小沼ようすけ<The Three Primary Colors>

The Three Primary Colors The Three Primary Colors
小沼ようすけ (2004/09/23)
ソニーミュージックエンタテインメント

この商品の詳細を見る

このアルバムは、静かな夜に聴くのが似合ってるかな。
エミリー・レムラーもそうだけど、335(Gibson ES-335)のウォームでシンプルなJazzサウンドは、周りの環境が静かじゃないとスッと入って来ない。
特に、M-9<Dawn>、ラスト・ナンバーM-10<Around The Love>

小沼くんの言葉。
素晴らしいミュージシャンは、無音が一番パワーを持っていることを知っています。
静寂のとき。無音の時。夜の静けさ、好きな人って多いんじゃないのかな。

真夜中、月明かり、眠っている草木たち、風の音、虫の声。
           <Silence Of The Night>

・・・Personnel・・・
小沼ようすけ: E.guitar
Richard Bona: E.bass
Ari Hoenig: Drums
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

N.Yレコーディング。オール・インストナンバーなので、曲を聴いて、イメージして行くのが楽しいなと思う。
About The Songsより、一部抜粋、引用しながら、このアルバムに近づいてみようと思う。

リチャード・ボナのベースはとても動きのあるベース音。
レコーディングの時に、リチャード・ボナが、小沼くんのギターを借りて指弾きしていた。
それを見ていた小沼くんは、これだ!と思い、小沼くんはフィンガー・ピッキングに転向したというエピソードがある。
(それまで小沼くんは、ピックで弾いてた)

海外でもデレクトラックスとか、ベーシストみたいなスタイルでギターを弾く人がいるけど、あの感じ。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

M-1:<Froclicking>
大人になっても、子どものような純粋な心を持っていたい、という気持ちからできた曲。

M-2<The Lily>
ゆりの花。小沼くんにとっては、女性的な花のイメージがあるそう。私もだな。いや、みんなそうか。

M-3:<Feel Like Makin’ Love>ロバータ・フラックのヒット・ナンバー。

M-4:<She Said She Said>ビートルズのナンバー。
Rockナンバーを、小沼くんのアレンジによって、ブルージーなジャズになっている。これは洒落てるなと思う。

M-5:<Silence Of The Night>「夜の静寂」を感じる曲。ゆったりとした音の中に、メロウさがプラスされている。

M-6:<Can We Still Be Friends?>トッド・ラングレンのナンバーをカバー。
この曲が一番好き。
なんてメロウなんだろう!!感情の抑揚が小沼くんの音からよく表現されてると思う。

この曲は、セルフライナーによると、
トッド・ラングレンの曲は、恋愛において、最もせつないところを射抜いています。
この曲は特に、男心を感じる。
こんなギター風にギターが弾きたい。

と何度も思ったそうだ。
小沼くんが男心を感じるところって、一体・・・。
ヒントはトッド・ラングレンのアルバムにあるだろうから、トッド・ラングレンを聴こう。とにかく、いい曲。

M-7:<The Windjammer>
グラント・グリーンのカバー。
ベースがすごく跳ねてる=ファンキー。N.Yレコーディングは、ほとんどの曲が1テイクOK!!

M-8:<Happy Playing Ground>
ブルース進行を変化させた曲で、小沼くんによると、ジャムしやすい曲なのだとか。
ネイティブ・アメリカンにとって「天国」という意味(Happy Hunting Ground)を、
ミュージシャンにとっての天国という意味で、付けたタイトル。

M-9:<Dawn>
夜明けの時間帯にN.Yで散歩した後、書いた曲。静寂の中で感じたことがそのまま音になってるような曲。

M-10:<Around The Love>
小沼くんは、サインする時に”Peace”の文字を入れる。

愛を取り巻くものが、いつか平和、幸福を生み出すと思います。
ちっぽけなことかもしれないけど、自分がミュージシャンとしてできる限りのことはしたいと思って、この曲を書きました。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Jazzって難しいもの、とは思わず、もっと気楽に聴いてもらえるといいなと思っていて。
特に日本のJazzでも、小沼くんは自然体なので、何気なく、ふとどこかで耳にした時、印象に残るような音を出している人。
機会があればぜひLive会場で、生で見てもらいたいと思う。
NEW ALBUMは10月24日発売。
20071005162857.jpg

