をジャカジャーン!と
鳴らしました。
私はやや遠い過去に、この曲のジャカジャーン!の一撃で
Charはなんてカッコイイひとなのだ~~
と、記憶してたのです。(by:NTV系列メリー・クリスマス・ショウ)

ここで、ジェシーくんが生まれた頃の写真を紹介。
アイドル時代の写真、1974年原宿のエピソード。
アン・ルイスことアンさんとの思い出話。

Char:明治神宮にアンさんたちと初詣したことがあって。健全でしょ?!
ヒット祈願に行ったんだけど、大勢に囲まれて、てーへん(大変)だった!!(笑)


「健全」ってところで妙にウケてしまい、笑いました。ニコッ。

Char:チャーのカヴァーをやってみたいと思います。

「表参道」

Char:(中略)そこで結婚しました。要するに自分の歌です。
と紹介。曲で歌う合間にMC的なアドリブ入り。楽しい時を共に。


~カウンターdeトーク~

Char:大人の音楽ってのは無いよ。大人とか子どもとかない。
いっぱい好きな音楽がある人は、すごい幸せだと思う。
大人になっても聴ける音楽を作っていたい。


アンコール?!

「Little Wing」 Jimi Hendrix カヴァー

まさか!のこの曲。どうしてこの曲を選んだかは、想像で補う。
アコギで弾くのも情緒豊かで芳醇なサウンド。
そしてCharによるヴォーカルで。
Charのアコギで弾くこの名曲は、繊細な部分を弾き出させつつも、
何とも気持ちのよい方向へ連れ出してくれました。
はばたけリトル・ウィング。
じぃーんと、そして、ゆらゆらとした「ゆらめき」を残して。

歌、曲はこうして人の中に残るんだと思いました。

ギタマガさんのツイートで急遽知った番組でしたが、今後も期待できる
音楽番組です。
関連記事

Tag  char

2 Comments

竹茶  

観ました!

まずは…岩城滉一さんって歌上手いんですねぇ!
初めて聴いてビックリ。
あ、そっちじゃなくて?(笑)

いつものChar節全開でしたね。
笑わせつつもピリッと刺激のある深い言葉を挿んで。
会話に緩急をつける、そんな感じかな。
個人的にはアンさんの息子さんにアンさんとの話をする下りが好きでした。
それが変に「キミのお母さんとね…」って感じじゃなくて面白かった。
意識的になのかな?なんて思いながら。

選曲に関してはCharファンなら「うんうん、そうだろうね」だったかと。
でもアレンジや歌い方を微妙に変えたりして、新鮮味もありました。
あらためてアコギも上手いなぁ、この人!と感動したりして。
そして相変わらず曲中の歌詞置き換えはウマイ!天才ですな。

今後もどんなゲストが出るのか楽しみですね^^

2011/03/27 (Sun) 01:09 | EDIT | REPLY |   

スノードロップ  

表参道 On The Street

竹茶さん

ご無沙汰しております!ナイスなHNに、思わず微笑んでしまいます。
岩城さんもバンド活動してましたものねー。
岩城さんの声、好きですよ。話す声が特に。
Charの声はもっと好きです。
低音たまりません~~。DNAレベルですねぇ、これは。
声質も、ギターも、トークも、竹茶さんが書いて
くださった通り、Char節全開でしたね!

竹茶さんの、「キミのお母さんがね」的じゃないところが
という観察点におぉ~さすがだわ、と思いました。
その観点こそが竹茶さんの素晴らしいところなのですのよ。

アレンジや歌い方、ギターの鳴らし方も変えてるところに
拍手しそうになりましたよね。
いつもと同じじゃ、35thとはならないですものね。
新しいところと、そうじゃないところのバランスを取って
(おっと、誰かさんの歌みたいになって来た)
進んで行くでしょう。

アドリブに尽きますね、歌詞の書き換え、置き換え。
アイデアも枯渇しないっていうのも才能の1つですよね。

近々、生Charですね。(笑)@TOKYO Night!


2011/03/28 (Mon) 23:59 | EDIT | REPLY |   

Post a comment