CLAYTONのピックとレモン・オイル

オイルはよく使う

最近使い始めたピックは、CLAYTON(クレイトン)の.72mm。
使い始めてから、ギターとの相性が良くなった。今まではFenderは良かったけれど、ESPとギブソンは合わなかった。
クレイトンを使ったら、今までの中ではこれが一番いいみたい。音がちゃんとハッキリ出る。

ピックやギター・ケアのお話の続きはREAD MOREをクリック。↓↓
ショップの人とあれこれ、ギターのこととか音楽のことを話すのだけれど、ピックは何が売れてるの?と聞くと、人気はクレイトンとのこと。
ただ口先で言うのではなくて、毎回ちゃんとした説明をしてくれるのがいいなぁと思うところ。いつもお付き合いありがとう。
クレイトンのピックを上から落として私に見せる。他のものとも比較してくれた。

「クレイトンのいいところは、落としてみると分かりますよ。落とした時の音、聴いてみてね」
・・・ホントだ!薄い貝みたいな感じの音。
「Fenderも売れてるけど、こっちが使いやすいですよ。」

それから、ギター本体のケア。
ギブソンのラッカー塗装は扱いにくいような気がする。その分発色が綺麗だから好きなんだけれど。
トライセラのツアーの時、ギターテクニシャン篠原さんチームがどうやって手入れをしてるか見ていた。
和田さんのレスポール・カスタムのネック裏、ここをずーっとクロスで拭いていた。
汗が付着する場所。和田さんは「あんまり拭かないでください」って言ってるとか。
「ゴミ付いてるくらいがちょうどいいの」って。風合いが大切ってことか。
ボディはクロスで拭くのが良くて、あまりこういうグッズは使ってる人は少ないかもしれないよね。
ラッカー塗装は試さないと怖いのもある。一応、ギブソンの専用キットだけれど。
Fenderの方も一応ボディ用は用意してある。
ギターを始めてよく分からない時は、使っている塗装や材にもよるので、ケア用品はショップの方に相談しながら選ぶことをおすすめ。

使っているのは、フレット・ボードのオイル。柑橘系だからアロマ効果もあったりして。
レモンオイルは、弦交換の時は必ず使う。
ここが一番汚れるので、毎回ここは特にクロスで拭く。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
プロのステージでは、オリジナル・ピックを作って、客席にシュッと投げる人がいる。今までgetしたピックはこれ。↓↓
渡部充一氏と晃司くんの投げたピック

裏面

左が布袋さんの時のサポートしていた渡部充一氏のもの。ホールだと5列目辺りが一番よく飛んで来るように思う。右は晃司くん。こちらも5列目の時だった。
渡部さんはギターの「ゾディアック」でオリジナルを作っているようだ。
他にも楽器店では、シグネーチャー・ピックは一般に販売されているものもたくさんある。
関連記事

14 Comments

Ryuhei  

ピックは

ピックはここ4年くらいずっと、Jim DunlopのNYLON Stubby
っていう透けた紫色の2.0mmのごついやつ使ってます。
固執して使ってたというより、気づいたら4年経ってたみたいな。
アタック音強くならないかな?という意図で。
融通の利かない頑固なピックです(笑)
帰省中、実家の部屋に、使わずに放置してあった
George Dennisていう滑り止めつきの1.30のやつを
試しに使ってみたら、こちらもなかなか良く、
これでライブ出ました☆
ギターは弾き終わったら、必ず磨いてます。
僕の場合、ギターの表面に傷ついても、
それが勲章になるからイイと思ってますよ。
実際今いい状態で売られてるオールドのギターは
手入れをしっかりしてあったからこそ、
いい状態なんだそうです。
フレット・ボードは楽器屋さんに任せてます。

2007/01/10 (Wed) 17:42 | REPLY |   

スノードロップ  

厚いピック

<Ryuheiさん>
Ryuheiさんが使っている(愛用してるとも言う)ピックは厚いけど、アタック音が強いだろうかとのこと。
晃司くんも確か、ギタマガで
「今の若いギタリストはアタックがカキーン!って出て来ない人が多いのよ、俺はそこが前に出ていて欲しいんだよね、俺が古いのかもしれないけどさ。」
Ryuheiさん、晃司くんがこう言ってたのを思い出しました。
Jim Dunlopのピックはカラーも形もいろんなタイプが出てますよね。いろいろ試さないと分からないです・・・私は4つ目でクレイトンがいいなと思いました。
滑り止めはライブをする人には有った方が便利なのかな。普通に弾いても汗が出ると滑りますよね^^
私も弾き終わったら、くるりと1周拭きます。フレット・ボードは楽器屋さん依頼ですか~
私のところもたまにリペアマンが来店してます。予約しないといけないのですが、調整してもらうこと、メンテナンスすることも大切ですよね。

2007/01/10 (Wed) 23:10 | REPLY |   

Ryuhei  

ニーズにあってる?!

ひょっとしたら吉川さんのニーズにあってるかも?!(笑)
と言っても、自分はアタック音が強いんだと
思い込んでるだけかもしれないですけどね(焦)
ある本で、上手い人ほ音のダイナミクスの幅が広いから、
普段から強く弾くようにしようって書いてあったんです。
僕のピック、Jim DunlopのBig Stubbyってやつですね。
コメントするために調べて今日、正式名称を知りました(笑)
偶然なんですが、この前、
河村隆一さんの現場でピック拾ったんですけど、
今見たら、CLAYTONの.80mmでした。
確かに落とした音が違いますね~。
フレット・ボードは、指板材や塗装によって、
よろしくないオイルもあるらしいので。
あと、使用頻度も。
僕はてっきり月1ペースで必要なのかと思ってました。
そこらへんのこと、自分でやって間違えないためにも
リペアマンに頼んでます。半年に1回ぐらい。

2007/01/11 (Thu) 02:35 | REPLY |   

スノードロップ  

そう思って書きました(笑)

<Ryuheiさん>
晃司くんのアタックがカキーン!の記事は、随分前のCharが表紙のギタマガです。
滅多に晃司くんはギタマガには登場しないので、貴重でした。
それで、その中のコメントがRyuheiさんにピッタリだなぁと思って、思い出し書きしてみたのですよー♪
ピックの名称を調べてくれたのね!河村隆一さんってあまりギター持つイメージが無いけれど、アコギ弾きそうな感じはします。
クレイトン、プロではどなたが使ってるのかなー?と思います。
私の好きなミュージシャンはオリジナルが多いですが、和田さんがFenderのヘヴィのティアドロップです。
木暮武彦(シャケ)さんというギタリストは、サムピックでカッティング+リフをやっちゃう人です。(ちょっと面白いですよね)
最初ピックが苦手で指で弾いてたけど、ピックを使ったらちゃんと音が出て感動したとか(笑)
私のギブソンもフレット・ボードにオイルはちょっと怖いです。あまり使わない方がよさそうな感じ。指板の材と相性がありますよね。諸説あるからどっちがいいんだろう・・。
Fenderの方は弦交換時に使います。ストリングス・クリーナー(写真)は使わない気がします。

2007/01/11 (Thu) 08:25 | REPLY |   

どらパパG  

わき道へ逸れますが

アーティストが投げるピック(その他タオル等も含めて)、GETしたことが無い(泣)
吉川、よく投げますよね~。
88年の“QUESTION”ツアーの大宮で1F1列真ん中という良席だったとき、吉川が投げ損ねたピックが目の前に落ちたんですよ。
で、ほんのちょっと躊躇してたら数人の女性ファンがどわ~っと。
アレが唯一のチャンスだったかも。
あ、でもそのライブで吉川がひざまずいてギターを向けて「Hey!」って呼んだ(!)んですよ。
迷わずサッと前へ出てギターをかき鳴らしました!
背後の女性ファンの悲鳴(笑)が心地良かったなぁ。
当時、何かの雑誌でツアーの際1列目に男性がいるとそういうパフォーマンスやるって書いてあったのを読んでたので「キター!!!」って。
あの衝撃は今でもクッキリと残ってます。
当時はまだまだ男性ファンが少なかったですから吉川自身も嬉しかったんでしょうね。
と、プチ自慢~♪

