Vintage Guitar File Vol.1&Vol.2 

最近、ichiroさんの音源、過去のCDで入手できるのは有りませんか?
というメールを数件頂いたので、過去のWorkとして2枚紹介します。
国内のギタリストが多数参加しているので、ギター、ギタリスト・ファンは楽しめる2枚。
ビンテージ・ギター・ファイル1ビンテージ・ギター・ファイル1
(1998/04/21)
オムニバス

商品詳細を見る


ichiroさんは、M-4 <Blast Off>という曲で参加しています。
インスト・ナンバーで、こちらはアップ・テンポ。
リズム隊の音も耳に残るので、トータル・バランスで聴いてみてね。
インスト・ナンバーは想像とイメージで、リスナーの中で自由に膨らむところがいいのかな、って最近思うようになりました。

ビンテージ・ギター・ファイル2ビンテージ・ギター・ファイル2
(1998/04/21)
オムニバス

商品詳細を見る

M-4< Lonsome Sundown> ・・・ichiro

Vol.2の方は、メロウです。私のイメージでは、映画のサントラに似合う曲だな、って思いました。
パッとそこに映画の情景が浮かんだので。
ハード・ボイルド系な男の映画、っていうイメージが私の中では瞬時に浮かんだのですが、
これを実際に聴いた方の意見も聞いてみたいな。

< Lonsome Sundown>は、鍵盤の音も印象に残るので、
ichiroさんのギターとどう絡んでるか?というのをぜひ。
歌ってるギターだな、って思ってます。

現在ここからアマゾンを辿ると、Vol.1は多少off価格で購入できるようですが、
Vol.2は中古しか無いみたいですよね。すごい価格になってる。

それで、調べてみました。
タワレコのサイトでは、Vol.1&2、両方視聴できて、普通の価格で買えるので、
興味を持った方は良い選択方法で、入手してみてくださいね。
関連記事

2 Comments

Ryuhei  

サンタナやイングヴェイや
SRVや、世界屈指のギタリストのように、
Ichiroさんのギターは、
あ!ichiroさんの音だ!ってわかりますね☆
ichiroさんは日本屈指ではなく
世界屈指だと思います。
最近知ったのですが、日本人として
ギブソンとエンドース契約を最初に交わしたのは
ichiroさんだったんですね!驚
GIBIER du MARIかどこかのホムペで知りました。
そして検索してたら、
スノーさんのブログの9月26日の日記に
辿り着きました(笑)
見逃してたようです、すみません(汗)

2007/12/12 (Wed) 00:59 | REPLY |   

スノードロップ  

音作り

>Ryuheiさん
そうですね、ichiroさんは音作りからして、違うの。
No.1ですよ、って言ってるのは、そういう理由もあります。
ichiroさんの総合力、すごいもの。
最初に、映像を見た時の衝撃、忘れないと思う。
ライブに行った時のことも、忘れないと思います。
ずっとここで書いてることなんだけど、文字にし難いし、個人的主観、好みがあるから、
音の表現は文字では限界があり、とにかく聴いてみてね、と。
その点が浸透して行ってくれると、嬉しいです。
一般の、楽器を持たないリスナーの方は、
(私もそうだったんだけど)
音を理解するのって、かなり意識しないとそこになかなか耳が行きにくいのかな、って思っています。
感覚もそれぞれだから、どういう風に音楽を聴くか?楽しむか?
バンドをやってる人ならば、どうやって近づいて行くのか?オリジナルを作って行くのか?
を、感じることじゃないのかなぁ。
それができたらいいな、って日々思いながら、
ここで書き続けてます。
ちょっとそこに耳と目とハートを向けてみて、っここで書いて来て、
少しずつだけど、私も僕もって方がここから出始めて来たことが嬉しいです。
私も詳しいことや、音に関すること、機材のことはまだまだで、
どうやったらいいんだろう・・・?日々それを考えながら、
いろんな音を聴いてみてますよ。
好き、っていうことは少しずつ知ること。
そこに喜びがあることで、いつも、ずーっと
満たしてもらってるんですよ。
いろいろ知れること、それが嬉しいんだよね♪
*検索したらここが出てきました?(笑)
嬉しいやら、私が書いていいのかしら・・・?みたいな。

2007/12/12 (Wed) 12:02 | EDIT | REPLY |   

Post a comment