ichiroさんを中心円にして綴るブログ

Vintage Blue Sky

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

SONGS Vol.2 TRY AGAIN ichiro Works

ichiroさんのWorks NHK SONGSの第2週目。

長渕さんと宮崎のストーリー「絆」。
長渕さんの表情から、無念さを知っている、対峙して来た男の顔。
寡黙な男の印象が残る。

宮崎の夕景と、1曲目の「STAY DREAM」スタジオのオレンジ色が
重なって見えた。
河野さんのピアノと長渕さんの響く声。withコーラス・チームのシンプルな構成。

ichiroさんご出演のバンド・スタイルでは1曲。
この日の放送内容に合う「TRY AGAIN」

最初は(おそらく)12弦ギターの音から。同期させているのかな。
途中からストリングスの音も入って来ていたので、ライブではどのようなスタイルに
なっているかも楽しみなところ。

ichiroさんの一音。カントリー・ロック色で長渕さんの声に添う。
添う中にも、ヴィブラートがichiroさん、とすぐ分かるのが嬉しい。

ポイントがいくつもあって、糸がピンと張った時のような緊張感が新鮮に聴こえた。
馴染んでいて、かつフレッシュなタフさを感じさせるところも頼もしい。

ライブがすごく良い仕上がりになりそうな気配が、収録時点で「ある」ということ。

ソロの部分も、螺旋状の揺らめき。
スピードのある曲は見ていて視覚的に分かりやすいけれど、少しテンポが
ゆったりめの曲は音に集中できる分、「ギターが歌う」のをより感じ取れる。

長渕さんが正面から後ろ向きになった時に、もっと奮い立たせるギターを鳴らす人。
それがichiroさん。

バンド全体もね。長渕さんと共に創ること、「参加」することで、相乗効果で人の感情を
揺らす演奏になって行くのでしょうね。
会場に集まる多くの人たちの層も重なると、もっと大きなエネルギーになる。

SONGSのスタジオらしい空気と熱。その中でゆっくりと炎が上がって行くイメージで、
メッセージを込めた曲。

ただの音楽番組では終わらない、終わらせないものが届きました。
音環境をよくして、大音量で聴くと、もっと情報量が増えて、もっと感じ取ることが
できると思います。

ONE MORE TRY!
関連記事

  1. 2010.11.25(木) _00:56:56
  2. ichiro
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<MUSIC FAIR ichiro Works | BLOG TOP | SONGS Vol.1 Success ichiro Works>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。