ichiroさんを中心円にして綴るブログ

Vintage Blue Sky

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

源流JAZZ:JINO JAM 日野JINO賢二

CSテレビ朝日の音楽番組で、「源流JAZZ」という番組をご存知ですか?
日本のジャズ・シーン、ライブの模様を1時間放送。
JINOくんの巻を観ました。(再放送予定あり。)

JINOくんのライブは、過去にグレース・マーヤちゃんのライブと、
2009年:是方・JINO・坂東 Super Jamと2回観に
行ったことがあります。それも自ら進んで出掛けてました。

会場:横浜KAMOME 今年に入ってすぐ撮影収録されたもの。
当日のパーソネルは、
日野JINO賢二(Eb)、丈青(P)、NOBU-K(Key)、アンディ・ウルフ(Sax)、
マサ小浜(G)、Jay Stixx(Ds) 

JINOくんがリーダーのライブ。

1.Everythin' is Ererything
2.All I Want Is U
3.Bye Bye Black Bird
4.Cantaloup Island 

JINOくんのスタイルは、豹柄のシャツで、ワイルド。
1時間という時間枠の中、テレビ画面を通してでも楽しめました。
この番組は、小沼ようすけくん、安達久美ちゃんとパンゲアの時も
観ていましたが、いい番組。続いてほしい番組です。
JAZZをこういうスタイルで届けること、ナイス!

Jazzは特にドラマーが重要なカギを握ってる。ここで、よい演奏に
なるかどうかが割とハッキリする音楽ジャンルだなと。
途中、メドレーのような、ショートVer.のような形で、
Jimi Hendrixの「Purple Haze」を演ってくれました。
JINOくんが歌う。JINOくんは割とリズム&ブルーズ、ソウルフル、
時にはヒップホップなノリを活かすような歌い方をします。
ベースを弾きながら、片手で歌詞の一部をジェスチャーで表現しつつ、
心底楽しんでるぜ、僕は!というのが身体から出てるプレイヤー。
そこが何よりも素晴らしい。
音楽が好きで、みんなとコミュニケーションしたくて、こうやってるんだよ!
というのが伝わって来るベーシスト。
プレイヤー同士は会話。コミュニケーションで、
「これどう?こんなのはどう?これいいよね、みんなも楽しんでる?」

ん???こういうノリの彼、もう一人いる・・・。思い当たる。

笑顔がまたいつもよくて、一度微笑まれたら、忘れないと思いますね。
みんな楽しんでる?って常に振って行く人です。

JINOくんのインタビューも面白かった。
「親父は何で楽器を買ってくれないのかな、僕に音楽を教えてくれない
のかな?ってずっと思っていた」
教えてしまうと、与えてしまうと、自分でやろうとする、自分で楽しみを
みつけることを奪ってしまうから、だったのだとか。
後になって、JINOくんは気付いたそうです。ようやく最近
「一緒にやろうよ」と日野(Terumasa氏)さんから言われるように
なったのだとか。

ギターのマサ小浜さん。CDのクレジットではお名前をみつけますが、
初めて観て、ライブ演奏で聴きました。
JazzというよりはJimiを奏でた時はRockギタリスト。
この曲は「燃える曲」なので、当たり前ですね。
ストラト+Bad Catの組み合わせだったようです。
この後、家にあるCDから、久々に聴いたのがコチラ。
DOUBLE TROUBLEDOUBLE TROUBLE
(2008/11/05)
TETSUJINO

商品詳細を見る

プロデュース、作曲、アレンジ、ライブ、サポート・・・
マルチ・プレイヤーですが、個人的にはギタリストに近いベーシストだと
感じています。弾いてる時も顔が(!)ギタリストになってる。
関連記事

  1. 2010.04.02(金) _00:42:16
  2. 日野”JINO”賢二
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<Thrteen years | BLOG TOP | Ian Moore :Live From Austin>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。