スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜田麻里 New Album情報

2010年2月17日リリース予定:浜田麻里ちゃんのアルバム。
タイトルはまだ決まっていないそうですが、参加ミュージシャンの
豪華なこと!

*** 参加ミュージシャン ***

☆Guitar:高崎晃、Michael Landau、Michael Thompson、
増崎孝司、大槻啓之

☆Drums:Gregg Bissonette、本間大嗣、宮脇"Joe"知史
☆Bass:Leland Sklar、寺沢功一、満園庄太郎
☆Keyboard:Jeff Babko、増田隆宣
☆Mix Engineer:Bill Drescher

ツアーも予定しているのだとか。

高崎晃さんとは!ハード・ロッキンなギターが浮かびますが、
麻里ちゃんだからこそ、参加して弾いてくださるような気がします。

ギタリストのチョーキング・ヴィブラートと、麻里ちゃんご自身の声、
ヴォーカルとの相性があるようです。

最近、麻里ちゃんの過去のアルバムを聴く度に、アメリカの息吹を
感じます。
それは、前からあったのですが、私の感じ取り方が、当時は足りて
なかったんだと思います。

写真からも、カラーも、香りも・・・イーグルな感じも、ファッションも。
サウンドはもちろんね。(LA)ロスでRecし、向こうのミュージシャンとは
長いお付き合い。
25th Anniversary Tour “On The Wing” in Tokyo [DVD]25th Anniversary Tour “On The Wing” in Tokyo [DVD]
(2009/04/15)
浜田麻里

商品詳細を見る

↑Joeさんは、このDVDに映ってます。
Reflection-axiom of the two wings-Reflection-axiom of the two wings-
(2008/07/23)
浜田麻里

商品詳細を見る

↑こちらは、Sonsのロジャー高橋さんも参加してます。B’zの松本さんも。
10096265417_s.jpg
↑配信限定シングル:「EAGLE」。このジャケットを観た時、
何かピン!と来るものがありました。
BlancheBlanche
(2000/02/23)
浜田麻里

商品詳細を見る

LOVE NEVER TURNS AGAINST(紙ジャケット仕様)LOVE NEVER TURNS AGAINST(紙ジャケット仕様)
(2008/10/22)
浜田麻里

商品詳細を見る

20年程前に、このアルバムから聴き始めて、何度かライブに行って。
2008年、16年ぶりに再びライブ参加しましたが、
今思うと何かが繋がってるんですよ。また次も楽しみに待ってます。
声やヴォーカルも好きですが、前から「歌詞」が良くて。

素敵な言葉を持つ人に、いいサウンドがプラスされ、よい声とのハーモニー。

浜田麻里ちゃんに、「和」の心と、アメリカのサウンド(方向はLA)を感じます。
関連記事

Tag  浜田麻里

- 2 Comments

L-Lion  

楽しみだね

HR好きなオレも日本の…となると全く詳しくなくて。
LOUDNESSも世代的には通っていてもおかしくないんだけど、ね。

そんな中、麻里ちゃんは聴いていたなぁ。
ルックスから入ったところは否めないけど(笑)、歌声を聴いて更にビックリ!みたいな?
メタル寄りから次第に方向性が変わって、普通ならもっと批判も大きかっただろうけど彼女の実力がそうさせなかったよね。
離れていったファンより、継続&新規のファンの力が後押しした結果だとも思うし。
音作りや歌詞・そして歌にパワーがあれば、時代に流されず続けていけるんだよね。

新譜、楽しみだなぁ^^

2009/12/07 (Mon) 09:16 | EDIT | REPLY |   

スノードロップ  

ラウドネス~ハードロック

>L-Lionさん

楽しみでしょう~?L-LionさんはHR好きとのことですが、
ラウドネスは通らずにいたのね。
私も麻里ちゃんは、ハードロック、ロックになってから聴き始めて。
メタルの頃は名前は知っていたものの、別な世界という感じが
ありましたよ。当時は。

「CALL MY LUCK」という曲が好きで、そこから入ってて、
その前に地元のイヴェンターさんの招待でライブが先だったかも。

ずっとギターがいいな~って思ってたら、それがあのマイケル・ランドゥ
だったのよね。

ラウドネスは、タッカンさんこと高崎晃氏が今回は弾いてるみたい。
前から長年の友、戦友なんだろうね。
ラウドネスは、1枚だけ聴いたことがあるよ。
日本で放送された、ライブエイドに、元春(SHAMEを歌った)、
矢沢さん、ラウドネスもTVに出たんだけど、覚えてる人がいるかなー?

L-Lionさんが書いてくれたこと、その通りだと思います。
方向を変えようとしたり、変わった時に、ファンがその足を止めちゃ
いけないと思うのね。
もっとよくなる!って信じてるからね、私は。(笑)

歌詞がホント、いいよー。哲学的。
異国情緒漂いつつ、和の心があるから、言葉と音と格闘して来た人
だと思うの。

麻里ちゃんのようなシンガー、ヴォーカリストってほとんどいない
でしょ?貴重だよね。

新しいアルバムが出たら、ぜひ聴いてみてね。

2009/12/08 (Tue) 00:55 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。