ichiroさんを中心円にして綴るブログ

Vintage Blue Sky

.

小沼ようすけSolo Guitar Live

CIMG2354.jpg
小沼ようすけくんのソロ・ギターWith Jazzヴォーカリストのnoon。

高速道で1時間くらいの場所で、初めて来た街。
100キロ以内は射程圏内として、3月も新幹線に乗って小沼くんのライブに行った。
今年2回目の参加。今回も座って弾くギター。

写真は終演後の様子。
左:Taylor NS72CE
右:Taylor T5シリーズ辺りの新しいカラー。
チューナーともう1つエフェクターを繋げているだけの、シンプルな構成。
会場はホールで、お客さんも静かに聴いていた。
ほぼ満員で、クラシック・コンサートのような静けさ。

第1部:小沼ようすけ

1.Wind・・アルバム発売前、一足早く聴くことができた。
CDはエレクトリックだけど、この日はナイロン弦のNS72CE。
まずギターのボディーをパーカッシブに叩きながら弾く。
この曲は既にお気に入り。

2.Over The Raibow

3.Mistic Rites

4.Feel Like Makin’Love

5・Change Of The World・・・イントロがスパニッシュで、何の曲だろう?と思ったら、
<Change Of The World>だった。
小沼くんの即興性、アレンジは、進化していた。
ライブ本数をこなしてるのもあって、毎回新たな、違う発見がある。
最初に聴いた時は、この曲だと全然分からないくらい、
違うもの同士をくっつける楽しさを、小沼くんは教えてくれているのかな。

ほとんどはTaylorのナイロン弦(NS72CE)で弾いてた。
335は今回お休み中だったけれど、ウォームでマイルドなのにブライトな音。
フィンガーピッキングだというのも関係ありそう。
小沼くんはスケールを渡る時の指が美しい。音の秘密はそこにもありそう。
小沼くんが立って弾いたら、ロックギタリストになっちゃいそうだ。
(昨夏、1回それは見てるんだけど)

~MC編~

「この会場はとても静かで、集中して演奏できてよかったです。」

「随分前のことですが、憧れてたトゥーツ・シールマンスという人が、
同じラジオ局に丁度来ていて、せっかくだから、一緒に演奏したらどうですか?と言われて、目の前で自分と演奏しました。
夢のようで、涙が出て止まらなかったですね。」
と話していました。
音楽で感激したり、心を動かされるっていうのは、持っている何かに、出て来た音に触れた時かもしれない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第2部:小沼ようすけ With noon

noonちゃんと小沼くんは現在同じ事務所で、時々一緒にDuoで演奏している。
noonちゃんのアルバムに、小沼くんがギターで参加もしている。

noonちゃんのCDは既に聴いていたのだけれど、生の歌声も妖精みたいで綺麗な声。
ジャズのヴォーカルは、早口言葉以上にスピードが早い。
リズムもテンポも変則的なのに、こんなに気持ちよく歌えるんだから、歌うために生まれて来た人なんだろうね。

1~4まで曲名は不明。
(正確な曲順、タイトルではないかもしれません。参考程度にお願いします。)

5.コパカバーナの土曜日

6.恋しくて(BEGIN)noonちゃんが初の日本語カバー曲?

7.HALLELUJAH I LOVE HIM SO
VICJ-61441noon.jpg

VICJ-61532noon.jpg


アンコール

En1.小沼ようすけ・ソロ・・・Spain

En.2小沼ようすけ+noon・・・いつか王子様が
3,2&1 3,2&1
小沼ようすけ (2006/04/19)
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル

この商品の詳細を見る



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この後、ホールコンサートではあまり行われないはずのサイン会。
その時、小沼くんと話したことは、実現したら書こうと思います。
もらったお返事は明快で、ギンギンで行きますよ!とのこと。
関連記事

  1. 2007.10.26(金) _01:44:07
  2. 小沼ようすけ
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:4
  5. [ edit ]

