小沼ようすけ<nu jazzスタイル・ソロ・ギター>

小沼ようすけくんとエクストリームの記事を書いたので、先日32歳のお誕生日を迎えた小沼ようすけくんについても書いてみよう。
小沼ようすけ

夏にTOKUさんとのJazz Fesライブを観てから、小沼くんのよさを再発見。今年ハマったギタリストではトップ。
アルバムTKYも買ったし、この本も買ってみた。この本はまるごと小沼ようすけなのだ。
ギタマガで連載されていた内容を本にしたもの。

1.ギターと出会ったことのロング・インタビュー

2.通った音楽、名盤の紹介

3.参加アルバムのリスト

4.ギターと機材の紹介

5.押尾コータロー氏、ジェイク・シマブクロ氏、横田昭紀男氏との対談

6.小沼くん本人による、書き下ろしソロ・ギターアレンジ入門

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ES-335が好きなので、小沼くんにハマるのは当然と言えば当然なのかもしれない。
小沼くんのギターとの出会いを読んでいると、最初からJAZZ専門だった訳ではないところに、好感を持った。
ごく普通の、ROCK好きなギター少年だったのだ。日本のボウイも好きだったし、レディオ・ヘッド、エクストリーム、BECK、ジェフ・ベックも好きだった。
小沼くんもワイアード派だ!!
何だか、私の周りはワイアード好きな人が多いな(笑)

他にはエミリー・レムラー、エリック・ジョンソンも名盤として紹介している。

そしてジョージ・ベンソン、ウエス・モンゴメリーなどから影響を受け、JAZZにハマる。

小沼くんは音楽専門学校へ通った。学生時代はハードロックが好きだったので、バンドでのコピーは邦楽だとBT(BUCK-TICKとはすごく意外だったわ、小沼くん!)、ラフィン・ノーズもやっていたそう。
家ではメタル系を弾いたとのこと。ドッケン、イングヴェイのコピーもやっていたそうで、ベスト・ギタリスト賞をもらったこがある。
ここで、意外だなと思うと同時に、何でもできるからこそJAZZへ行けるということなんだろうな、と思った。
小沼くんのアルバムも全部聴いた。サラッと聴いてしまいがちなJAZZだけど、技だらけ。実際にライブを観た時も、指弾きの凄さ、右手の使い方、JAZZ特有のウォーム感がES-335と重なってより強くなるのを感じた。

来年はもっと近くで小沼くんの指をバッチリ観たいし、音も大好きなので、触れたいと思う。

来年も絶対行こう、小沼ようすけくんのライブ。書いておけば実現するからね。
関連記事

2 Comments

Ryuhei  

ジョージ・ベンソン好きです

イングヴェイ、エクストリーム、ジョージ・ベンソンは
僕と共通してますね☆
最近ジャズに興味を再び持ち始めてます。
やっぱハードロックばかり聴いてると、
たまには穏やかな感じのも聴きたくなります。
恋しくなったら、またハードロックを聴く感じで☆

2006/11/29 (Wed) 04:45 | REPLY |   

スノードロップ  

小沼ようすけくん

<Ryuheiさん>
小沼ようすけくん=J-Jazz界のプリンスなどというキャッチコピーが付いています。
お顔がハンサムなので、飛びつく人は既にプリンスだと思いますが、私はそれ以上に小沼くんのギターが好きです。
お人柄っていうと、語弊があるかもしれませんが、それが音に出るんですよね・・・
かなりの本数のライブをこなしているので、小さな街にも来てくれるんですよ。
Ryuheiさんもジョージ・ベンソン!そしてイングウエイ、エクストリームまで共通しているってことは・・・出逢いかもしれませんね。機会を見つけて、聞いてみてくださいね。
私は完全に335繋がりから来ていましたが、Taylorアコギも最近、晃司くんやケンタくん、Charもだったかな?
みんなアコギはTaylorを使い始めてるので、興味ありますよ。
私もハードなもの⇔ウォームサウンドを行ったり来たりしてます。

2006/11/29 (Wed) 08:56 | REPLY |   

Post a comment