ichiroさんを中心円にして綴るブログ

Vintage Blue Sky

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

<acoda>+小沼ようすけのアコギ・レッスンDVD

acoda-acoustic guitar selection(初回生産限定盤)(DVD付) acoda-acoustic guitar selection(初回生産限定盤)(DVD付)
オムニバス (2007/06/20)
ソニーミュージックエンタテインメント

この商品の詳細を見る

6月の発売日に購入してから、夏の間わりとよく聴いたオムニバス・アルバム。
爽やかな曲が多いけれど、スパニッシュあり、クラシック・ギターあり、スタンダード・ナンバー、
オリジナルありで、多彩なアコギの音を楽しんだ。
1曲以外は、オール・インスト・ナンバーのアコギ・アルバム。

小沼ようすけくん、押尾コータローくんは、ライブも行ったことがあるので、アルバムも全部聴いている。
DEPAPEPEも何枚かアルバムを買ったことがある。

注目は、チェット・アトキンスに「現代最高のギタリストの一人」と言わしめた、フィンガー・スタイルで演奏する、Martin Taylor。
チェット・アトキンスは、私も時々聴くことにしているから、チェット・アトキンスに近いというと注目。

全体的に、綺麗なメロディで、クリアなサウンドのアルバム。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::
このCDには、初回特典として、小沼ようすけくんの<アコギ・ワンポイント・レッスン>DVDが付いている。

小沼くんが弾くとサラサラ弾いてるように見える。
曲を作る時も、きっとこんな風に、何パターンも作ったりするのだろう。
一日中ギターを持って弾いていそうだし、年間150本ライブを行うのだそう。
2、3日に1回はライブ・・・毎日続く事もあると思うし、どんどんアドリブの宝庫に「宝」が山積みされて、磨かれて行くんだろうなぁ。


小沼ようすけくんの幅の広さに、改めて感心して見ていたんだけれど、ギター持って一緒に弾いたら?ってことなんだよね。

Taylorの最上級モデルと言われる、NS72CEで弾く、小沼ようすけ<Mystic Rites>

***小沼くんがDVD映像で弾いていたパターン***
スイング、ボサノヴァ、16beat、ブルース、ハーモニクス、ルバート

小沼くんのハーモニクスが好きかもしれないな、私。

小沼くんは、Donny Hathawayも好きなので、次回そのアルバム紹介もできればと思う。
関連記事

  1. 2007.09.13(木) _20:55:55
  2. 小沼ようすけ
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:0
  5. [ edit ]

<<Eric Johnson | BLOG TOP | Little Wing jam>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。