ichiroさんを中心円にして綴るブログ

Vintage Blue Sky

.

ichiro Tour Circle Scale Stage #1 Vol.1

ichiro Tour Circle Scale Stage #1
1人旅に参加しての感想報告を、最終日よりお届けします。
                 IMGP0208.jpg
この日、セピア色の空間で同じ色の記憶を刻んだ。
観た位置と場所、ichiroさんが話すこと、歌うこと、
プレイのその全てを。
聴くもの、触れるもの。何もかもが特別で、それはいつもとは違う景色。

常に100%でやらないと。歌うにしても、ギターを弾くにしても、
誰かと話すにしても、想いは伝えた方がいいなと。
このツアーをやって、特にそう思いましたね。

                          by:ichiro

<続きを読む>↓↓
 
この日は、最初から最後まで立って弾くスタイル。

ようこそいらっしゃいました!
と、ドブロ(リゾネーター)で始まり、照明が消えないはずのところで消えたのか、
Come On 照明!
と笑いながらのリラックス・モードでの集中力はさすが。

会場を沸かせつつ集中させる空間を作れることと、颯爽としている身のこなし。
この点においては、ichiroさんの姿はいつも変わらない。
お帰りなさい、と言いたくなるのはこの時。

Let’s Work Together
Bell Bottom Boogie

生音は優しい響き。会場や周りの状況から、敢えて音量を下げているのだそう。
もっとジャリーンとした鉄と鉄の音を想像していたのだけれど、弾き方も
コントロールしているのかも。
今のichiroさんの声質とも合っているなあと思いながら。
Bell Bottom・・・の方は、アレンジを変えてあるので、
しばらくこの曲だったと気付かず、意外なところに微笑み。

ichiroさん:一人旅とはいっても、弾き語りの人じゃないんで。
一人目のオーディションの方(笑)

紹介されたのは、Team富山からお越しの噂のギタリスト、ハヤマサさん。
SGを持って来られたのですが、ハヤマサさんの音は私の中にあるSGの
イメージとは違う音が出ていました。
SGってこういう音も出るんだ~~!と感激。出せるんです、ハヤマサさんが。
その数週間前、61年のSGレスポールの音を他所で聴いて来てるけれど、
驚いた。しかも音が飛ばない正確さだとか、1つ1つをちゃんと出すという
まろやかな心意気が感じられた。
曲によっては、1曲Martin(まーくん)も使って。

Hands Of Time
Crazy Sundays

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
二人目のオーディションは、あの方が登場!予想と期待が大当たり。

Tim Jensen氏 with ギタリスト:kokiさん

嬉しい。少し前に、ここで書いたことがちゃんと目の前に現実になったのだから。

ichiroさん:ソロ2枚のアルバムはLAでRecした時に、
ボツになった曲が4曲くらいありまして、今日はそのうちの1曲を。
ヴォーカルにTimさんをお迎えしました。
オレとTimとの92年頃の曲です。
Timがこの曲が好きで。

Tim氏:うん、大好き!

ジョークを飛ばしながら、大好き!の言葉が出ることからも分かるように、
ほがらかなやり取りが続きます。Am(アーマイナー)Am(エーマイナー)

Tim氏:オレ、アガり症なんで。

アガリ症というツウな日本語が飛び出すわ、シャツ柄のボブにマイクを向けて
歌わそうとしてみたり、茶目っ気たっぷりのチャーミングなお方に、笑いっぱなし。

Tim氏が大好き!だと言う曲
Fortune Blues

両方Tim氏がうたう。Fortune・・・の方も、アレンジをオリジナルとは
変えているので、3年間で1600曲、ichiroさんのソロ・アルバムを
聴いて来た私も、タイトルがしばらく出て来なかったほど。

Sons@松本でも、ゲストでお越しいただいてましたが、
その時も感じたブルーズな声とichiroさん、kokiさんのギターと
重なり、よい2曲&素敵な時間でした。
IMGP0209.jpg
予想と期待を持って会場入りした私は、待っていました、この日を。

Tim氏はおぉ~~嬉しい、嬉しいよ~~と言って、大きな愛をくださいました。
「これ、ハート・マークだからね!」

ichiroさんがこのアルバムで参加した曲がすぐ出て来るところも
いいなあ、なんて思いました。感謝感激。

ichiroさんにもここで1つ目のありがとう。をお伝えします。

                 ・・・ Vol.2へ続く ・・・
関連記事
  1. 2010.06.15(火) _01:54:19
  2. ichiro
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<ichiro Tour Circle Scale Stage #1 Vol.2 | BLOG TOP | テーブル挟んで、囲んで>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP