Works Vol.1<DIRTY TRASHROAD&Acoustic>

マイブームのブルースロック・ギタリスト、ichiroさんの外仕事をシリーズ化。その第1回目。

ダーティ・トラッシュロードって知ってます?

今回の紹介はDIRTY TRASHROADというバンドがあって、この2枚をあらゆる場所で探して入手した2枚。
1994年作品で、今から12年以上も前の作品。
元X JAPANのTAIJIさんのバンド。
「アコースティック」ver.の方は完全限定盤。

全体を聴いた印象は、アメリカンな香りのするメタルに近いハードロック。
ヴォーカルもかなりハード。メタル好きな人だとすんなり入って行けるアルバムだと思う。

ichiroさんのお名前はSupported by:ichiroと記されている。
ギターはこのバンドメンバーでもあるFUJIMOTO TAIJI氏も弾いているが、ichiroさんもかなり関わっている。
E.guitar、Blues Harp、Backing vocals、Slide Guitar、12弦A.Guitar、Mandolinに至るまで。
多彩なichiroさんの活躍ぶりがこの1枚に収められている。

次にアコースティック・バージョンの方は、M-3のみの参加で、Slide Guitar&Harp。

ichiroさんの外仕事は、過去にいろいろある。
一番私が気になったのが、DIAMOND☆YUKAI=ユカイくんとのこと。
ユカイくんのヴォーカルが好きだったから、余計にichiroさんが気になってしまったんだと思う。
ichiroさんの音楽と今回出会ったこともあって、ユカイくんのCDを再び聴くきっかけをもらった。
こういう繋がりが私はいいなと思っている。ユカイくんのCDにはサポート頻度は少ないけれど、ツアー等ではお付き合いが一番長かったそうだ。
ichiroさんのソトシゴトはたくさんあって、なかなか集めるのは大変だけれど、ルーツは今後も辿りたい。
関連記事

0 Comments

Post a comment