スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刺激され、買ったもの。

ちょこちょこタワレコの前は通っているのだけれど、重いものを抱えているとお店に入ろうという意欲が沸かない。
昨日はちょっと気になっているギタリストの新譜や、他のアイテムを見たかったので、久々に立ち寄った。

そのアルバムは発売以来、以前から好きだと言う方にはあまり評価が高くないようだ。あっちもこっちもそのようなことが書いてある。
個人的な感想だから、いろいろあって当然だろうし、人それぞれだから関係ない。アンテナに掛かったものは、聴いてみようのサインだから。

しかしながら、購入前にそういう記事を読んでしまったのだ・・・ライブにも行きたいし、興味を持ったら即行動!がモットーだけに、買わずにはいられなかった。
今までも、こうやってどれだけ音楽に触れて楽しんで来たことだろう。

アルバム・コンセプトや、アーティストがやってみたい方向というのが、必ずあるはずなので、当たりであろうが、そうでなかろうが、聴いてみよう、と思ったのだ。

アルバムは1枚だけ聴いたことがあるけれど、この間のまーちんライブがあまりにも印象的だった。

ファンは、好きだとどうしてもこうであって欲しいとか、これはちょっとねぇ、と思うのかもしれないけれど、トータルで聴いたことが無いからなのか、世間の評判は差し引いても、視聴した限りでは悪くない。
一生懸命作ったアルバムだと思う。以前発表した作品の評価が高いと、次のハードルは高くなる。ミュージシャンも大変な職業だ。

後は、ライブのチケットが手配できるといいな。
聴き込んだら、そのギタリストの名前をここで書こうと思う。
ヒント:初回限定盤なのでDVD付き♪
今はちょっと秘密主義。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。