ichiroさんを中心円にして綴るブログ

Vintage Blue Sky

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

ALBERT KING 「BORN UNDER A BAD SIGN」

今日の1枚は、アルバート・キング。
ボーン・アンダー・ア・バッド・サインボーン・アンダー・ア・バッド・サイン
(2007/06/27)
アルバート・キング

商品詳細を見る

ALBERT KING 「BORN UNDER A BAD SIGN」

1. Born Under A Bad Sign
2. Crosscut Saw
3. Kansas City
4. Oh, Pretty Woman
5. Down Don't Bother Me
6. The Hunter
7. I Almost Lost My Mind
8. Personal Manager
9. Laundromat Blues
10. As The Years Go Passing By
11. The Very Thought Of You


8. Personal Manager・・・この曲はSRVが影響を受けたんじゃないかな、と
何となくですが思いました。フレーズとかタメのところとか、曲はスローでも
弾いてるのは指はかなり動いてるだろうし、スクイーズなところも出ている曲。
しかもあまり勢い強く弾いてない分、余白に何か吹き込まれてる感じがして
ミステリアスなギターなんですよね。妖艶さもあるかな。。。

歌はソウル、ゴスペルの要素を感じ、バックには軽快で明るいトーンの鍵盤が
入っていたり、管楽器も一緒に随所でうたっているので、トータルでは重くなく、
R&Bやジャズに近いナンバーもありました。

タイトル・ナンバーは、Jimi Hendrixのアルバム「BLUES」で
知り、SRVを経由して通って来ている道です。
ブルーズ好きな方の辿るコースとは逆かもしれません。
ブルーズブルーズ
(2006/06/21)
ジミ・ヘンドリックス

商品詳細を見る

CREAMをはじめ、他にもカヴァーしているアーティストはいますが、
アルバート・キングに辿り着く理由は、SRVからの流れとそのルーツを
知りたいため。
イン・セッションイン・セッション
(2002/09/21)
アルバート・キング・ウィズ・スティーヴィー・レイ・ヴォーン

商品詳細を見る

先にこちらを聴いていました。今年の暮れに、DVD付きが再発される
予定があるようですね。
Stevie Ray Vaughan心の師匠との共演、セッションを
収録したアルバム。

アルバート・キングの絞り出す音アルバムは、こちらがオススメらしい。
Live Wire, Blues PowerLive Wire, Blues Power
(2001/07/02)
Albert King

商品詳細を見る

左のVの人、というイメージもありますね。
関連記事

  1. 2010.10.19(火) _23:41:21
  2. Today's Blues&Blues Rock Album
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<変わることを恐れずに。 | BLOG TOP | Mt.Ena Rock Fes.2010 ~ ichiro Project ~>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。