ichiroさんを中心円にして綴るブログ

Vintage Blue Sky

.

Acoustic Guitar Days

夏の空を見てると、Acoustic Musicが聴きたくなるのは何故でしょう?

3枚聴いたうちの2枚を紹介します。
開放弦 オリジナル・サウンドトラック 開放弦 オリジナル・サウンドトラック
渡辺香津美 (2007/02/14)
インディペンデントレーベル

この商品の詳細を見る

渡辺香津美<開放弦>・・・3月に、小沼ようすけくん+渡辺香津美さんのDUOライブに行った。
その前にタワレコのレコメンドで、このアルバムが視聴できるようになっていて、聴いてみたら良かったので購入。

ライブ後、香津美さんと小沼くんと直接お話する機会があったので、このアルバムのことや<開放弦>のお芝居のことも少し。

アルバムは、香津美さんが弾く全編アコギ。(エレアコ録音もあり)
ゆるい音ではなく、逆に熱があって、音自体の印象は強い。
攻撃的とまでは言わないけど、ピッキングが強そうな音。
エレクトリックで弾いてる感覚を、そのままアコギで表現したような。
そして一番思うのは、音がブライト。

聴いてるだけだと想像しにくいけれど、超絶テクで弾いてるに違いない。
初めて買った渡辺香津美さんのこのアルバムは、サウンドトラックでミニアルバム。

生で見た香津美さんのギターは、運指も腕全体も魔術師のようだったし、Jazzギターのアドリブって凄いなって思ったのだった。
ギターってこんなこともできるんだな、って目の前で見たあの感覚が全部フラッシュ・バックする。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
次は、山弦<Indigo Munch>
INDIGO MUNCH INDIGO MUNCH
山弦 (1999/11/26)
ポリドール

この商品の詳細を見る

山弦は、小倉博和さん+佐橋佳幸さんのアコースティック・ユニット。

家にあるCDの中で、スタジオ・ワーク、ライブワークでのギタリストで一番多いのは、佐橋佳幸さんか、是永巧一さんかもしれないね。

佐橋さんは一番多く触れてるかな?宮原くんと元春、その他のアルバムとライブ・サポートで。
松たか子ちゃんの楽曲提供経由で、トライセラの和田さんとも繋がってる。
小倉さんも、CDのクレジットを見ると多くお名前が出て来る。

このアルバムは、最初に紹介した香津美さんの<開放弦>とはカラーが全然違うアコースティック。
カバー集で、「いつか王子様が」「夏の思い出」♪夏が来れば思い出す はるかな尾瀬 遠い空
全体がこんな感じで、音が優しい。アコースティックらしい音。
山弦の場合、L&Rをちゃんと聴き分けて聴く方が楽しいだろうなぁ。

静かな環境で、コンポから大きめに音を出すか、ヘッドフォンでぜひ。

個人的には、山弦のCDでは<Joy Ride>が好き。
JOY RIDE JOY RIDE
山弦 (1998/08/05)
ポリドール

この商品の詳細を見る

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
20070619075346.jpg

6月20日発売日に購入したオムニバス作品。
毎日1回は聴いているけれど、一番の目的だった、小沼ようすけくんのアコースティック・ギターレッスン特典DVDをまだ見ていない状況。
それを見終えたら、ここで<acoda>のアルバム紹介をしようと思う。

時間と気持ちに余裕を持たせるためにも、アコースティックの音を毎日1枚は聴くようにしているこの頃。
関連記事

  1. 2007.08.01(水) _08:16:46
  2. Nice!ギタリスト
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:0
  5. [ edit ]

<<野村ギター商会のゲスト:小沼ようすけ | BLOG TOP | The Sons:Live DVD2003>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




PAGE
TOP