ichiroさんを中心円にして綴るブログ

Vintage Blue Sky

.

原田喧太くんとMarshall

Marshall blog(マーシャル・ブログ)にて、
原田喧太くんのライブ・レポート掲載中。

go!URL→→ http://blog.marshallamps.jp/blog/2009/12/post-e9da.html

掲載中のライブ写真で、喧太くんがストラト?!珍しい、カラーもね、とロゴを
見ると。。。。「!!」マークが見えたので気持ちも「!!」となりました。

大阪のGUITAR TRIBEさんのギター。

喧太くんのオフィシャルに久々に立ち寄ったところ、やはりそうでした。

今後、詳細が明らかになるかもしれませんね。どんな経緯で?など。
12月下旬に、ギターのWebサイトがOpen予定とのこと。

PreciousPrecious
(1995/05/24)
原田喧太

商品詳細を見る

90年代のアルバムです。
喧太くんとの音的な出会いは、ここで語るよりも、「空の色」ブログの読者のみなさん
には察していただくことにして、敢えてここでは説明不要と思います。

私の持ってるイメージはずっと、<ハードロックな喧太>くん。
このアルバムもそうで、リフものもあり、マイケル・シェンカー世代の香りがします。
ヴォーカルも、声もよく、実際のステージでは、ギターと声でハモってるところから
接して来てるので、耳にも目にも長年に渡って馴染んでいるギタリストのひとり。

喧太くんとは、直接お会いする機会がなく、5月に鮫島さんとジョニーさんと
松本まで来ていただいてたのに、その日は伺えなかったのでした。

「夜明け前」一度は飲まないとですね。

MarshallのMODE FOURのアーティストになっていた時、
モード・フォーをバックに、喧太くんが写っている、直筆サイン入り
ポスター・プレゼント企画がありまして。
これはマーシャルさんではなく、アクセルさん(社長はkojiくん)
企画での当選者10名という、狭き門、確率的にも当たりにくいプレゼント
だったと思います。
コメント欄があって、「あんなことやらそんなこと」?!を綴り、
送信しました。

結果は・・・???
機会をみつけて、宮原くんのポスターと一緒にここに掲載するとしますか。
フレームに入れてるので、反射して上手く撮れないのです。

喧太くんは、昨年くらいから、鮫島さんやジョニーさん、そして
ichiroさんともjam×3してるので、今後も時々あるかもしれません。

ステージでも、華のあるプレイヤーです。
もしかしたら来年2月@武道館で再会できるかもしれませんね。

20thの時、私は目の前にマーシャル4台並んでたのを至近距離で聴いた
ものの、4台一度に全部鳴らしてた訳ではないので、耳は大丈夫でした。
喧太くんも、マーシャルを4台並べると「壮観」と書いてた記憶があります。
関連記事

  1. 2009.12.12(土) _01:53:35
  2. Nice!ギタリスト
  3.  コメント:2
  4. [ edit ]

<<Char Beer CM出演とGALANTE | BLOG TOP | The Neville Brothers>>

comment

No title

  1. 2009/12/12(土) 12:10:53 
  2. URL 
  3. ha~ha 
  4. [ 編集 ] 
そうそう、私もマーシャルブログ見ましたわ!
ケンタ氏、新しい音源良いっぽいですよね。製作途中でアップしてたのちょっと聴いてました。ケンタ氏はもう15年くらい前ですが、bon jovi at tokyo domeに行ったら同じ列にいたのでちょっとお話してサインしてもらったり、これも結構前ですが、下北の小さいバーでアコースティックライブにお邪魔したりしました。ケンタ氏はギターもですが声がいいですね。
キッカワバンドを離れていろいろ武者修行してるみたいだから、またどっかでやってほしいですね。なんかキッカワ氏とケンタ氏はオジーとザックワイルドの関係を見てるみたいでどこか微笑ましいです。師弟関係みたいな。

人は晃司くんと呼ぶ。

  1. 2009/12/13(日) 02:32:27 
  2. URL 
  3. スノードロップ 
  4. [ 編集 ] 
>ha~haさん

Oh~~マーシャル・ブログ、ご覧になってたのですねー!
ケンタくんと同じ列でとは、それは驚きますよね。
東京ならでは、という出来事ですが、
ha~haさんはドームで元サニクルのメンバーさんに偶然とは
いえ、凄い出会いですよね。
あと、小池さんですよ。(笑)
もしかして、ヒロミチさんともお会いしてます?
武道館で私は麿さんと同じ列だったことがありましたが、
ドラムサークルでお会いした後でした。
師弟関係、横の繋がり、長い間サポートして来て、
公私ともに友人です、とケンタくんは書いてますね。
いろんな面を一緒に観て聴いて来たでしょうに、
お互いに距離感が程良くて、素敵ですね。

ケンタくんは、声がいいですよね。
透明感もあるし、晃司くんとケンタくんの声とギターの
ハーモニーが私はいちばん好きです。
力量が分かってるからこそ、敢えて外に向いて
もらいたいんでしょうね。
ちょっと来てくれる?って連絡して、パッと弾けるし、
曲が分かるのはケンタくんでしょう。
瀧川さんも隠れファンだったそうなので(?!)
オレでも忘れてた曲を、彼は知ってたと話してましたが、
やっぱりここ一番はケンタくんですよね。

武道館の瀧川氏とのアコギコーナーで、思ったんです。
一緒にやって来た人の呼吸って大事なんだなーって。
フィーリングは男女のような、夫婦のような、ソウルメイトの
ようなね。

ケンタくん、次回はステージかな、客席かな。
気になりますよね。
私はステージへゲストでカモーーーン!ってお呼びしたいです。
師弟関係なところも、フレンドなところも、ファミリーなところも
全部有る気がします。

ケンタくんのライブも近くまで来てくれたら、今度こそは伺いたい
です。



 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP