ichiroさんを中心円にして綴るブログ

Vintage Blue Sky

.

しばらくの間疑問だった Love like a man

先日、ここのTopページに書いたTen years afterの曲のことで、疑問に思ってたことがあった
ので、調べてみました。

まず、私が聴いて気に入ったのはLast fm.で流れて来た、ライブVer.でした。
アルバム名とジャケット写真はこちらで出て来た。↓↓
Cricklewood GreenCricklewood Green
(2007/11/05)
Ten Years After

商品詳細を見る

ところが、音がヤケに新しいこと、時代とは違うクリアー度。
Alvin Leeは「335」というイメージがあるのに対し、音がストラト・サウンド。
おっかしいなーと疑問に思い、この為にフル視聴できる音楽サイトに登録して、
全てのライブVer.を片っ端から(とはいえ、そんなに数は無い)聴いてみた。

私が聴いていいな、って思ったのは、実はAlvin Leeが弾いてた時代のものではなく、
新生になってからのVer.だったのです。
ギター、ヴォーカルはJoe Goochくんという人です。
ラスfmちゃん、正しいアルバム表示でお願い!惑わされて、2時間彷徨ったよ・・・。
Alvin LeeのVer.も、フィルモア・イーストのLive Ver.は良かったです。

そして、この若いギタリストくんJoe GoochのVer.私は結構好き。
映像を探したらちゃんとありました。
もう少し動きがあったら、もっともっとグッと来て、伝わる気がします。
4:00くらいのところからがヤマです。↓↓

RoadworksRoadworks
(2005/08/08)
Ten Years After

商品詳細を見る

↑↑実際に聴いたのは、こちらのアルバムに入っているライブVer.が流れて来たのかな。
Alvin Leeも良いです。ソロ・ワークも。
Joe Goochに私は「何か」感じるところがあるの。グッと来るポイント?
他の映像も曲も聴いてみたんだけど、ライブ後半でグッと前に出すでしょ、その感覚。
関連記事

  1. 2009.01.19(月) _21:19:19
  2. Nice!ギタリスト
  3.  コメント:2
  4. [ edit ]

<<ichiroさんがkochのアンプを試奏 | BLOG TOP | ichiroさんの音楽ルーツ Vol.1>>

comment

押忍っ!

  1. 2009/02/02(月) 22:36:17 
  2. URL 
  3. ムーミン 
  4. [ 編集 ] 
またまたちょこっと遊びにやって来ました~!
こういう動画、すき。とってもいい気分転換になります!
こういうヒュー!ひゅ~!イェーイ!というオーディエンスのノリや盛り上がり欲しいよね♪と、
和田さんの言葉じゃないけれど(他のミュージシャンのみなさんもきっと、そうかな)思うのでありました。
その点、海外はオーディエンスが解放されてる感じでイイね。
あとね、自分じゃ、好きな、興味のあるアーティストのをたまに探すくらいなので・・・こういう、じわじわグワーンと来る知らない人を観聴きするのもイイなぁ!と思いましたよ。サンクスです♪
また、スノちゃんのオススメあったら載せてね♪
ウィルスねー、大丈夫で良かったわぁー(^-^)
浅間山の火山灰は、降り積もってないよね!(←勝手に断定・笑)
ほんじゃ2月7日、スノちゃんの魂連れて、行って来ますよ♪

海外のノリの中に入ってみたい。

  1. 2009/02/04(水) 20:06:22 
  2. URL 
  3. スノードロップ 
  4. [ 編集 ] 
>ムーちゃん
うい~っす!押忍!!ようこそ、ウエルカムカム~(笑)
海外のオーディエンスのみなさんのノリっていいよね。
ひゅーひゅーワーワーヤンヤ。それぞれが楽しんでるものね。
オススメがみつかったら、またここで載せちゃいます!
浅間山の灰はこちら側には来なくて、関東方面へ飛んで
行くんだものね。
車はヒョウ柄になってるけど、実は灰ではなく、
高速道路を通ると白くなっちゃうんだよね。
融雪剤かな~って気がしてます。
おぉーっ、7日プライベーツの対バン。
魂乗っけて連れて行ってくださいねー。
むふふ、どんなライブになるんだろう?
いってらっしゃい!!


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP