ichiroさんを中心円にして綴るブログ

Vintage Blue Sky

.

Spiral Tree 2010 Hallelujah! Soul!

Hallelujah! Soul! Tour 2010
Spiral Tree(ichiro×田村直美)

38曲の中から、選りすぐりのナンバーを集めて、みんなをどんどん
スパイラルして行くというツアー。

<続きを読む>↓↓↓
 
人数を減らして、エコで二人だけで今年はやります、とのことで
ラフにスタート。

田村さんは、ヤイリのアコギ、ichiroさんはジャガードのアコギ、
(個人的には3年間通って初めて生で聴いた)SLIPのギターとコンパクトな
VOXのオレンジ・カラー。(アンプのOrangeではない)
ミュージシャンでこのパステン、パス15、V9157を自宅スタジオで使って
いる人が多いです。(私は赤を所有。)
自宅で弾いてる感覚、アットホームな感じはこんなところからも出ていたかも。
マイクを通さないでうたう、オフ、アンプラグドにしたりして。
寄ってって、聴いてって、楽しんで行って、おいでよCome ooon!
そんな田村さんの声までが聴こえて来そうな近さと空間。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Hallelujahでスタート。

ichiroさん選曲:3兄弟のトリオ・バンドでLos Lonely Boys
のナンバーから2曲。
いい曲が多く、ハーモニーがあって、(3兄弟のね!)シンプルで
Blues Rockの王道のトリオ・バンドという説明がありましたが、
ここで、ちょっとニコッとなってました。1枚だけですが、聴いていたからです。
それは遠く離れた読者の方で、SRVのファンの人から随分前にオススメ
していただいてたもの。
Los Lonely BoysLos Lonely Boys
(2004/03/30)
Los Lonely Boys

商品詳細を見る

More Than Love:バラード・ナンバー。
田村さんとのハーモニーは、ここでも、この後もたくさん出ていました。

もう1曲もLLBで、09年のオープニング・ナンバーがLLBの曲だったことを
今になって知ったことと、曲名がわからないのが悔しいので、本日CDを発注。

歌い上げる、とichiroさんは書いてましたが、本当にそうでした。
耳と目で確かめられたことが嬉しい。いや、届いたのは、あの場に居合わせた、
各地で参加した皆さんのハートに、でしょうね。
歌い上げる、というのは「心を込めて」というのが存分に詰まっていること。

ichiroさん(The Sons):Lucky Man

田村さん:Silver Spoon・・・DVDを観た時から、Funkyで
好きな曲だったので、聴けて良かった。
田村さんは、ソウルフルな声、低音、高音、声のレンジが広く、ゴスペルまで
歌えるところも素敵だった。

ハレルヤ(ゴスペル)・・・歌詞が人間くさいので、調べてみてね、とのこと。
ichiroさんが高音、田村さんが低音をパート。普通で考えるスタイルと
逆なのがまた良くて。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~Spiral Time 1~

一緒にうたってね時間。
ichiroさんと田村さんとで、移動の車中でのやりとりを話しながら。
ichiroさん曰く、いい曲は少ないコードで、シンプルな曲が多いとのこと。
ロックも3コードな感じで!というだけでセッションできるし、客席ともそう。

One Love One Heart:ボブ・マーリー
レゲエのリズムで、ichiroさんはループ・マシーンを使って。
見えなかったけど、多分ワウも使ってループさせてたかな。

ichiroさん選曲:Tommy Emmanuel(トミー・エマニュエル)
このギタリストの名前はすぐ浮びました。「極楽ソロギターサウンド2007」という
本を持っていて、フィンガー・ピッカーとして知っていた、というだけですが。

ichiroさんの選曲が、マニアックでちょっとひねってあって、私は
かなりくすぐられました。
幅広く聴いておかないとプロギタリストへの道は厳しいわけです。
いろいろな曲を知っていて、パッとギターを持ってスタイルを真似ることから
始まって、弾けるというのが条件の1つだったりする。
トミー・エマニュエルの場合、チェット・アトキンス(ギャロッピング奏法の人)
から学んでるそう。
トミー・エマニュエルは、スロー・バラードからを学ぼう、と本に書いてあるよ。