ライブへ行くのが、とても楽しみ。3回目の小沼くん。今度はどんなカラーを聴かせて、見せるのかな。
関連記事

8 Comments

Halo  

リチャード・ボナってピック弾きだったんですね!驚 しかも、小沼さんの指弾きを見て転向したとは!驚
&、新作も出るんですね☆☆☆
とりあえず、先行で短めに♪笑
♪Love so sweet/嵐(頭ん中~花男2再放送中☆)

2007/10/10 (Wed) 14:26 | EDIT | REPLY |   

スノードロップ  

>Haloさんこと荘太さん
荘太さん、私の文章表現がわかりにくいもので、すみません。
改めて、分かりやすいように訂正してみました。
ボナが、小沼くんのギター(335かな?)を借りて、ピックを使わず、指で弾いたそうです。
その様子を、小沼くんは見ていて、
「指弾き」がいいなと思ったのだそうです。
それをきっかけに、小沼ようすけくんは、指弾きに変えたのだそうです。
混乱させてしまって、すみません。
ボナのベースは、指弾きかピック使いかは、私は分からないです。
小沼くんの新作、10月24日に出ますよ!機会があったら、聴いてみてね。

2007/10/10 (Wed) 15:37 | EDIT | REPLY |   

Halo  

続きです(苦笑)

トッド・ラングレン☆
ギタリストに好かれるギタリストですね~~♪(インタで名前をよく見掛けマス☆)
ポールとヌーノの共に好きなギタリスト★って事で、【Guitar Wars】(2回目CRAVE☆)のオープニングもトッドの曲でした☆(曲名が…汗)
グラント・グリーン☆
も、早く聴きたいッス☆
「Happy Playing Ground=天国」 懐かしいなぁ~♪ 何で触れたんダロ……?忘
PS:小沼さん、サーフィンにハマったんですね☆驚 サーフィン→オーガニック系に行くのって、「やっぱり☆」って感じで、わかりますね~~☆笑(オイラ的には、まだまだ未開の地ですけど…汗)
♪i don't know/JOE ODAGIRI
♪絹の靴下/夏木マリ&堂本ブラザーズバンドw/斎藤ノブ(昨日、テレフォンショッキングに☆ ジビエTeeの新作♪良くないですか?)

2007/10/10 (Wed) 16:11 | EDIT | REPLY |   

ムーミン  

スノちゃん、お久しぶりで~す!
ここ最近、ちょっとばかり、小沼くんに触れていました(笑)実は今日も。
そして、このアルバムも正に今日、以前スノちゃんが「静寂」をきー・ワードに紹介してくれていたな~と、思っていたところでした。
スノちゃんから小沼くん関連で紹介して戴いたnoonちゃんや、Fried Prideのshihoちゃんがとても良かったので、昨今のJazz女性ヴォーカリストはどんな人がいるのだろう?と、今春i Tunes検索でアン・サリーというヴォーカリストの曲を購入していました。
それが、なんとこのアルバムに小沼くんが参加している事を今日発見した事です!
これは、スプーン1杯の幸せでありました^^
Jazzって難しいもの、とは思わず、もっと気楽に聴いてもらえるといいなと思っていて。
スノちゃんのこの言葉は、私の地元の老舗Jazz Barのオーナーも言っておられました。
ほんと、そうですね!
私はまだ、生のサインは未確認ですが(笑)
当日はメールのやりとりで盛り上がり、お魚さん書いてなかった?とメールしたところ、
くらげみたいなのと?ハートマークとありがとうって書いてくれたよ!と返事が返ってきました^^
 
スノちゃん!Love&Peace、そして無音の中から感じ取った、またオーガニックで、繊細な音を一音一音聴かせてくれる小沼くんの素敵な心地良いライブ♪もうすぐですね!
私の分もハート一杯、楽しんできてね☆

