スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Talking about・・・ Vol.1

音楽雑誌:「We ROCK」を眺めていたところ、
ichiroさんのことについて語られている記事を発見。
We ROCK ( ウィ・ロック ) 2010年 03月号 [雑誌]We ROCK ( ウィ・ロック ) 2010年 03月号 [雑誌]
(2010/02/13)
不明

商品詳細を見る

サウンド・デザイナーさんから出ていた雑誌だったのですね。
表紙の人、沢田泰司さんがこれまでを振り返っている特集の中で、
以前のインタビュー記事が貼ってあり、細かい文字の中から偶然みつけました。

ダーティ・トラッシュロードで、ichiroさんを起用した理由は?
*この時、ユカイくんのサポート・ギタリストと紹介されてました。
ジャンルとか、普段やってることが違うタイプのプレイヤーを起用した
理由を尋ねている場面です。以下、「We ROCK」から要約・引用します。
続きは書店にてどうぞ。<続きを読む>をクリック↓
TAIJIさん:70年代の感じにしたくて、ブルーズも好きで、
スライドギターが欲しかったんだよね。
それで、ichiroがいいなと思ったんだよ。
「BE FREE」って曲があって、ichiroも気に入って
くれた。(中略)
若いのに、落ち着いてるんだよね。


最後の一行が、微笑ましくもあり、沢田さんの「人を見るまなざし」を
伺い知ることができました。
褒めていらっしゃるんですよ、落ち着いてるという意味は。
やはりそうだったのね、当時からね!と、思いました。
沢田さんの話す、「落ち着いてる」というのは、プレイ自体のことも
含めてなのかな。
ichiroさんの行動と雰囲気、話す内容のこともあると思いました。
頭と心をすごく使ってる人というのがまずあって、達観してるというか、
見据えてるという感じ。子ども時代か若い時に苦労してて、どこかで心を
砕かないと、「落ち着き」って内面から出ないと思うのです。
これは、方法を探って確かめたり、分析したりして「確信して行く人」
にしか出ないと思いますね。
いろいろな要素を既に持ってる人、知っている人は、何事が起ころうとも、
うろたえないし、対処できる能力と経験知(値)がある。

宮原学くんとichiroさんとの楽屋ショットを観た時も、
田村直美さんのRec風景を観た時も、同じことを感じました。私の
知っている、見ているichiroさんは、まだわずかな時間なので
ほんの一部にすぎませんが、印象が同じで、変わりません。
CIMG3733.jpg
久しぶりにこの2枚を取り出して聴きました。

ichiroさんは、このアルバムの中でブルース・ハープも
担当してますが、私はまだ見たことがありません。
ブルーズ、カントリーといえばBlues Harp!
観たいし、聴きたいですね。

・・・<Vol.2へと続く>・・・
関連記事

Tag  ichiro

- 2 Comments

ha~ha  

泰司は昔かなり好きでXの1stやラウドネスに加入の作品は聴いてたんですが、DTRには興味がなかったのでichiroさんが参加してたのは全くノーマークでした。泰司はXの最初の頃、PATAよりHIDEよりもいいギターを弾くということで、その事や若気の至りが災いしてチームとしてギクシャクが...。

タッカンを師と仰ぐ彼がichiroさんに声をかけたっていうのは意外ですわ~。その時の音はHR/HMではなくロックンロール&Bluesなんですか?そういう意外性もまた素晴らしいですね。泰司もランブリングな人生を歩まれて、大変だなぁと思うけど...。ichiroさんは核はぶれずに確実に幅を広げていますね。

それにしてもその雑誌、ジミーとサイファもまた興味がありますね。ご両人ともKKにご縁がある方々。

2010/02/20 (Sat) 23:47 | EDIT | REPLY |   

スノードロップ  

Reverberation

>ha~haさん

ha~haさんと知り合った時に、驚いたことがたくさんあり、今もその感じがずっと続いてます。
沢田さんの音楽も好きで、聴いてた時期があって、ランブリングな人生まで。
そして日本の、海外の音楽についてジャンルを問わず語れるのは
ha~haさんだからこそだと思います。
よかったです、本当に。いつもありがとうございます!

まず、沢田さんについてですが、タッカンさんこと高崎さんを師と仰いでた点。
いいギターを弾くということで、バンド内で
のことなど、人と人が音を奏でることで切磋琢磨しあうこと。
楽器で会話すると、音と音がぶつかり合って、ケンカしてるのがわかる人とか、
問いかけてるとか、好きな人同士かまでわかることがありますよね。
想像もあるかもしれないけど、感覚的なものかな。

ichiroさんを知った時、Blues Rockギタリストというのがいちばん最初にあって、
遡って辿って行ったところに、過去のWorksで意外な発見がたくさんあり、驚きました。
これまでその一部しか紹介しきれていませんが、ルークさんのサポートや、Ziggyのサポートをしてたというのが意外でした。

ROCKAMENCOも、ジビエでも、たくさんの幅を広げていますが、
根幹はBlues Rock!

DTRでは、マンドリン、12弦、ブルースハープ、ヴォーカルに至るまでサポートしてます。
サウンドはアメリカと、ハードロックと残響のイメージがあります。

タッカンさんとichiroさんも繋がりがあります。
ルークさんもかもしれませんが、ギターの達人さんで
荒木一三さん(キラーでおなじみ、ケンタくんもお世話になってますね)が共通人物の一人でもあるのかなあ。

Jimmyちゃんと瀧川さんね!(笑)
JimmyちゃんはSonsのロジャーさんとも繋がりがありますね。
瀧川さんのwikiを読みましたが、心ないファンの・・・という件で一瞬凍りそうになりました。
ギターを置いてしまうほどの何かがあった。
書くことも、発言することも、応援することも考えることがたくさんありますね。
人と人との間で。
瀧川さんは学年でいうと(!?)67年組ですね。30代のギタリストだとずっと思っていました。ケンタくんとも知り合いですよね。

次のTalking about・・・は、ベンジーさんからですー。

2010/02/21 (Sun) 14:16 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。