トミー・エマニュエルのアイドル・バンド!?の曲。
ichiroさんが、ジョン・メイヤーのようなファルセットで最後うたっていたので、
ググッと来ました。

こういうところ、普段はなかなか聴けないでしょう?
Spiral Treeの良さはこういうところですよね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
~Jazzがテーマ~ 田村さんVo.2曲

私たちから随分遠いテーマを掲げました。ということで
Jazzの曲で、映画音楽。

バクダッド・カフェより:Calling You
田村さんの歌い上げたこの曲。表情もよかったし、マイクオフな感じも
良くて。
ギターはChar meets????のトーキング・ギターが浮かびました。
ギターで作ったはずの曲。

Fly Me To The Moon:ハネた感じにアレンジ。
歩いてるかステップ~な感じでした。

It’s Only Paper Moon:ブルース・フィーリングの
あるズージャ。ichiroさんVo.
カズー担当:田村さん。歌ってる声がそのまま音になるカズー。

逆に、ジャズギタリストが弾くBluesも聴いたことがあるけれど、
Jazz→Blues→Rockの流れがあるから、全然別物ではないですよね。
また聴きたいな、もっと聴いてみたいなと思いました。次回もぜひ!!!

~Spiral Time 2~

地元ミュージシャンを迎えて巻き込みタイム。
立って弾いて、歌ってくれたので、ここでよく見えて良かった。

ダンス天国~Play That Funky Music~

Play That・・・好きな曲なので、ここで聴けて嬉しい。
一緒に楽しみました。
田村さんのリード&Come On!な感じが楽しかったね。

Feelin’ Allright:Dave Mason
Spiral Treeのおなじみラスト・ナンバー。とも言えるかな?
やはりこの曲で、ichiroさんはスイッチが入った。
オレンジカラーだけではもう足りないよー。バンドもとても恋しい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
~アンコール~

Always On Your Side:シェリル・クロウ&スティング
昨年も好評、今年も好評な曲だったのではないかな。
桜の花がひらひら舞うようなイメージが浮かびました。日本の曲ではないけれど。

ROUTE 66:JazzとBluesを繋げる曲だと個人的には思っています。

たくさんの、いい曲を届けてくださってありがとうございました。
ichiro solo tour
Next→GIBIER du MARIに遠征参加予定ですが、
ichiroさんの一人旅のご案内。

The Thunderbird Spreads His Wings
この文字に強烈に惹かれるのです。
「強烈に、」なんて書くと「猛烈な」感じがするでしょ?そうではなく、
心の中でのBurningですよ。静かに燃えます。
関連記事
  1. 2010.04.20(火) _02:06:59
  2. ichiro
  3.  コメント:4
  4. [ edit ]

<<Michael Landau&Robben Ford  | BLOG TOP | 表現するのに、最適なSpeed>>

comment

流石 スノーさん!

  1. 2010/04/20(火) 06:57:17 
  2. URL 
  3. ヨーコ 
  4. [ 編集 ] 
読みながら先日足を運んだ2回のライヴの記憶が鮮明に蘇って来ました(^-^)

有難うございます♪

私は初spiralで田村直美さんとお逢いするのも初めてだったので色々と新鮮でした

一緒に行った友人達も田村直美さんの事を‘魅力的な人だ’と言ってましたが
歌が素晴らしいのは勿論、人柄の良さが滲み出ててチャーミングな方ですね

雰囲気作りが上手だなぁと思いました


ichiroさんがソロで歌った曲で今も勝手に頭の中で流れ出すのがあってタイトルが分からないままだったのでスノーさんのblogを参考に探してみます!

地元のmusicianとのセッション
こちらでは私は初めて見れたので嬉しかったです

私が旅した幾つかのライヴでソレを見る度にコチラでもいつかやって欲しいなぁと思ってたので…


次は待望のソロライヴです

私もフライヤ-を最初に見た時、あのフレーズ

‘カッコイイ~!!’て思いました♪
とても端的に表現してると言うか…

来月のライヴも楽しみです(^-^)

2 Spiral!

  1. 2010/04/21(水) 11:56:04 
  2. URL 
  3. スノードロップ 
  4. [ 編集 ] 
ヨーコさん

ヨーコさん、2度Spiralされて来ましたね!
長い文章のところを、読んでいただいてありがとうございます。

曲は日と場所によって変えているそうなので、
真ん中辺りが若干違うかもしれませんね。
ヨーコさんが気になったのは、どの曲かなあ~?

