ichiroさんを中心円にして綴るブログ

Vintage Blue Sky

.

ERIC SARDINAS:TREAT ME RIGHT

前に少し紹介したかと思いますが、本日の1枚ということで
再度ご紹介。このアルバムは、個人で発掘したものではなく、
Blues好きな方からのオススメでした。
IMGP0193.jpg
1. Treat Me Right
2. Write Me a Few Lines
3. Murdering Blues
4. Cherry Bomb
5. My Baby's Got Something
6. Give Me Love
7. Rollin' and Tumblin'
8. Low Down Love
9. Get Along Rider
10. Goin' to the River
11. I Can't Be Satisfied
12. Sweetwater Blues
13. Down in the Bottom
14. Tired of Tryin'

最初に聴いた時は「アツイ」「濃い」「絡み付く」という印象でした。
「濃い」は音楽性とお顔立ち。
新しい世代のスライドギター、Blues Manでもあるかな。

個人的には、腕と血管の太さと革パンが気になりますが、ヴォーカルが
ハイでかなりアツイです。そこにパッションを感じるかどうかはお好み次第。
日本から渡英した原マサシくんというギタリストがいますが、ヴォーカルが近い
ところにあるような気がします。

先日から、このジャケットを思い出し、リゾネーターと
Johnny Winterが繋がって浮び、聴いているのですが、
今は、むしろ好きかも、という方向に進んでいます。

BluesとBlues Rockの王道というか、基本スタイルに沿った
中で、スライドギターで濃度が高く、揺れとリックにシビれ、酔います。
1枚聴き終えると、お腹いっぱいになります。
また旅した時に寄りますね、と告げたくなるようなアルバム。

できれば、Blues Rockのアルバムをいろいろ聴いてからListen!
した方がより聴こえてくるのではないかと思います。

Special Guest:Johnny Winter(#14)
ヴォーカル&ギターで参加していらっしゃいます。ヴォーカルというよりは叫び。
二人で弾くと、ギターがブルース・ハープのようにも聴こえる時がありますね。
Treat Me RightTreat Me Right
(1999/02/23)
Eric Sardinas

商品詳細を見る

ブルーズ・ロード。次はどちらへ行きますか?
関連記事

  1. 2010.06.02(水) _23:50:26
  2. Today's Blues&Blues Rock Album
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<Hound Dog Taylor : Natural Boogie Master | BLOG TOP | Mike Zito>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP