ichiroさんを中心円にして綴るブログ

Vintage Blue Sky

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

なに食べてはんの?Vol.48 guest:Char

Hot Pepper 「キム兄の みなさん普段 なに食べてはんの?」

~*~* Vol.48 ゲスト:Char ~*~*
IMGP0433.jpg注:Hot Pepperより引用。

ホストはキム兄こと木村祐一さん。個人的には、映画「ワラライフ」監督と
Char(チャーちゃん)の料理対談。

Char:48時間で1日って感じかな。
(中略)48時間で4食いければいいほうかな。

キム兄:うわ~少ないですね。

Char:食べるのが面倒くさいんだよね。バンドマンの食事って、ガ~ッって
かき込まないといけないし。おなかいっぱいの状態で本番に出られないしね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最初に創ったのが、「炒り卵」だったのだそう。ごはんのお供ですね。
食べるのが面倒くさい・・・食事回数の蓄積というか、累積数。
あれが食べたい、これがいい、というのが段々減って来る、ということも
あるのかしら。

一番印象に残ったコメント。

Char:ものを創る時には、食わない方が冴えるしね。

ハングリー。そして、空っぽの方が冴えてるかも。
食べることだけじゃなく、いっぱいだとか、満たされている時って
働きが悪いとか、効率が下がるということは考えられる。

Char:人間と創るということは、その瞬間を切り取ること。
ある種の記録だよね。
それに音楽は「聴覚」と「想像力」で視覚に残そうとするものだから、
「あ、これは私のことを歌ってくれてるんだ」とか誤解してくれても
いいもの。



そうそう。私も「聴覚」と「想像力」でおおよそ補えてると思う。
掴む、とでも言いましょうか。
ただ、それを人に教えられない。言葉にして言うのは・・・ね。
それを、できるだけしまっておきたいのね。私は。

Love Songでの誤解や妄想って、私はあまり好まないのです。
都合のいいように自分の方に持って行くのが好きじゃないんでしょうね。

勝手な解釈っていうのはアリだと思うんだけど、
もしもライフ・ソング(背中をちょっと押してくれるような)だったら・・・?

ありがとう。
おかげさまで勇気づけられました。
とか、
元気が出た、とか。
明日からまた元気出して行こう、とか。
そういうのはありますね。

人の一生懸命な姿って、いいものね。

Charが「ゲバゲバ90分」のお話もしてくださってましたが、
子どもの頃、あのオバQちゃんのような白いキャラクターが
「ゲバゲバ」って言うのが怖かったのを思い出しました。
「ゲバゲバ」の声。機械的な声が、当時はかなり怖く感じた?!

料理の対談ですが・・・(笑)

Char:「俺は嫁がアメリカ人なんだけど、日本は料理の素材を大切にする
国なんだなって思う。」  
ちゃんとシメてくださってますね。

明日は、炒り卵を作って、お弁当のごはんに、「Char」と文字を作って
載せちゃおうっと。くふっ。

ものを創る時は、食べない方が冴える!
関連記事

  1. 2011.03.10(木) _23:42:37
  2. Char 竹中尚人
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<音は音で返す ~EXPERIENCE PRS in JAPAN 2011~ | BLOG TOP | Chris Duarte&ichiro>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。