ichiroさんを中心円にして綴るブログ

Vintage Blue Sky

.

Los Lonely Boys「Sacred」 

今日の1枚は、Los Lonely Boys「Sacred」
セイクレッド~神聖セイクレッド~神聖
(2006/07/19)
ロス・ロンリー・ボーイズ

商品詳細を見る

このアルバム「Sacred」は写真には写っていないけれど、
グラミーで選ばれた時のデビュー・1stアルバムは、4年程前にSRVを経由して、
聴いてたのです。

09年からのichiroさんと田村直美さんのユニット「Spiral Tree」
をきっかけに、知りたい曲があったので今春のSpiral Treeのツアー終了後
に集めてみました。↓↓
IMGP0180.jpg
3rdアルバムは、スティーヴ・ジョーダン、Dr.Johnも関わっています。
Sainthood(セイントフッド)なジャケットデザインが妙に気になりました。
今回紹介するアルバム以外の件は、今後も追って書いて行く予定。

1回目のSpiral Treeのツアーにて、1曲目が良いと思いながらも、
タイトルとバンド名が分からずにいました。1年間、あの曲は何という曲?と
思い続けて、今年のSpiralでようやく謎が解けました。

「More than love」を歌う前に
ichiroさんから説明があり、Los Lonely Boysだったのね!と。

今日、紹介するアルバム「Sacred」は、一番好きで気に入っているもの。
1. My Way
2. Orale
3. Diamonds
4. Oye Mamacita
5. I Never Met A Woman
6. Roses
7. Texican Style
8. One More Day
9. Memories
10. My Loneliness
11. Outlaws
12. Home
13. Living My Life

(国内盤はボーナストラック1曲プラス。)

テキサス出身。ヘンリー(g)、ジョジョ(b)、リンゴ・ジュニア(ds)
ガルサ3兄弟によるトリオ・ブルーズの2ndアルバム。
ビートルズ並みのハモリ具合で、父親のバンドで長く演奏して来た
3兄弟のハーモニーが特徴。3人とも歌えるバンドというのは少ない。

ライブDVDはまだじっくり観ていないけれど、アルバム音源を聴くと
ステキ・ギタリストだなと感心する。もっと名前が出てもよさそうなのにね。
泣かせるようなポイント、フレーズが、こんなところに、あんなところに・・・・。
「間」の取り入れ方、空間とワウにセンスが出てる。

バンド・サウンドは音が乾いていて、ラテンの要素はサンタナにも影響を受け、
ブルージーなところや、音、フレーズは、Stevie Ray Vaughan
からも受けたのだと思う、テキシカン・スタイル。
ラテン・ブルース・ロック、Funk、カントリー。テックス・メックス。
テキサス流のメキシコ・ミュージック!?をイメージしていただくことにしましょう。

背景も大切ですね。たくさん感じ取ってください。

*Spiral Treeで選曲され、歌われたのは、M-3「Diamonds」
ichiroさんは、このアルバムが好きでしょうね、と感じました。
(想像と感覚で受け取ってるので、当たってないかもしれませんけど。)
嬉しくなるようなフレーズや音、リフ、Songs・・・
アルバムの随所にちりばめられてるから、私は微笑みっぱなしで楽しんでいます。

M-4「Oye Mamacita」ギターのワウワウ(ワウのことね。)が
とても好み。

2ndアルバムも、いい曲が多いので、トータルで何度も楽しめる。

M-9「Memories」が説明不要なくらい、いちばん好き。

M-11「Outlaws」タイトルがいいなと思って。
何故か私にはZZ TOPが浮かぶ。それも80年代の「アフターバーナー」
「イリミネーター」辺りのZZをイメージさせるなと思って。
実際はどうなんでしょう??聴いた方からの感想も伺ってみたいところ。

次はDVDも観た後で、ステキ・ギタリストがどんな風に弾いてるか
というのと、3人のプレイ全体を観聴きしようと思います。
関連記事

  1. 2010.08.23(月) _23:55:55
  2. Today's Blues&Blues Rock Album
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<ブルース&ソウル・レコーズ No.95 | BLOG TOP | NEWS! ROCKAMENCO LIVE 2010>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP