スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな日はギター道

楽天BOOKSで吉川晃司くんのDVDを注文して、早々に発送されたらしく、メール連絡が来た。
ところが発売日前に到着してはいけないらしくて、16日朝、既にこちらへ到着してるのに、配達指定が掛かっていて17日しか届けられないとのこと。
なーんだぁ、早く持って来てくれればいいのに~。
晃司くん待ってるよ♪←ご本人が家にやって来る訳ではない。

こんな日は、ギターを弾いて待っていよう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先日、久々にギターお師匠さんと顔合わせ。年末年始は、全然自宅に居なかったので、YAMAHAのアコギでスケール練習していた。
あまりに弦高が高くて弾きにくいので、その話も。
するとお師匠さんが、
「弦高調整はここに出すと調整してくれるよ。ネック調整しないとダメかもしれないし。」

「ネック調整はしたんですけど、弦高を下げたいんです。郷里に置いてあるので、自分でやってみようと思うんですけど」

「まずブリッジピンを抜いて、白いサドルを抜いて、マーキングして、ヤスリで少しずつ削ってみてごらん」
「ただね、弾きにくいギターってのは本当は良くないんだよね。」

「やっぱりMartinですか?!(笑)」

「まぁ、そこまで言わないけれども。わはは。エレキからアコースティックへ移るのは難しいって一般に言われてるよね。
アコースティックからエレキは楽勝だけどね。やっぱりね、アコースティックはネックも太いし、どうしても弾きにくいよね。」


私のアコギは弾きにくいから不合格なんだろうな。それで1度挫折してるし(笑)
サドルをもう1個買って調整してみよう。
アコギ年齢はもう25歳を超えているはずだ。弦を張り替えて磨くくらいしか、手入れしていない。
いわゆる放置状態。
アコギの音は好きだけれど、今の住宅事情だと弾けない。
それと、2本目のギターはアンプに繋がなくても思ったより音が出る。
25歳のYAMAHAアコギくん

チョーキングは12月にOKをもらった。左手は家族が驚くほど動くようになったけれど、ピッキングが甘い。
いつも傍らに置いて弾いてる時間が無いと、上達しないのがギター道。

私もトライセラの和田さんが「無修正版・トライセラトップス」で話していたような、椅子が欲しいな。
ギターを弾く時のイスは一応あるんだけど、長時間用では無いから。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。