ichiroさんにしかできないBlues

3月15日、ROCKAMENCOよりお知らせメール。

ROCKAMENCOから、ichiroさんが退く
という知らせを受けました。
翌日、ichiroさんと、残るメンバーさんからのコメントを拝見しました。
go!URL→→→ http://www.rockamenco.com/


こう書くと、事後解釈かもしれないですが、昨年の5月に、一度
ichiroさんの変化を感じていました。
1枚脱いだ、という感じがしたのです。変わろうとしてる気配のような
もの。脱がせたのは、Bluesに向かう火種だったのかな。
(Spiral Tree2009レポートに書いた記憶があります)

16日、ROCKAMENCOのオフィシャル内での「ご報告」の
書かれていない部分を読み落としてはいけないな、と思いました。
文面、行間を読み取った上で、私の想像や憶測で書くのはあまり
フェアじゃないのでそれは置いて。

1年8か月ぶりの全国ツアーVOLANDO終演後、名曲「花」に
ついて、一言KSKさんにお話をさせていただいた。
その時のKSKさんの表情と交わす言葉の中から私が感じたこと、
曲先だったというお話etc・・・総合してみると、
ichiroさんの気持ちは、じわじわと意志が強くなり、
よりビジョンがクリアになったこと、そして決意したのかなと
思っています。違っているかもしれませんが・・・。

全ては、ichiroさんのblogに書かれていることだろうと思います。
それは、決意表明。
+αの中には、これまで長く5年間ROCKAMENCOのリーダー、
プロデュース、曲とRec、ライブの総指揮監督兼選手、プロモーション
ファンクラブ設立、制作維持に至るまでの道のり、プロセス。
見えない努力、尽力は、私たちの想像を遥かに超えたものだったことでしょう。
目標やその道に、メンバーさんも真摯に向かってたのだと思います。
ギターだけに専念できれば、また少し違ったかもしれませんし、
音楽性のことなら、いずれはこの時期が来たかもしれません。

今思うと、ichiroさん在籍の、3つのバンドはそれぞれ違っていて、
切り替えもこなす。
Sonsのツアーをしながら、ROCKAMENCOのレコーディングと
並行していたとこともあったと思います。
ROCKAMENCOのファイナルの次がSonsのツアー初日ということも。

できる人は、100%以上のものを必ず出すのです。
毎回、全身全霊。少なくとも、私が参加したライブは全部そうでした。

ある時、気付いた。
チケット代金以上のものを作って見せて、聴かせること。
その働き、そのための準備に時間を割き、労力に骨を折り、どれだけ人に心を
砕いて来たかということを、この3年間遠くから見守って来たような気が
しています。
それでも、いや~全然そうでもないよ、と平気で言ってしまうんだなあ、
ichiroさんの潔さが。

選択の連続だったと思います。
これからも、道は1本と決めても、きっとそう。

ROCKAMENCOで創ったもの、行いは、いろいろな場所と形になって
残っています。曲、残るメンバーさんへ蒔いた種、ファンの皆さん。
使っていない筋肉や脳みそのしわが増えてるはず。
そして、何よりも、腕。
昨秋、石やんが褒めていらっしゃったんですよ、「ichiroは腕を上げた」と。
RockamencoRockamenco
(2006/07/05)
Rockamenco

商品詳細を見る

MorenaMorena
(2007/05/09)
ROCKAMENCO

商品詳細を見る

ESPERANZAESPERANZA
(2008/01/30)
ROCKAMENCO

商品詳細を見る

PASIONPASION
(2008/02/13)
Rockamenco

商品詳細を見る

Viva AmorViva Amor
(2009/04/22)
ROCKAMENCO

商品詳細を見る

たくさんの音楽を届けてもらえたことが光栄です。
これまでに無かったものを、これだけ作ったこと、
堂々と称えましょう!ステキです。

ROCKAMENCOの今後も見守って行きます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ichiroさんのblogでの、最後の2行。
私は心動かされました。これからもきっと、続きます。
なぜ、Bluesか?というのはこの2行に凝縮されてます。
そして、それはichiroさんご自身に向けている言葉でもあるかな。

ichiroさんは、長旅から戻り、戻る場所、原点。Homeへ。
Homeでまた会いましょう。
Bluesの旅。
地図には、Blues~Blues Rock~Blues Funk
まで描かれてあるかな。

どこへ行っても、いつでも。両手をひろげて私たちは待っています。
関連記事

Tag  ichiro ROCKAMENCO

6 Comments

ムーミン  

Nativeなbluesを

なんだか、愛しいですね。
スノちゃんのここも、ichiroさんの言葉も。

おめでとう、ichiroさん!と言いたくなるな^^空気、読めてないかな?(笑)。

☆ichiroさんにしかできないblues♪
海を超えたichiroさん、観て聴いてみたいね♪スノちゃん!

そして、ROCKAMENCOにもROCKAMENCOにしかできない音♪だね、これからも!

2010/03/20 (Sat) 10:46 | EDIT | REPLY |   

スノードロップ  

自らの内部に深く浸透する時

ムーちゃん

どうもありがとうねっ!
ムーちゃんだから、書いてみるね。
私の感じたイメージは、
今まで外に向かっていた好奇心が、本来のミッションによって方向を変えて
内部に深く浸透した、そんな気がしたの。

大人の男の人の完成度は、多分ここにありそうなんだよね。
ここで、どなたかにコメントで出てきていただいて、
そうだ~そうかもしれないな~って思う人がいてくれたら、面白いよね。

それはさておき。
なんだか愛しいですね、と感じてもらえたことが嬉しかったなあ。ありがたいです。
書くという事は、私の中にも刻んで行くことでもあるので、
誇張した書き方や、心にもないことは書けないなと思っています。
ex.好き、と簡単に、安く言わない表現方法とかね!

