Gary Moore<Old New Ballads Blues>

Old New Ballads Blues Old New Ballads Blues
Gary Moore (2006/05/02)
JVC Victor

この商品の詳細を見る

ゲイリー・ムーアの新譜。好きなアルバムでもある<Still Got The Blues>の中からも
2曲リメイクされている。

今月のギタマガで、このアルバムのことや、あのギターを手放したことなども書いてあった。
これはゲイリーの2006年作品で、最新作。

1 Done Something Wrong
2 You Know My Love
3 Midnight Blues (2006)
4 Ain't Nobody
5 Gonna Rain Today
6 All Your Love
7 Flesh & Blood
8 Cut It Out
9 No Reason to Cry
10 I'll Play the Blues

「パリの散歩道」のラストでのチョーキング・・・ゾクゾクッと来るね、と思った頃、
ふと吉川晃司くんが<インスパイアされたアルバム紹介>のところで、Still Got The Blues
を見つけた。晃司くんもライブでこういうギター・ソロプレイを長々とライブでやっていた映像があり、
ゲイリー・ムーアも好きなんだろうな、とその時思った。

ゲイリー・ムーアは、ハードロックの方からブルースロックに移って来たので、ここ最近新旧混ぜて聴いてみている。
ギタリストとしてもヴォーカリストとしても、My Favoriteに入れたい。
サラッと歌っているものもあるけれど、割とシャウト系でそこも良かったりして。
ゲイリー・ムーアのように、メロウ&ハード、両方できる人の方が好み。

3 Midnight Blues (2006) 、6 All Your Love ・・・Still Got The Bluesからのリメイク。

7 Flesh & Blood・・・これはゲイリー・ムーアの、メロウな部分が出ている。

8 Cut It Out・・・この曲はインスト。カッコいいんだなぁ。何だか歌ってるみたいなギターを弾く。
そんなところも好きなんだけど、歌が巧い人=ギターも巧いというのが最近の感じていること。
関連記事

0 Comments

Post a comment