スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

indigenous

Chasing the Sun Chasing the Sun
Indigenous (2006/06/13)
Vanguard

この商品の詳細を見る

Indigenous Indigenous
Indigenous (2004/07/19)
Silverstone

この商品の詳細を見る

このバンド、凄いです。

音、凄いです。

私は、こういう音を出すプレイヤーのことを<音の洪水>系と勝手に名付けています。
文字では表現し難いけど、日本で言ったら日光の「華厳の滝」くらいのイメージかも。
↑実際のスケールはもっと大きいはず。

ブルースロックが好きな人だったら、ハマっちゃうでしょう。
SRVからの影響を受けてるというのが、よく分かるアルバムだと思います。

06’7月度:私の月間MVP賞アルバムで、Philip Sayce<Peace Machine>を選んだのですが、
それくらいインパクトがあるバンド。
あまり日本での資料がなくて、HMVで少し視聴可能なので、ブルースロックが好きな人で、気になったら聴いてみてね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ルーツがJimi Hendrixという人や、バンドをいろいろ辿っています。
世界中にいるので、探すのは面白い。
フォロワーと呼ばれてるプレイヤーがいっぱいいるんだけど、
1つの謎がまだ解けていなくて、それは、Rollyがよっちゃんに話してた
「トルコのJimi Hendrix」
いろんなギタリストさんに聞いて廻ったけど、未だに不明のまま。
関連記事

- 4 Comments

ホッタ  

僕、ブルースロック好きな人です。
気になるなぁ~しかも安い!ビバHMV!
ルーツがヘンドリックスの人って今だ増え続けていると思いますよ。
CharがライブのMCで言ってたんですけど、MTVみたいな音楽番組でヘンドリックスの映像を流したら、若い世代から『コイツ今度はいつライブやるんだ?』って問い合わせが殺到したらしいです。
冗談みたいな話しだけど、説得力はあるなって思いました。

2007/11/12 (Mon) 13:04 | EDIT | REPLY |   

スノードロップ  

HMVはよく利用してます。

>ホッタさん
ブルースロック好きですか?
それじゃあ、いろいろ行っちゃいましょう!
ホッタさんだから敢えて書きますが、
こっそり書きますが、
私は和田さんによって、ブルースロックの扉を開いてもらっています。
トライセラのブルージーなところが大好きで。
最初が何て言っても、ROCK MUSICから入ってます。
マイケルの要素もありますが、根っこはジミヘン・コードなのです。
私がハマった理由が、ジミヘン・コードにあったんだ、ということを割と最近気付きました。
トライセラによって、私はブルースロックが好きなんだな、ってことに気付いて、
それから洋楽ブルースロック⇔Char⇔ichiroさんに行きました。
ジミを好きな人、フォロワー、ルーツ及び影響を受けている人。
そうですね!今も増えてますよね。
居なくなることはないと思います。
ギターは完成されて、もう出尽くしてる感があるね、ってよくギタリストさんとは話すののですが、
(それが現代ギターヒーローが現れない理由のひとつ)
リフひとつ取っても、ジミー・ペイジとジミ・ヘンドリックスで世の中には出尽くしてるそうで、
あるものをどう調理するか?その狭い中をくぐって、くぐって作って行くのだそうです。
ジミのトリップしちゃうかのようなあの音やコード、リフがたまりません。
ジミがこの世にいない、ということを知らない世代が出て来た、ってことですね(笑)
映像を見ると、若い世代の人たちからしてみると、
生きてるように錯覚しますよね。

2007/11/12 (Mon) 22:41 | EDIT | REPLY |   

ホッタ  

「ROCK MUSUIC」は僕も好きな曲です。
何といっても、LICKS&ROCKS(スペルに自信なし)を友人から薦められてトライセラにはまりましたから。
これまた都市伝説なんですけど、ジミヘンって「コード」って言葉知らなかったらしいですよ。う~ん、まさに都市伝説。
あ、今日の僕のブログのネタはブルースロックで書こうと思います。きっかけを頂きありがとうございます。

2007/11/13 (Tue) 02:01 | EDIT | REPLY |   

スノードロップ  

ブルースロック

>ホッタさん
トライセラは、骨太でありつつも、メロウとリフの3ピースバンド。
ホッタさんは、お友達のオススメだったんですね。私はFMからでした。
同じアルバムからなのかな?そこに入ったきっかけ。
ジミヘン・コードね、1回ハマると抜けられません。
ブルースロックの記事、いろいろできそうですね。
もしもきっかけ作りになれたとしたら、私も嬉しいですよ。

2007/11/14 (Wed) 00:44 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。