言葉と行動が伴うことをしていたいなあ。言葉よりも行動かな~。

おめでとう、というムーちゃんの気持ちは、
決断したことと、新しい門出に祝福だね、きっと。

海を渡ることは応援&歓迎!
これを機会にセドナ経由して旅しようかしら?(笑)
日本で出すサウンドとは違いがあるはず。
海の向こうの人々は、本場で勝負だろうし、
ノリも受け皿も喜び方も上等ですよね。
気持ちだけでも、私も学びたいのよ~。

ROCKAMENCOには名曲があるよね。
これからも繋いでくれると思います!

2010/03/21 (Sun) 01:29 | EDIT | REPLY |   

ムーミン  

♪Blues KidsはMission†

スノちゃんだから、またまたコメントしにお邪魔しMax!

スノちゃんの感じたミッション(捉え方)、想い、OKですよー!

方向を変えて、、、変えられて、
運ばれたのと選ぶのとがピッタリしっくり来たのかなー、ichiroさん。

本質見ていたいし、リアルに伝わってくるよね。
いつもその時々のバンドやサポートで
それぞれを見せ(魅せ)続け、与え続けてくれたichiroさん。

私は、時に叶って美しいという言葉が好きなんだけど、そんな想いも込めて、
ファンとしては、新しい門出に更なる魂の輝きにおめでとう!という気持ちだし、やっぱり嬉しいよね(^_^)♪

>大人の男の人の完成度は、多分ここにありそうなんだよね。
ホント、どなたか、語って教えて~(笑)。

>ex.好き、と簡単に、安く言わない表現方法とかね!
スノちゃんらしいです、とっても!
簡単に言わないだけに愛しくもあるし、やっぱり何よりも、エールを贈っているスノちゃんをここでいつも感じていたので、今回はより一層!私もなんだか愛おしい気持ちになりました。
(♪海を渡る件は、特にね☆)

>言葉と行動が伴うことをしていたいなあ。言葉よりも行動かな~。
これもねー、本当だね。自分の魂と現実が一致していたいのだけど、未だ、ぐるぐるしっぱなしの私です(苦笑)。

スノちゃん、セドナ経由の旅、yeah~!アリゾナとテキサス、南部はだいぶ離れてるのかい?私も地図を広げて見てみっよかなー(笑 )。

>気持ちだけでも、私も学びたいのよ~。
そんなスノちゃんもステキ!
旅も学びも時に叶い、美しいであろう事を応援してますぜ!

ROCKAMENCOのichiroさんのステージを観に行けなかったけど、もちろん名曲はこれからも!いつか出かけたいと思ってます♪ROCKAMENCO!

2010/03/22 (Mon) 21:42 | EDIT | REPLY |   

べた  

Rebornなんですよね!

 こんばんは!

私はファンクラブに入ってなくて、今回の第一報は、
いつも一緒にライブに行く友人からのメールでした。
まさに、寝耳に水。
「マジかよ~~!!」って感じでした。

3つのバンドを掛け持ちされてることを、
単純に「凄いな・・・」と感じてはいました。
スノーさんも書かれてるとおり、通常では考えられないような
スケジュールで、事実上並行されてることもしばしばだったし。

 でも、その裏では当然、相当な苦労や努力があったはず。
そこに、最近は「葛藤」の2文字が加わったのかなと・・・

でも、ichiroさん、メンバーの皆さんが下された決断。
一ファンとして尊重し受け入れたいと思います。
全ては次へ進むための新しい一歩。

私もずっと両手を広げて、両目と両耳も全開にして待ってます!

『L and R』 の 『R』 の想いを抱き続けながら・・・

2010/03/22 (Mon) 22:02 | EDIT | REPLY |   

スノードロップ  

新しい。そして魂の輝きに向かって。

ムーミンさん

welcome~何度でも!嬉しいです。
美しい友、仲間に感謝していますよ。ありがとう!
言葉と行動を一致させる、近づけることは
私も課題で、ぐるぐるぐるるるる・・・しています。

来る時に、行く時に、その時こそが機会。

願ってやまないこの気持ちに、そっと寄り添ってもらえてよかったです。
Thanks.ムーちゃん。
一緒に地図を広げてみるかーい?with smile!

近くでROCKAMENCOがライブをする時は
応援よろしくね。
ソングライター、シンガー、プレイヤー、
エンターテイナーが揃っているから、楽しめると思うので、要チェックねっ。

2010/03/23 (Tue) 01:42 | EDIT | REPLY |   

スノードロップ  

Rebornですね。

べたさん

Re:ですね。
驚いた方が多かったのではないかと思いますね。

ほんの一瞬の、些細なことでしたが、
少しずつ私は何かを感じ取っていました。
これまでの働き、作用も大きく感じ、敬う気持ちと感謝の気持ちが更に強くなっていました。

見えない面に関しては、現実との矛盾に向き合っていたのかもしれませんし、
ひとつの身体でできることとの葛藤も
あったかもしれません。

敢えて言わないところにも、さまざまな配慮や
想いがあるのだと思いました。
一丸となってやって来たところは、形となってみなさんの胸に残っているのだと思います。
それぞれが、これからも続きますしね!
より深みは増すことでしょう。

良かったです。
一緒に両手を広げて、待っていますよー
という方が、ここに表れて、そして書き込みを
してくださって。
それが、べたさんだということも、私は嬉しかったです。ありがとうございます!

両目、両耳、両手・・・
ハートも全開で行きましょうねっ。

ichiroさんがいちばん立ちたいステージで
懸命にやっている姿を観たいですものね。

確実に記憶に残る人、ichiroさんですから。

2010/03/23 (Tue) 02:13 | EDIT | REPLY |   

Post a comment