2007/10/10 (Wed) 22:18 | REPLY |   

スノードロップ  

>Haloさんこと荘太さん
トッド・ラングレン、グラント・グリーンの名前を書いて、反応してもらえて嬉しいです。
初めて知りましたよ、ギタリストに好かれるっていうの、いいですね。
機会を見つけて、ぜひ聴いてみたいです。
グラント・グリーンは、小沼くんオススメアーティストの一人。
名盤もあるし、その中のカバーをやってる人もいますしね。
サーフ・ミュージック、オーガニックサウンドは繋がってるんですね。
音が優しいっていうイメージがあるんですけどね。
日本だと、Caravanくんですかね?
海外だと、ジャック・ジョンソンとかかな。
荘太さんが書いてくれてて、初めて気付いたのですが、
いいとも!は夏木マリさんだったのですね。
あまりTVは見てないから、気付かなくて。
ジビエTシャツ着てたのかしら?
内田有紀ちゃんから廻って来たというのは、ネットでさっき調べました(笑)
堂本兄弟は昔から、バックバンドが美味し過ぎる~!

2007/10/11 (Thu) 00:00 | EDIT | REPLY |   

スノードロップ  

>ムーミンさん
ムーちゃん、お久し振り~です!!
Oh~ムーちゃんも小沼くんを聴いてたのね。
小沼くんの音楽は、静かな場所と時間が合ってるなって思います。
アン・サリーさんは私はまだ聴いたことがないのだけれど、
実は小沼くんはいろんな人のアルバムでギターを弾いてて。
ゲスト:小沼ようすけ
っていうのがたーくさんあるのです。
WORKとして紹介すると、かなりの枚数があるのかな。
女性ヴォーカリストが多いですよ。
意外なところでは、ケミストリー、ハナレグミさん。
一般的に、私もそうでしたが、Jazzは敷居がやや高く、聴くと楽しいのに、なぜかツウの人の聴く音楽、みたいなイメージがあるのだよね。
どんな人にも届く可能性はあるし、ジャンルで括ると狭くなっちゃうから、もっとワイドに聴けると楽しいよ、というのが私の提案でもあります。
ムーちゃんの行ってたお店のオーナーさんもそう言ってたのね。
そして、ラブ&ピースなサイン、それは楽しみですねー!
ムーちゃんの分も、めいっぱい気持ちのドアを開けて来ますね。

2007/10/11 (Thu) 00:17 | EDIT | REPLY |   

竜党荘太  

逆…だったんですか!
(o'∀艸●)
マリ姉さんは…MLB観てた時に、TSの時間だったので「誰か好きな人出てるかなぁ?」とチェックしてみたら…!!! ジビエTeeは御土産で2ndと一緒に☆(そーいや、1st発売した後も出演してたのを観てましたわ☆懐)
&、堂本兄弟のバックバンドって、ホント、豪華ですよね☆ ラストのセッションはヘッドフォンで聴きたいんですが、稀にしか……&、最近は番組自体の見逃しが多いです……沈
昨日は…ハニカミを途中から観ましたよ~~\(o ̄∇ ̄o) (未来創造堂を観た後『英語でしゃべらナイト』に備えてチャンネル合わせようとしたら……!!!)
『きらきら研修医』の役は「楽しい役だった☆」と語ってましたから……観てみないと☆☆☆
&、未来創造堂も観ましたよ~~☆ 新聞に出演者が載ってなかったので『英語で~』をセットしてきたら……出演!&ジーンズネタ!!!! と、録りたかったデス……(TOT)
♪Crossroads(頭の中)

2007/10/13 (Sat) 21:09 | EDIT | REPLY |   

スノードロップ  

>荘太さん
そうなんですよ、さっきまた野村ギター商会の「小沼ようすけ」前・後編を一気に見ました。
この動画配信、年内くらいで終わっちゃうらしいです。
それで慌ててまた見ました、小沼くんの回。
そこでも指弾きにスタイルを変えたエピソードを語っていましたよ。
堂本兄弟、最近私も見てないです。元春がゲストで出た時は見ましたよー。
荘太さん、「恋するハニカミ」を見たのですね!
雅也さんを見ようと、メモまで貼っていたのに、SRVのライブ最初の3曲でドカーンッ!と来て、そのまんま見るのを忘れてしまったという・・・。
SRVといえば、小沼ようすけくんですが、
お父さんの影響で、ブルーズもかなり通ったようです。
SRVの曲をよっちゃんと一緒にJamってました。
小沼くんのライブに行ったら、ここでレポしますね!

2007/10/13 (Sat) 21:51 | EDIT | REPLY |   

Post a comment