<<Rockamenco長谷川暖:フラメンコ・ギターの嗜み | BLOG TOP | Can we still be friends?×2>>

comment

☆東京JAZZ☆

  1. 2007/10/26(金) 20:25:04 
  2. URL 
  3. Halo 
  4. [ 編集 ] 
今夜ハイライト放送☆彡
来週、月~木の4夜連続~~~☆☆☆☆☆
T-SQUAREでバンちゃん(?)観るのが楽しみッス☆
あ!
去年のF1でぇぇぇぇ!!!
&、第2部のセトリが気になって検索したら、小沼さんのblogも♪♪
大萩康司さん(宮崎出身)と何度か共演してたとは☆Σd(゚∀゚d)
長らく御無沙汰~~~(汗)
♪Jumpin' Jack Flash(脳内)

♪Jumpin' Jack Flash

  1. 2007/10/27(土) 21:09:20 
  2. URL 
  3. スノードロップ 
  4. [ 編集 ] 
>Haloさんこと荘太さん
バンちゃんも凄いですが(若手NO.1だそうですね)
先日観た、クラブパンゲアの、則竹さんも凄かったです!
東京JAZZの5年分のパンフレット、昨日また読み直していましたよ。
小沼くんと大萩康司さんは、たまに共演することがあるみたいです。
今月号のギタマガにも、大萩さんのことがチラッと書いてありましたよ。
私は未だ大萩さんの音源は聴いたことが無いのですが、良さそうですよね。
宮崎ご出身なんですね~。
私も昨日は♪Jumpin' Jack Flashが2回脳内で流れましたよ♪

レポレポ、ありがとう~!

  1. 2007/10/27(土) 22:15:06 
  2. URL 
  3. ムーミン 
  4. [ 編集 ] 
小沼くん&noonちゃんのライブのセット・リスト♪見ただけで行ってみたかったな~!と思いました。
静かなんだけど、あったかい感じが終演後のスノちゃんの写真から伝わってくるよ~う♪
私は小沼くんのギターの音、うまく表現できないんだけど、タメって言うのかな・・・(←これは、曲にもよるんでしょうけど・・・)そのほんの少しの間合いが好きなんです。
で、スパニッシュって、なんか駆り立てられるような熱さがあるから好き!聴いてみたかったなー♪
歌うために生まれて来たnoonちゃんって表現、いいね♪
そんなnoonちゃんと小沼くんのギターの交流を私も体験してみたかった~!と思ったレポでしたよー♪
あとは、小沼くんがいつか、ロック・ギタリストの一面も披露してくれる事!じゃない?スノちゃん^^
まだまだ、やりたい事、たくさんあるようだから、こちらもワクワクしますねー!

どういたしまして♪

  1. 2007/10/28(日) 00:37:41 
  2. URL 
  3. スノードロップ 
  4. [ 編集 ] 
>ムーミンさん
小沼くん&noonちゃんのDuoライブの様子、少しでも感じていただけましたでしょうか?
この日は、会場の雰囲気とかから、ライブというよりは、コンサートという表現が似合ってました。
タメ、そうですね!弾きすぎないくらいの、呼吸が入ってるようなギターですよね。
押尾コータローくんも、TVで話していたんだけど、
「1小節の中に、いっぱい音を詰め込もうとするよりは、少し間を空けるというのも重要ですよ」
なんてお話していました。
つい、ベラベラ~っとギターを弾きがちなんだけど、少し間を入れる、というのがいいそうです。
スパニッシュは、最初は新曲かな?って思ったら、途中から聞き覚えのあるあの曲だったんです。
noonちゃんと小沼くんは、たまーに同じステージをしてるみたいだよね。
歌声、やっぱりとても透明感とリズム感のある、美しい声の持ち主さんでもありました。
小沼くんのブログで、小沼くんが立って弾いてるマネをしてて、
その写真1枚が、とてもRockだったんですよー。
元々ロック大好き少年だったので、ロック・ギタリストになったら、かなり他の人は焦るのではないかと思います。
たまーには、そういうお姿も見たいものです。


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




PAGE
TOP