2007/01/11 (Thu) 10:35 | REPLY |   

woodstock69  

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
CLAYTON、ぼくも使っていますが、今のところ理想的なピックですね。
硬さとしなやかさを併せ持つというか、単音弾いても、コードをかき鳴らしても違和感がない。
ホントはハードなピックのアタック感のある音が好きなんですが、それだとコードを弾く時に、引っかかる感じがするんですよね。
CLAYTONはどちらにも気持ちよく使えて、バランスのいいピックのような気がします。
レモン・オイル、弦を交換する時、ローズ指板のお掃除に使いますが、匂いが好きなんで、ついつい塗り過ぎちゃいます。
ボディも磨くのも、弦を換えた時くらい。
ぼくのギターはすべてポリフィニッシュなので、ムースタイプのポリッシュでゴシゴシ。
たまにきれいにしてやると、音も良くなる感じがするからギターって不思議ですよね。

2007/01/11 (Thu) 14:14 | EDIT | REPLY |   

eddie  

僕のは・・・

ジムダンのナイロン.80mm(黄)をしばらく使ってます。滑り止めも付いててお気に入り!
いつも楽器屋に行くとピックを色々物色するんですが、一度気に入っちゃうと
しばらくそれになっちゃいますね(笑)ほんと家にもピックだらけで(爆)
今度はCLAYTONを探してみます・・・店で床に落として検証したりして(爆)
レモンオイルは年?回の弦交換時にだけ使ってます(苦笑)
ヴィンテージでも使ってるから大丈夫じゃないの?油分補給にもなるし(笑)
ボディはクロスで乾拭きだけですね・・・ポリッシュ塗ると滑って危ないね(爆)ネック裏は弾き易くなるけど(笑)
LP買ったばかりの頃、ムース吹いたら曇ってきて必死になって乾拭きした経験も有りますが・・・なにか(爆)

2007/01/11 (Thu) 16:23 | REPLY |   

スノードロップ  

OKです!

<どらパパGさん>
脇道でもなく、ちゃんと道に沿ってますよ~OK,OK、オッケーです♪晃司くんのピック繋がり。
ピックは下に落ちると争奪戦が怖いですよねー。
この間、トライセラの高崎ライブ時、和田さんが投げたピックが、ファンのお顔に当たったのを和田さんが見逃しませんでした。
「ごめん!顔に当たっちゃったね、でもキャッチできたからOKだよね?」なんて話して会場が爆笑してました。
晃司くんの投げたモノは前にも書いたかな・・・、タオルを3人で同時にキャッチしたんですが、「この2人でジャンケンして分けなさい!」って言ったんですよー!
3人でって言って欲しかったな(笑)晃司くん、新潟から福岡まで飛行機で逢いに来たんだよーー。と心の中で叫びましたが。
その悔しさは後日ちゃんと別な形で晴れました。
どらパパGさんも都市部であの頃1列目というのは凄いことですね。最前列とか前の方の席は簡単には廻って来ませんよねぇ。
ラッキーマン☆ですね!
晃司くんは、クエスチョン・ツアーの頃、よく客席に向かって
「Hey!Men!!」って叫んでましたよね。覚えてますぅ?
男子がいるとホントに嬉しそうでした。きっとどらパパGさんが光って見えたんでしょうね。
プチ自慢じゃなくて、もっとそういう楽しいお話やエピソードがあれば聞きたいです~☆
それは間違いなく、どらパパGさんに向かって投げたんだと思いますよ♪私のこのピックをキャッチしたのも男子です。
最近はライブ会場に、男子も4割くらいはいますよね~!

