スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Valleys Of Neptune &光と影

Jimi Hendrix 
これから発売されるDiscと本が気になりますね。
ヴァレーズ・オブ・ネプチューンヴァレーズ・オブ・ネプチューン
(2010/03/10)
ジミ・ヘンドリックス

商品詳細を見る

国内盤は2010年より、Sonyより発売されます。
解説、歌詞、対訳が付いてるので、国内盤も魅力的ではありますね。
まだ迷っていますが、輸入盤を買う予定。
ジミ・ヘンドリックスとアメリカの光と影 -ブラック・ミュージック&ポップ・カルチャー・レヴォリューションジミ・ヘンドリックスとアメリカの光と影 -ブラック・ミュージック&ポップ・カルチャー・レヴォリューション
(2010/01/26)
チャールズ・シャー・マリー

商品詳細を見る

こちらは今月発売予定の本。目を通したいです。

ジミ・ヘンドリックス、その魂と音楽の再発見

この紹介文だけで、読みたくなりました。

それと、更に今後深めて行きますね。音楽の旅。
一緒に旅してくれる方、Oh~ついて行くよ!という方、
Yeah~~!先導するよー、という方を大募集いたします。(笑)

この先、旅先のどこかで会いましょう。
関連記事

- 6 Comments

L-Lion  

ついて行きます!

…先導しろって?(笑)

ジミの未発表曲集。
概要を読んだら、アルバムタイトル曲がずっと探されていたものなんだってね。
興味あるなぁ^^
ジミはね、ものすごーく聴きたくなるときがあって。
そろそろ聴こうかな~なんて思ってたんだ。

あ、先日某バンド(笑)のスタジオ練習でメンバーが聴き覚えのあるフレーズを。
ジミの「Hey Joe」でした。
あのイントロだけでス~っと世界に入り込めるから不思議だよね^^

2010/01/19 (Tue) 10:38 | EDIT | REPLY |   

スノードロップ  

Yes!先導してください~!(笑)

L-Lion さん

もっちろんです!
先導してくださいませ~~(笑)
ついて行きますとは言わせませんっ。
Come Ooooooon!!
って言ってくださいなー。頼もしいねー。

権利関係もやっと確立したそうなので、
ザクザク出るかもしれないよね。
私、Jimiが好きだよー。
ワウワウした感じとか、ノイジーなところとか、
いたずらっぽいところとか、宇宙天才的な
ところとか。
何よりも曲が、ギターが、発言も含め、
生き方(音楽への向かい方)も。
好きなんだよね。
いちばんは、ジミヘン・コードだよ!!
脳内がひっくり返るほど、いいものが
出て来るんだよね。(←怪しいって!?)
日本人プレイヤーでも、ジミヘンコードを
ギャーン!って出て来た瞬間、
もう、それだけで虜ですわよ。

「Hey Joe」いいなー聴きたいな。

イントロだけでス~っとね。
そうそう!ホントにそうだよね。
Jimiの曲をカヴァーしてる人もたくさんいるけど、
現代の空に放つ音も素晴らしいよね。
たまりませ~~んねっ。

では、ご一緒に旅しましょ。

Jimiには会えたかい?

を、合言葉にね!

2010/01/19 (Tue) 10:54 | EDIT | REPLY |   

katsu  

ジミヘン

スノーさん

 ご無沙汰してます(^^ゞ

私はichiro氏と出会ってから、ジミヘンの存在を知りました(^^♪。

でも、今もジミヘン♪聞いたことがないんですが・・・

実はなんか聞きたくなってamazonで購入して
本日届きました~☆^^;。

そんなこんなでジミヘン聞いてみますね。

2010/01/19 (Tue) 19:56 | REPLY |   

スノードロップ  

徹底的に愛するか、全く聴かないか。

katsuさん

ご無沙汰しています~。
改めまして、2010年もどうぞよろしくお願いします。

ジミヘンを聴いてないのは、意外な感じがしましたが、
ichiroさんがきっかけになってる
とのこと。
それは私も嬉しいです♪

スティーヴィー・レイ・ヴォーンも私、
最初はね、うーん・・・だったんですよ。
ギターは好きで、いいなと思ったので、
自分で買ったのですが、
好きか?と訊かれて、即答はできなかった
んですけど、今はとても好きです。
聴いてるうちに、どんどん好きになってました。
好きな人のルーツ、私は辿りたい派なのです。

ジミは、私は最初なんと、トライセラの
和田くんからだったんです。
そこにCharこと竹中尚人さんが
加わりまして。
Mr.70’s・・・というアルバムに
酔ってしまいました。
そしてichiroさんを知りました。

全ては、あのジミヘン・コードの
せいだわっ!!
偉大なコードネームでございます。

それと、ぐるんぐるんなリフ!
ロックもブルースロックも、リフ。

人によっては、「みょーん」とした
何これ?というサイケデリックな
感じですが、
よーくよーく、ブルースロックを
聴いてみると、あの曲もこの曲も
ジミヘンコードが入ってて、
そこに撃たれてファンになってるんですよね。いつの間にか。

ですが、前にギタリストの方で、
いらっしゃいましたよ。
SRVとクラプトンは好きだけど、
ジミヘンはマニアックかつ、トリッキーなので実はあまり好きじゃないんだよ、
って方が。(笑)それぞれの好みですよね。

katsuさんが選んだアルバムは、
アクシスでしょうか?何かなあ・・・?

判断として、ジワジワというよりは、
一発弾丸撃ち込まれるような感じですね。
脳内麻薬が出るか、否か。
私のジャッジメントするポイントは、そこです。

2010/01/20 (Wed) 01:25 | EDIT | REPLY |   

Zie  

先導はできませんが

旅の途中、どこかでお会いできたら嬉しく思います。

JIMIの新譜(?)ですか?

恥ずかしながら、私知らなかったのですが、JIMIとなれば当然のごとく興味が湧いてきますね~。

私も是非聴いてみたいと思います。
そして、共有することができたら、これについてまたどこかで合流してお話できるといいですね。

2010/01/23 (Sat) 23:41 | REPLY |   

スノードロップ  

再発売もありますよー。

Zieさん

旅の途中で、きっとどこかでお会いできますね!

合言葉は、「Jimiには会えたかい?」

Zieさん、ぜひお先に~~どうぞ。
音楽旅の列車の中、駅で待ってるところで、
その街で、立ち食いそばを食べてるところで(笑)
きっとお会いできますよね。

Jimiの音源、権利関係が整って、
世に出ますよ~というのを
待ってた人がたくさんいるのでしょうね。

Jimiはどこまで出したかったか?は
分かりませんが、聴いてみたいですよね。

アルバム・ジャケットが個人的には
デザインと色が気に入ってます。
実際手に取ってみての感想もまたここで
「旅の手帖」「旅の記録」として
書きますね。

Zieさんも、よかったら聴いてみてくださいね。
旅の途中で、合流して、お酒を飲みながら
お話できそうですね~。

2010/01/24 (Sun) 01:54 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。