SONGS Vol.1 Success ichiro Works

現在、ichiroさんは長渕剛さんのツアー・リハーサル中です。

11月17日 NHK「SONGS」長渕剛さん 2回放送のうち、
その第1回目がオンエアされました。
ichiroさんはギター&コーラスでの参加。

長渕さんは3曲の演奏&熱唱。
「Success」・・新しいバンド・スタイルでのプレイ。ichiroさん参加。

「HOLD YOUR LAST CHANCE」・・・アルバム・タイトルのナンバーですが、
久しぶりに聴きました。当時聴いた時にも増して、声と言葉の印象が強かったです。
曲を聴いて励まされたり、力強くなったり、勇気づけられる方が多いことでしょう。

「激愛」・・・スタジオが真っ赤。激愛の情炎そのもの。
歌詞の内容は大人の情。私の個人的な感想を文字には敢えてしないことにします。
絵が見える曲で、一歩外から見た長渕さんが描く<鋭い情景描写>の印象です。
大きな意味で比喩的な表現かなとも思いました。テレビの音楽番組でこの曲を演奏するのも
これまでのSONGSには無かった色彩だったのではないかな。
長渕さんの力、個性が一面に表れていた気がします。

音も今のデジタル放送を考えてのことだと思うのですが、細部にまで
長渕さんのSpirit、息吹を込められたそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ichiroさんのWorks
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回のバンド編成は、長渕さん以外のギターはツインです。
ギターの名越由貴夫さんも参加されるのですが、「Success」に関しては
ご出演なしで、ギターはichiroさんのみの参加。
ベースが上田さん、keyが河野さん(ハモンドとローズ?)、ドラムが矢野さん。
レディ3名チームのコーラス、そして長渕剛さん(Allアコギ)。

SONGSのスタジオ・セットはよい感じで好き。箱型の対面式。
絵としては観ていて、とても面白かったですね。
斜め後ろからichiroさんを観ることって今まで無かったというのもあるし、
どういう角度であっても絵になる人です。
スタイル、立ち位置 etc・・・私の中では、
ichiroさんがどこへ行こうとも、
カッコいいのは当たり前になってるので、ありきたりな表現、言葉はもう
不要だと思っています。あとは、みなさんが何か感じていただくのみ!!

そして、久々のLP(レスポール)でしたね。
長渕さんとの時間の中で、過ごして来た時間がギュッと凝縮されてました。
馴染んでいるので、しばらく戻って来ないような・・・そんな気さえするほどです。
おかえりさない、と言える日までは待ってます。

長渕さんのコメントもよかったですね。男は「目」だ、目に表れてるというのも頷けます。
前に書いた、長渕さんは自分のためにまずは歌を書く。という点は私の思っていた通り
でした。

書いて歌うことで、聴く人にも伝わる。広く大きく、深く、遠くに届く。
発信点、ステージに立って参加するichiroさんも、会場の皆さんと
エネルギー交換しあうでしょう。
燃える、という表現の方が合いそうです。

引き続き、次週の放送分も楽しみに待っています。
関連記事

Tag  ichiro

0 Comments

Post a comment