ichiroさんを中心円にして綴るブログ

Vintage Blue Sky

.

小沼ようすけ<3,2&1>

<小沼ようすけ>・・・どんなJAZZギタリストなんだろう?と興味を持ってくれると嬉しい。
今回、以前書いた記事に加筆して改めて書いてみたので、小沼くんの魅力を紹介しようと思う。

小沼くんは既に5枚目のアルバムを発表しており、Charや原田喧太くんとも繋がりのある、ジーノくん=日野賢二くんともユニットを組んでアルバムを出している。(TKYというユニット)
TKYは最近品薄になりつつあったので、注文購入した。こちらも後日紹介することになると思うので、お楽しみに。

*TKYとは?TOKU+日野賢二+小沼ようすけのユニット。1枚アルバムが出ている。
TOKUさんのアルバムも聴いてみた。新潟出身で何枚もアルバムを出している。
TOKUさんのヴォーカルは、かなりセクシー系。R&Bのような、色っぽさと艶がある。

このアルバムは、アコギの音もよく聴こえて来る。アコギはTaylor。
Taylorを使ってるミュージシャンは、私の好きなミュージシャンでは多い。個性が強いアコギらしく、好みが分かれるそうだけれど、小沼くんも使っているとのこと。

アコギ以外にも、エレクトリックももちろん使っている。
もう何度もこのアルバムを聴いた。飽きないのが不思議なくらい。
夏にTOKUさん+小沼くんのライブを観て以来、とーっても気になるギタリスト。

1 Groove Me
2 Silver And Orange
3 Presence
4 Mystic Rites ・・広島の宮島・厳島神社で感動してできた曲。
5 Summer Happening
6 I Love You
7 Spain ・・・アコギ、右がES-335、左がES-330。
8 Cissy Strut ・・・トライセラの和田さんも言ってたミーターズの曲
9 What Cha' Gonna Do For Me
10 Cherish The Love・壊れそうなくらい大切なものをイメージした曲
11 Gleam
12 If ・・・6弦をDrop Dチューニングでアレンジしたそう。
13 Tristeza
↑上記は<通常盤>で、<限定盤>は以下の曲が2枚目CDとして収録されている。現在入手困難らしい。

<Disc2>・・・Acoustic Guitar Solo

1.Isn't It Romantic
2.For No One
3.Over The Rainbow
4.Moon River
5.Oleo

この5曲は、ジャケットで持っているTaylorのガットギターで弾いて録音したようだ。

いいもの発見隊・隊員としては、今後も小沼ようすけくんを取り上げようと思う。
彼もES-335が大好きで、それが欲しくてgibsonのコンテストに出たのだそうだ。

音はES-335らしく、ウォームでもあり、軽快なナンバーもあり。アルバムのトーンは明るい。JAZZという枠だけにはまらない、何かを感じる。

総じて、好きなアルバムやアーティストしかここでは紹介していないので、毎回褒めてばっかりだなと、思われるだろうけれど、いいところしか書けないものだ。
好きなもの、いいもの。できる限り、とことんその人の魅力を引き出したい。
3,2&1(初回生産限定盤) 3,2&1(初回生産限定盤)
小沼ようすけ (2006/04/19)
ソニーミュージックエンタテインメント
この商品の詳細を見る

関連記事

  1. 2006.09.21(木) _08:47:42
  2. 小沼ようすけ
  3. [ edit ]




PAGE
TOP