Rory Gallagher

~楽器が語るロリー・ギャラガー物語~
0610_01.jpg

ichiroさんのギター教則DVD<ichiro直伝 Blues Rock Spirits>を観ていたら、
ichiroさんがロリー・ギャラガーの弾き方を例えにして話していて、
ロリー・ギャラガーのライブ映像を観てから記事にしようと思っていた。
(そのロリー・ギャラガーのライブ映像は、まだ途中のまま)

そこへたまたま先日、このPlayer2006.10月号を入手していて、この中にロリー・ギャラガーの特集が組んであった。
特集記事は何と19ページ!
+Fenderのカスタム・ショップがロリー・ギャラガーのトリビュート・ストラトキャスターを発売していて、その写真掲載もあり。

絶妙なタイミング。

ロリー・ギャラガー(1948-1995)は、アイルランド出身で、アイリッシュ・ブルーズのギタリスト。
そしてシンガー・ソングライターでもある。

メインは61’のFenderのストラト。
Playerの中には、ものすごい数の、所有ギター写真が掲載されている。
しかもこれは、前編となっていて、後編もアンプ、機材も含めて紹介されてるのではないのかな。

一言で言うと、熱血ギタリスト。
CDで聴いても、アツイ。それはヴォーカルからもそうだし、映像を観てもそう。
個人的には、淡々としてて、醒めた感じのするギタリストよりも、
ギター持ったら全部出してください!!
って思う方だから、ロリー・ギャラガーは好み。

過剰で過激なのはニガテだけど。そのラインはアタマの中にちゃんとある。

今日聴いているロリー・ギャラガーはコレ。
The Big Guns: The Very Best of Rory GallagherThe Big Guns: The Very Best of Rory Gallagher
(2007/07/17)
Rory Gallagher

商品詳細を見る

昨日、ロリー・ギャラガーから影響を受けた、日本人ギタリストのアルバムを聴いた。

これがまた凄くて。
だいぶ前に1回聴いてて、その時もギタリストとして印象に残ってはいたんだけど、
トライセラの和田さんのレコメンダー記事を読んだ時に、その人のレコメンダー文に興味を持ったのを思い出した。

名前は原マサシさん。

アルバムを聴きこんだら、紹介予定。
関連記事

0 Comments

Post a comment