スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Groove研究?!

Jazz・ギタリスト:小沼ようすけくんの素晴らしいGroove感を生で体験した後、いわゆるグルーヴ感について探ってみたいなと思っている。
ネットラジオのPandoraで今日もあれこれ聴いてみた。

小沼くんの愛聴盤から、Pandoraを開き、今日聴いたのがコレ!
ジャコ・パストリアスの肖像+2 ジャコ・パストリアスの肖像+2
ジャコ・パストリアス (2000/08/18)
ソニーミュージックエンタテインメント

この商品の詳細を見る

通称:ジャコパス。ベーシストさんは一度は聴いたことがあるかもしれない。
私は最近、小沼ようすけくん繋がりのTKY、Charや他ギタリストの繋がりで、日野賢二くんことジーノくん(ベーシスト)のCDをよく聴いている。
彼もジャコパスが好きだと思うなぁ。
初めて聴いてみたけれど、やはりグルーヴ感が凄くある。スピードとノリが上手く絡んでる感じ。
Imaginary Day Imaginary Day
Pat Metheny (1997/10/07)
Warner Bros.

この商品の詳細を見る

次はパット・メセニー。活動の幅が広く、いろんな名義でたくさんアルバムが出ている。
このアルバムの中の曲は、グルーヴというよりは、しっとり癒すようなタイプ。
パット・メセニーは、トライセラ(ドラム:吉田佳史)佳史さんも名盤アーティストとしてよく名前が挙がる。
そして、小沼くんも。小沼くんの愛聴盤は他のアルバムなので、Pandoraで出てきたり、新たに私がCDで聴いたら紹介したいと思う。

ギターという観点から、いろんなジャンルを聴き始めたけれど、少し前ならインストはここまで深く聴いてはいなかった。
好きなミュージシャンから紹介されて、これだけ奥深く音楽の森に入ると、もう戻れないかな。
Groove感は、ロックでもジャズでもあるものだけれど、音楽ファンとしていろんなミュージシャンを楽しんで聴いている人は、抜群のGroove感のセンスを持っている。

小沼ようすけくん、トライセラの和田さん、Char・・・
ブラック・ミュージックも通ってる人は特に、その辺りのセンス、エッセンスがキラリと光っている気がする。
関連記事

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。