田村さんは私、SONYのSDオーディションに
合格した人、というところからスタートしてます。
これまでのステージの数が半端じゃないですものね。
一緒に楽しもうよ、ねっ!みんなも一緒に!
というのを、田村さん自らさらけ出して連れて行くところに感心していました。
うたう人(ステージ)がさらけ出さないと、客席も同じにならないんですよ。
逆もまたしかり。
そこがまず、田村さんが長く続いて、支持され続けているところなんだと思いました。

私は、ステージの人は、エンターテインメントである以上は、基本、
Yeah~~!Come on!
だと思っています。(分かりやすいでしょ?)
好きなようにやってるところを見せて聴かせてもらうのも好きですし。
ichiroさんは、選曲自体がもう何かを越えてました。
やるね~~!って相当喜んでました、私。

今年、アコースティックな感じのDUOライブが3本続いたので、バンドがとても恋しくなりましたよ。
次はラウド(行き過ぎてない)で!!

ichiroさんの一人旅、楽しみですよね。
ループ・マシンが出て来そうだなあとか、立って弾く方が
ichiroさんの全部が出せるので、断然カッコいいなとか、いろいろ想いを馳せてます。

ヨーコさんも待ちきれないでしょ?(笑)
追って、またすぐですからね。お楽しみに♪
ヨーコさんの街ライブのレポもよかったら、ぜひ書いてくださいね。

次回もまた^^

  1. 2010/04/21(水) 22:51:48 
  2. URL 
  3. べた 
  4. [ 編集 ] 
 こんばんは!
長野の夜、楽しまれたようですね。
田村さんのブログを拝見して、
「スノーさんもこの中におられたのかな?」
と考えてましたが、どうだったのでしょう?(笑)

 スノーさんはさすがに色んな曲をご存知ですね。
私なんぞは、田村さんが
「次の曲はみんなで唄って^^絶対みんな知ってるから!」
と仰ってたOne Love One Heartでさえも
知らなかったくらいで・・・^^;

 2人の生の歌声とギター、是非、第3弾も期待したいところです。

 そして、いよいよ始まるichiroさんの「一人旅」!
本当に楽しみです♪

The Thunderbird Spreads His Wings

 ichiroさんの胸のtatooがずっと気になってましたが、
あれが『Thunderbird』なのかな~?と思ってます。

え!?遅すぎますか?気付くの・・・(汗)

 何はともあれ、次が控えてるのはファンにとっては何より。
いつものことながら、あれこれ妄想しながらその日を待ちます^^


 


選曲がこれまた素晴らしナイト!

  1. 2010/04/22(木) 23:53:50 
  2. URL 
  3. スノードロップ 
  4. [ 編集 ] 
べたさん

雪が降った翌日で、夜は寒い日でしたが、
中はあたたか~く、心地よいライブでした。
田村さんのところの写真かしら?
べたさんがご覧になった限り、写ってないでしょ?(笑)♪♪
Spiralは昨年から3回参加してますが
お話してないのです。
遠くから見ていたいな~ってね。
シャイな土地で育っているせいでしょうか(笑)

じ・つ・は!
私もべたさんと一緒ですよ。
絶対みんなが知ってる曲です、とのことでしたが、
ボブをまだ聴いてなくて。
レゲエのリズムだったので、サビを記憶しておいて、帰宅後忘れないうちに
youtubeで探したんですよ。(笑)
他の曲はichiroさんが田村さんに
似合う、フィットする曲をアレンジしたりして、
特にハモるところとかも工夫してましたね。
いい曲を歌い上げ、弾いて行くと、
吸収されて行くので、いい感じになって
行きますよね。
それがSpiral Treeの楽しいところでしたね。

はばたけwing!ですからね~。
ichiroさんが敬愛するミュージシャン、
ギタリストの身体にも刻まれてるので、
ピン!と来たら、せひともテキサスまで(!?)
飛んで写真をご覧になってくださいませ。

べたさんの楽しい妄想、私も見たいです。
知りたい、と言った方がいいかな?
次の、一人旅があり、続いている、というのが
いいですよね。
待ち時間も楽しくて、ふわ~っとしたHappyな
感じがまたよくて。

次の選曲が私も楽しみで楽しみで。
何がどう来るのかな?って考えただけでも
ぽわっとハート♪があたたかくなります。


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP