マイ・ブームはgibson ES-335

TRICERATOPSの和田さんはgibson ES-335のオーナー。(61’ドット・チェリー)
今回のツアーでは、登場しなかったらしい。
和田さん、このギターはソールドしないでね、と祈りつつ。私もES-335が大好き。
それは完全に和田さんの影響でもあるけれど、他にもたくさんのギタリストが所有している。
木暮武彦さんもだし、(先日私の街にライブで来てくれたけれど、平日で行けなくて残念)
小沼ようすけくんもES-335。
ES-335

この本も335ファンとして持っている。ギターのスペックに関しては私は詳しくないので、詳細はぜひ詳しいサイトで調べてもらうのをお勧め。
女子目線で言うと、このギターのルックスといい、フォルムといい、音色といい、好みのギター。

年代でかなり個体差があるけれど、私が聴いているプレイヤーは良いギターを使った上で、技術が伴っているので、いい音がする。

ある日、楽器店へ立ち寄った時のこと。ブログでトライセラ・ファンの方から、PV「僕らの一歩」で使用の新しいギターはカジノだと教えてもらったので、エピフォン・カジノを見に行った。
その店舗ではナチュラル(イメージ:ジョン・レノン)しか置いてなかったけれど、とても弾きやすいギターだった。
和田さんのギターはヴィンテージなので、これとは全然違うけれど。

カジノは持つと軽くて、ちょっと音色がペラペラしていた。重さはストラトと比べたら軽くて驚く。
逆に言うと、初めてギターを持つ女性にはとてもいいのではないかと思った。
手の小さい人が苦労する、バレーコードも簡単に音が出る。ストラト、弾きにくいな・・・って思ったほど。
最初からストラトで修行するのも逆に良かったのかな、とも思いつつ。
エピフォンはその上のモデルで、Elitistというのがあり、他にはレスポールで国産のモデルもある。
カジノ

国産OEMというと、FUJIGENさんが作ることが多いらしい。
私のフェンジャパもそうかもしれない。
「このエピフォン上級モデルの国産製作って、フジゲンさんですか?」
と尋ねると、
「あれっ、なんで知ってるの?(←ちょっと嬉しそうだった)」
と言われた。このショップの社員の方もFUJIGENさんで見学したと話していた。私も見学に行ってみたい気がする。
私の好きなミュージシャンもFUJIGENのオリジナル・ギターを製作してもらい、ステージで使っている人もいる。(吉川晃司くんと原田喧太くん)

ES-335に戻ろう。このギターについて語れるようになるのは時間が掛かりそうだけれど、ES-335を使ったミュージシャンのアルバムは今年たくさん聴いてみた。
今、気になっているのは、エミリー・レムラーのアルバム。ミス335と呼ばれた女性が弾いているもので、小沼ようすけくんもこのアルバムはいいよ、と話す。
Firefly Firefly
Emily Remler (1992/08/01)
Concord Jazz

この商品の詳細を見る

視聴してみた。これいいなぁ。ウェス系だった。ウォームだし、これぞ335っていうJAZZの音。

*当初の記事より、一部カジノ、エピフォンに関して加筆修正しています。
関連記事

8 Comments

Ryuhei  

ストラトが弾きにくく感じるって相当ですね、
今度試奏してみます。
気に入っても絶対買わない(買えない)と
自分自身に約束した上で☆
箱物って見た目以上に軽いですよね、
この前グレッチを試奏した時、軽過ぎてびっくりしました。

2006/11/21 (Tue) 00:24 | REPLY |   

スノードロップ  

ギターネタ食いつき良くて嬉しい

<Ryuheiさん>
ストラト、私のフェンジャパがそうなのか、ネックと弦高が関係してるんだと思います。
2本目もネックは細くないですが、弾きやすさが違います。
カジノは本当に驚きの軽さでしたが、その後ES-335も触って帰ってくださいってお店の人が言ってくれたので、弾かせてもらいました。
センターブロックが入ってるので、結構重いんですよ。
カジノは本当に空洞、箱っていう感じだったのに、335は重い。
カジノはお店の人も、「これはね、僕が弾いても・・・ですね」
その表情で読み取りました。僕ならこれは買いません、ってことです(笑)
他にはギブソンのレギュラーのLPも触って帰りました。
Ryuheiさんはグレッチを試奏したんですね~どのタイプ?
6120って重いって聞きましたが、個体それぞれ全然違って面白いですよね。
私はリッケンバッカーも興味ありありです。
あれを凄い勢いでかき鳴らしてるバンドがあるけど、壊れそうだーー。それはACIDMANね。
ストラトも335もジャンルを越えられるので、そこがいいなと思っています。バンドだったらコレ!っていうのが決まるんでしょうね。
カジノ、触ってみてね!ノーマルなのと、10万超のElitistと比べてみてください。ご報告お待ちしています。
Ryuheiさんが頼りだよ~<何回も書いておくね(笑)>

2006/11/21 (Tue) 08:48 | REPLY |   

Ryuhei  

グレッチ

グレッチはおそらくナッシュビル6120-1962っていう
ダブルカッタウェイのやつです。すごく軽かったです。
ただ、テンションもキツめ設定してあって弾きにくかったし、
音も自分の想像してたブライトな♪ジャラーンではなく
こもった♪ポローンって感じだったので、
どんなフレーズを弾けばいいのかわからない!(嘆)
と、すぐ試奏をやめました。
僕と高校時代に組んだ人が、ダブルカッタウェイでない
ナッシュビル6120を使ってて、
エフェクターなしのアンプ直で、ものすごく歯切れのいい
ブライトな音を出してたのに、何でだろう?
と今でも疑問に思ってます。
ひょっとしたらナッシュビル6120じゃなかったのかも。

2006/11/21 (Tue) 15:53 | REPLY |   

スノードロップ  

ナッシュビル6120-1962

<Ryuheiさん>
画像で見てみましたよ~ナッシュビル6120-1962.
ギターのスペックのところに、重量が書いてあったら面白いのになぁ。定価45万だった・・・グレッチもかなり高価ですよね。
グレッチって触ったことが無いです、ショップに飾ってあるのを眺めたことがあるくらいです。
あははっ、それを書くとどこのメーカーか分かっちゃいますね(笑)
晃司くんのグレッチは「ホワイト・ファルコン」ですよね。
アンプ直っていうのは、設定次第でかなりステージでは音を変えられるんだろうなぁ。
プロは、ツマミに印付けて、曲ごとにセッテイングを変えてレコーディングしたりしてますよね。
アンプで歪みを作ることとか、今度晃司くんのことを挟んで記事にしてみますね!

2006/11/21 (Tue) 20:09 | REPLY |   

アメジスト  

私も

今回ESを使ってないって、ちーこさんのところで読んで残念です~(泣)
これと黒レスポールだけはずっと持ってて欲しいですよね!

2006/11/21 (Tue) 21:43 | REPLY |   

スノードロップ  

アルバムでも使用は少しかも

<アメジストさん>
そうなのよね~☆私とアメさん、黒のレスポール(3ピックアップ)が好きだもんねっ♪
ES-335と男の1本は絶対に死守してもらいたい・・・って書くとほら、和田さんが、
刃向かいたくなるって思っちゃうので、そーっと見守りつつ、私たちはそのギターくんたちのファンなんだよーと小さい声で書いておきますね!
イメージが固まるのが嫌だという和田さん。トレードマークって言われると浮気したくなる、というので、私は今回は新しいギターの音色をこの耳で確かめて来ますね~☆まずは高崎。
アメさんももうすぐですね♪
うふふっ、浮気ね(笑)
ギターに関しては浮気して浮気して浮気しまくる!と言ってたんだよね、そういえば。

2006/11/21 (Tue) 22:24 | REPLY |   

eddie  

逃した魚は・・・

以前ネット友人が335のヒスコレ美品を格安で放出したんですけど、こちらも新規で335購入を悩んだ結果、別ギターとAMP他を購入した直後だったのでタイミングが合わず泣く泣くスルーしたことがあります(T_T)結局、同じネット友人に引き取られて行きましたが・・・悲しかったなぁ~あれは(苦笑)後日譲られた方から「・・・新品ですか(驚)」とコメントがあり、さらに凹みましたよ(爆)
335のイメージは・・・アルヴィン・リーかクラプトン、またはラリー・カールトンかな(笑)いずれはJAZZもと思ってるので、万能な335は魅力的ですねぇ・・・欲しいけど・・・ん~男のロー・・・いやいや、もうギターは買わない!!

2006/11/21 (Tue) 22:53 | EDIT | REPLY |   

スノードロップ  

我慢できる?

<eddieさん>
そうだったんですね。ヒスコレがいいな、って思っていて、それがお友だちからどう?って言われたら、
eddieさんにとってはチャンスだったのかもしれませんね。
タイミングってあるんですけど、それはやはり次がある、ってことなんじゃないのかなぁ。逃した!って思うとそう思えちゃうんですが、ギターはまだいろんな場所でたくさんいい状態のものが出てきますし、人の縁もそうでしょう?ギターもきっといいものがまた必ず視野に入ると思っていれば、チャンスがありますよ☆
私の行ったショップの方、ご丁寧に見積りまで代理店に電話して聞いてくれたんですけど(←頼んでないのよ~)335でラリー・カールトンまで行っちゃってください!と言われました。
次の入荷は40万って言うから(笑)今は買わないですよって言いました。
月払い(男のロー・・・です)、それはやっぱり気になりますよね。2本目のギター、私は立場上ローンは組みたくなかったので、組まなかったです。選んだ時は、このコを連れて帰る!みたいな勢いで選んだ1本でした。
もう買わない、って・・・いいの?我慢できるかなぁ。ギター弾く人の求める方向って、凄いエネルギーですよね。私も最近それがようやく分かって来ました。
今すぐじゃなくても、まだ先は長いので、憧れの1本、っていうのも絵になりますよね。
↑上記のコメントのRyuheiさんもいいギターをお持ちなのよ~

2006/11/21 (Tue) 23:26 | REPLY |   

Post a comment