スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

John Mayer 

John Mayer(ジョン・メイヤー)漬けです。漬物状態で浸っています。
トウガラシはそんなに入ってないし、塩加減もちょうどよくて。
何でしょうね?この美味しさは。

SRV好きな人から紹介されたのがこの1枚。
Try! John Mayer Trio Live in ConcertTry! John Mayer Trio Live in Concert
(2005/11/22)
John Mayer Trio

商品詳細を見る
こちらのアルバムは、音楽ファンから好感度が高いので、ジャケットは見たことがある人も
多いのではと思います。
トリオ・バンド編成で、ドラム:スティーヴ・ジョーダン。
今年聴いた洋楽のライブ盤で、上位に入る。

次にクロスロード・ギター・フェスの映像を観る。他のプレイヤーと違ってたのです、音が。
一人、あの出演者の中で若いプレイヤーで、いいギター弾いてるよ!と注目。
<TRY!>のギタリスト、ジョン・メイヤーだねと、その時気付く。
Heavier ThingsHeavier Things
(2003/09/09)
John Mayer

商品詳細を見る

↑アルバムは、1曲目から爽やか。Blues Rockよりでもなく、ポップ。
昨夜降った雨の後、爽やかな朝。キミにうたうよ、みたいな雰囲気がどこか出てる。
(本来は、ちっともそんな歌詞じゃないとは思うけど。)
実際はどんなソングライティングの方法をとったかは、不明だけど、そんな絵が見えたのでした。

ジョン・メイヤーは声が良くて、曲もいいSSW(シンガー・ソングライター)。
第一に、メロディが良質。
ギターも何気に凄い。

ただちょっとだけ。このジャケット、個人的意見として、手の位置とギターの位置が、
ほんのちょっぴりイカしてないの。
手が添えてあって、もうちょっと下だったら、多分もう少しグッと来てたと思うんだけど。
これって、女子目線なのか、ギタリスト好きの目線なのか???

エレクトリックのバリバリ・ギターズなイメージがあるけれど、アコギがいいです。素敵です。
M-8、M-9と続けて漬かっちゃった。
グッと来るポイントをよく知ってるというか、ニクイんだもの。
ジョン・メイヤーを「モテ男」と称したのは、トライセラの林くんだったけど、
それがちょっと理解できた気がした。
それは置いても、声質とグッと来るポイントは男女共通だよね。

~他に聴いてるアルバムは、次回へ続く。~

ジョン・メイヤーは、他の有名なプレイヤーのアルバムにも多く参加していて、
家にあるCDを探すと出てきそうなので、今後紹介できたらいいなと思います。

例えば、ディクシー・チックス、J.Jケイル&クラプトン、ジョン・スコ、アリシア・キーズ、クラプトン。
ひっくり返してみよう。一体どこだろう???

個人的には、フォール・アウト・ボーイのDVD付属の限定CDで、ジョン・メイヤーが弾く、
マイケルのカヴァー:「今夜はビート・イット」ですって!!!
ヴァン・ヘイレンは、ほとんど通らずに来てたけど、これは興味がある。
                                   (Thanks資料:ギタマガ2008.9月号)
関連記事

- 2 Comments

止まらないha~ha  

Re

John Mayerは他にもliveで「PANAMA」もやってますね。
ちなみに今でこそVAN HALEN、もう勘弁してくれって思いますが
学生時代Sammy Hagerがvocalの時の武道館公演は、しばらく思い出に残るベストアクトでした。ギターうんぬんじゃなくて2代目vocalのSammyが素晴らしかったです。その直後くらいのDavid Bowieさえ霞んで見えたほど。もはやあのバンドは幻。
Johnは大好きなんですが「Heavier Things」はイマイチな印象です。でもきっとここでSteaveにも出会えたし大事なアルバムであったのは確かですねー。また日本でliveやってほしいです。エフェクトで音作りこんでない、チューブアンプと木の良さが抜群でした。

2008/12/26 (Fri) 01:54 | REPLY |   

スノードロップ  

バンドは形を変えて行く

>止まらないha~haさん
ジョン・メイヤーは、ヴァン・ヘイレンもやはり聴いてたのかな?
サミー・ヘイガーのアルバム、家に何枚かあったような気がしますが、
ちゃんと聴いてないです(笑)
ヴァン・ヘイレンは学生の時、ロック好き男子の間でかなり人気が
高いバンドでした。みんな聴いてる?というくらいアルバムを
持ち歩いてた人が多かった記憶が。
「Heavier Things」よりも、もっとお気に入りのアルバムがあるから
かな?
私はスタジオ盤はこれしかまだ聴いていなくて、
後はライブ盤です。
私の勝手なイメージでは、SRVのようなバリバリ・ギターズを
想像してたのです。
そうしたら意外にも「Heavier Things」がややメロウな感じで、
ギャップがいいな、って思ったのかもしれません。
アコギいいなーなんて。
本当はバリバリなところがもっと聴きたいです。
ジョン・メイヤー、今後も注目度上げて聴いて行きますね。
何かが分かるかもしれないので、楽しみです。
ギアのページ、よーく見てみますね!ヒントあるかも。

2008/12/26 (Fri) 22:58 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。