スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guitar Battle

今日の1枚のところで書こうと思いましたが、このアルバムは
Blues、Blues Rockに入らないので、ギタリストのところで書きます。

今日の1枚。
ギター・バトルギター・バトル
(1997/12/17)
アル・ピトレリスティーヴ・モーズ

商品詳細を見る

今日は、Purple Rainが聴きたくなったので、聴いています。

このアルバムはギターが好きな人や、ギタリストにとっては参考になるところがあるかな。

私にとっては、ところどころ、ちょっと歪み過ぎてるかな、とか
サスティーンがかなり伸びるので、もう少し引いてる方が好みです。
ですが、ソロは美味しくて酔えます。

Purple Rainの本家はプリンスですが、プリンスも
何気に凄いソロをダダダーッと弾きますよね。

ハード・ロックなギターが好きな人は、聴いてみると、ちょっと面白いと思います。

このアルバムは、バトルとはいえ、アンディ・ティモンズとか
スティーヴ・モーズとかがパートごとに弾いてるアルバム。
アンディ・ティモンズとスティーヴ・モーズ(こちらはバンド名義で)は、
各1枚ずつしか聴いたことがないのですが、私のイメージの中では
流れ星ギターのプレイヤー。たまに「炎」が入ることもあります。
パープル・レインパープル・レイン
(2008/12/17)
プリンス&ザ・レヴォリューション

商品詳細を見る

アルバム名盤に選ばれることが多いですよね。
関連記事

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。