ichiroさんを中心円にして綴るブログ

Vintage Blue Sky

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

Can we still be friends?×2

小沼ようすけくんのライブレポートの前に。
深夜に聴くと、この曲がどうしても気になる。
先日紹介したアルバムの中の曲で、いちばん好きだと紹介した。

Can we still be friends?

小沼くんのライナー・ノーツには、オリジナル・原曲の
トッド・ラングレンの歌詞は男心を射抜いてる、と書いてあったんだけど、
歌詞の意味はタイトルで読めるので、オリジナルのトッド・ラングレンと、小沼くんの弾いてるのと、両方聴いてみた。
The Three Primary Colors The Three Primary Colors
小沼ようすけ、 他 (2004/09/23)
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル

この商品の詳細を見る

こちらはギター・インストだけど、深夜に聴くとどうしてこんなに響くのだろう?
小沼くんの弾いてる方が、正直なところ好み。
ES-335の音だからかもしれない。
曲の構成自体はシンプルで、ギターの音に小沼くん自身の「温かさ」が入ってるからかも。
Hermit of Mink Hollow Hermit of Mink Hollow
Todd Rundgren (1990/10/25)
JVC Victor

この商品の詳細を見る

トッド・ラングレンは、小沼くんによって、聴くことになった。
ビートルズが好きな人、という印象を受けた。
ミュージシャンにも人気があって、カバーしてる人が多い。
こちらは鍵盤の音が主体で、ヴォーカル入り。綺麗に聴こえる。
トッド・ラングレンというと、この曲は代表曲に入るらしい。
関連記事

  1. 2007.10.25(木) _08:22:44
  2. 小沼ようすけ
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:3
  5. [ edit ]

<<小沼ようすけSolo Guitar Live | BLOG TOP | 安達久美クラブパンゲアLive>>

comment

本当ですね!!

  1. 2007/10/25(木) 19:57:24 
  2. URL 
  3. スノードロップ 
  4. [ 編集 ] 
コメントくださった方へ
うふふっ、それは嬉しいです!
私も大好きです♪♪
名曲ですよね。
トッド・ラングレンがミュージシャンに愛されてる理由、分かる気がしました。
それで、この曲、何度聴いてもいいです。
飽きないですね。
歌って欲しいな・・・って私も思いました。
ついでに(笑)私もこの曲を奏でられるようになりたいです。
ギターを弾きたくなる曲です。
実現したら、これまた凄いですよ♪
有り得ないことはないです、リクエストしたいなぁ。

トッド・ラングレン

  1. 2007/10/25(木) 21:13:56 
  2. URL 
  3. まさる 
  4. [ 編集 ] 
「トッド」ってアルバムはメッチャ聴いたな~。
っつーか、これしか聴いたことない(笑)
素晴らしいメロディーメーカーだと思ったな。

Oh~Yeah!!

  1. 2007/10/25(木) 21:25:43 
  2. URL 
  3. スノードロップ 
  4. [ 編集 ] 
>まさるさんことまーくん
おっ、久し振り~~!!
ようこそ♪コメント嬉しいです。
まーくん、やっぱり音楽ツウさんだよね。
トッド・ラングレン、聴いてたのねー。
メロディーはね、全体に「美しい旋律」っていう言い方が似合ってるなぁって思ったよ。
まーくんの書いてくれた通りだね、名曲を生んでる人なんだね。
またおいでよー!私も遊びに行きます(毎晩遊びには行ってるんだけどねっ)


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。