NEW MASTER SOUNDS 

昨年くらいに、一時ジャズ・ファンクをたくさん聴いた時期があって、その時探し出したもの。
エディー・ロバーツというギタリストのバンド。
レコメンド文がやたら褒め褒めワード満載だったので、ギタリストの褒め褒めに弱い私は、
聴いてみることにした。
インスト・ファンク・バンド。
ディス・イズ・ワット・ウィー・ドゥディス・イズ・ワット・ウィー・ドゥ
(2005/04/15)
ザ・ニュー・マスター・サウンズ

商品詳細を見る

1. Zambezi
2. All I Want (Right Now)
3. The Tin Drum
4. You Got It All
5. Land Of Nod
6. Ain't No Telling
7. The Minx
8. Afternoon at Gigi's
9. Pure
10. La Cova
11. Baby Bouncer
12. The Vandenburg Suite
13. Butter For Yo' Popcorn (bonus track for Japan)

蓋を開けてみて、驚き。フタなんてないんだろうけど、ダニー・ハサウェイのカヴァーで
スタート。
ジャズとファンクとギターのワウ。

2曲目もラテンのカラーが入ったファンク。

夏の音楽としても一緒に連れ出したい。

Jimi Hendrixのカヴァーもありで、これが私の好き度を一気に上げてくれたのだ。
<Ain’t No Telling>

ジャズとファンクと来たら、オルガンとの絡みを想像する人も多いと思うけれど、
懐かしい音だな、って思っていたら・・・
ミーターズも好きなのだそう。ファンク好きの人を辿ると、ほとんどの人がミーターズ!
って答えるくらい、今でも影響がある。

ミーターズには、私が聴いている日本のギタリストからも、人気、好感度共に
高いんじゃないのかな。

ひゃーーっ、どこへ行くの???と、思ってしまうほどの気持ちよさと潔さ。

オルガンとギター、ファンクの組み合わせも大好き。

M-5で、「あいうえおぬまようすけ」くんな感じがしたのですが、
それはエディ・ロバーツがグラント・グリーンから影響を受けてるからだ、ということです。
音楽の感じ取り方、受け止め方が逆になってしまった。
ようすけくんも、エディ・ロバーツも、グラント・グリーンから影響を受けてるからなんだね。
関連記事

4 Comments

LUNATIC LION  

今、復習しながら書いてます(笑)

このアルバムと「102%」の2枚を、以前レンタルで。
お店での宣伝文句がそれはそれは結構な「褒め褒め」で(笑)
迷いながら数回通り過ぎた後、手にしてしまいました^^
(DannyとJimiじゃ、ねぇ?笑)
実はその後深く聴き込んでない(あらら)ので、コメント出来るような状態では…。
「知ってますよ!聴きましたよ!」のご報告としてお許しくださいませ。
雰囲気としては「懐かしさ」を感じたりして。
(あ、スノーさんも同じ風に?^^)
あと、CD評とかには「超ど級のファンク」と形容されていたけど、どちらかと言うとサラッと感・爽やか感を覚えるのは自分だけでしょうか?^^;
(こんなにキレイなJimiは聴いたことがないかも?みたいな)
で、CDもいいけど生で聴いた方が数倍気持ちいいんだろうな、とも。
一杯やりながら「イエ~イ!」とか言いながら(笑)
どの曲も聴き易いんだけど、一曲を挙げるとすれば5曲目「Land Of Nod」が好きかな。
薄いコメ(そんな表現あります?)でゴメンナサイ!
それではまた♪

2009/06/19 (Fri) 23:38 | EDIT | REPLY |   

ha~ha  

They were at FRF08

彼らは昨年FUJIに来てましたよー。
観たかったんですけど、Bootsy Collins Tribute to the Godfather of Soulと被ってたので断念しました。
結構TSUTAYAとか押してたから、浸透度日本でも高いですよね。僕も印象はお洒落かなーって思ったんです。サラっとしてて聴きやすいです。LUNATIC LIONさんと同じ意見。ちょっと物足りないかなって思っちゃって。Bakerも好きでしたよね。Bakerいけるならオススメはギャラクティックです!もっとネバりのあるファンクです。ギャラクティックをもうちょいオールドな雰囲気のファンクだと、ギャラクティックのドラマー、スタントンムーアのソロとかも素敵なGrooveです!
Funkyなのって結構難しいですよね。コテコテと中コテとコテってないじゃん!とかバネがある!ない!とかだと微妙な配分で印象がえらい違いますよね~。
でもFunkyはいっす!こういうエッセンス、なかなか日本人アーティストでは味わえないですねー。

2009/06/20 (Sat) 10:13 | EDIT | REPLY |   

スノードロップ  

同じく、2枚復習組です!

>LUNATIC LION さん
復習しながらコメントしてくださってたとのこと。
嬉しいです!聴き直すと発見があったりしますね。
2曲のカヴァーの件は、褒め褒めレコメンドの後で
知りました。
フタを開けてからおやっ?!という感覚で。
私も知ってて、聴いてみました~っていうエントリーです。
ラフに語れることもまたいいですよね。
ミーターズを意識するとこんな感じの懐かしい香りが
するのか、オルガンの音なのか、全体的にそのトーンに
こだわってるのか?未知の世界です。
ド級ファンクと聞くと、もっと黒い感じがしますよね。
レコメンド文の多くは、レコ社やアーティスト・サイドから
概要が上がって来ることが多いそうなので、まんまと
うふふ~聴かされちゃいましたね。(笑)
私はこのちょっと爽やかな感じのするファンクも
好きですよ~。
カヴァーでのJimiは、あまりキレイにすると別の曲に
聴こえちゃったりしてね!
濃いコメントですよ!なかなかこのアルバムも含め、
ここで書いてることに付いて来てくれる方がいなくて。(笑)
へぇ~とか、それ違うだろ~でも、リアクションが
あれば深くなるんですよね。
こんな風に、1枚のアルバムや曲のことで
そうそう!なんて会話できることの楽しさ。
またぜひ音楽話などでワイワイのイェーイェー!
やって行きましょうね。よろしくお願いしまーす

2009/06/20 (Sat) 17:21 | EDIT | REPLY |   

スノードロップ  

FUJI08!

>ha~haさん
おぉ~!FUJI08で登場してたのですね。
Bootsy Collinsといえば、さっきファンカデリックを聴いてましたよー。
ホッピーさんがオススメしてたので、聴いてみました。
ha~haさんもサラッとしてますね、というご意見。洒落てるとも。
黒~~い要素が少なめなのかもしれませんね、もしかすると。
コテコテ、中コテ、コテという表現の段階がオツですねぇ。
ナイスだわ!
ベイカー・ブラザーズ、ハイ、好きですよ♪
メモして探してみますね。グルーヴはベースとドラムも大切ですものね。ネバりファンク、ちょっと潜ってみたくなりました。
日本人のファンクだと、思い浮かぶ人が少ないですね。
リズムがキモでしょうし、ブラック・ミュージックが
ただ好きなだけでも近いカラーは出にくいでしょうし。。
ベーシストだとブイブイの人もいますが、バンドとなると
あまり浮かんで来ないですよねぇ。
カヴァーはあれど、本家に近いファンキーさって、
オリジナルでドンドンは、やはり難しいのかしら???
またいいバンドやアルバムのオススメなどがあったら、
ぜひぜひ教えてくださいねー。
毎回おっ!という感覚をサンキューです♪
R&Bはもっと聴き込んで行きたいジャンルです。
ミーターズもネヴィルも全然まだなので、追って行きたい
です。

2009/06/20 (Sat) 20:26 | EDIT | REPLY |   

Post a comment