2007/01/12 (Fri) 00:54 | REPLY |   

スノードロップ  

クレイトン派

<woodstock69さん>
こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いします。
woodstock69さんもクレイトンを使っていますよね。
書いてくださってる通りで、単音弾いても、コードをかき鳴らしても違和感がないですよね。
一部のギタリストの間で、結構人気があるらしくて。評判上々だし、クチコミで良さが伝わっているらしいです。
私は厚くてハードなのを使ったら、バチバチっていう感じで合いませんでした。私の場合、ギター道が浅いのも関係してると思います。
握りやすい点でもクレイトンはいいですよねー。
レモン・オイル、いい香りですよね。私も柑橘系は好きなので、オレンジ・オイルも好きです。アロマテラピーもしてるので、天然系な香りは敏感です(笑)
合成された科学的な香りじゃないのがいいですよね。
次は「ベルデン」も「オレンジ」もwoodstock69さんと同じものになったりして・・・
小物共通点が多くなるかもです。

2007/01/12 (Fri) 01:03 | REPLY |   

スノードロップ  

ピックだらけで最後はどうなるでしょう

<eddieさん>
ジムダンロップですね。いろいろ試さないと良さが分かりませんが、お気に入りがあって何よりですね。
くれぐれも店頭で床に落として試さないように・・・大人のギタリストは紳士で行きましょう。私はピックのケース上で実験してもらいました。
レスポールにムースタイプ、大丈夫でしたか?
ギブソンのポリッシュは、楽器店でもよく使われているそうです。

2007/01/12 (Fri) 01:09 | REPLY |   

eddie  

さっそく

クレイトンを買ってきました(笑)
ホントは12日の夜に楽器屋に行くとギタマガの最新号がフライング販売してるから(苦笑)で思い出して探したら見つけました(笑)
でもクレイトンって何種類かなるのかな?僕の買ったのは黄色で半透明のワシのマークのやつでした。間違って床に落としちゃって・・・「カリ~ン」って鳴りましたよ(爆)あ、あくまでもミステイクですからね(苦笑)
オニギリとティアドロップの2種類で色々グニグニした結果.56mmが具合が良いので両方買いました。昔っからフェンダーとギブソンのミディアム使ってるんでピックの基準値はそこになるんだね・・・感覚的にはそれよりチョイ柔だけど固いのはどうも苦手なんです(笑)色々弾き比べれ見ますね・・・まずは報告まで(^_^)v

2007/01/12 (Fri) 21:34 | REPLY |   

スノードロップ  

80→56薄くしましたね。

<eddieさん>
素直にクレイトン。主役はギタマガ(スライド・ギターの彼)で、ピックはついで買い?!クレイトンの記事を思い出したんですね(笑)
ジムダンの80→クレイトン56と薄くなってますが、音と感触は変わりましたか?
一番上の画像をクリックすると拡大されるので、カラーも見比べてみてください。私のショップは種類はたくさん置いてないので、比較対象が無かったんですけどね。

2007/01/13 (Sat) 00:11 | REPLY |   

eddie  

具合いいよ

画像と同じですね(笑)プリントが白と茶があったんで白にしました。.56っていってもジムダン・ナイロンの.80の方が柔いから不思議(笑)いつものフェン&ギブのミディアムとも比較しましたがクレイトンの.56の方が固いですね。.72も試しましたが・・・僕には固過ぎ(笑)
さっき試し弾きしましたがイイ感じですよ。リフ弾きでもソロでもスムーズにピッキング出来るし、当りがしっかりしてるのに引っ掛からない?しかも滑らない(笑)個人的にはティアドロップの方が使い易かったかな。ジムダンに限らずナイロン系は粘るんだけど引っ掛かる感じが独特ですが、クレイトンはスムーズの一言ですね。他の固さも何種類かあったので・・・1つ下も試してみます(笑)
しかし・・・ピックばっかり(爆)ほんと最後にはどうなるんでしょうね?一時ギターを休む前に使ってたピックもたくさんあったのに、1枚も残ってないところをみると・・・そんなもんなのかもね(苦笑)安いから・・・ついね(爆)

2007/01/13 (Sat) 00:34 | REPLY |   

スノードロップ  

クレイトン・ギャラリーもどうぞ。

<eddieさん>
早速使ってみたとのことで、カラーは白の方がクールですね。評判がいいピックで最近注目されているようです。ギャラリーもどうぞ。
http://item.rakuten.co.jp/chuya-online/c/0000000484/
クレイトンの材質はUltemだそうです。アコギに適してるかもという方もいました。

2007/01/13 (Sat) 10:44 | REPLY |   

Post a comment