スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“LOCK ON ROCK”Special Liveエトセトラ

20070422125526.jpg

まずはVodafone “LOCK ON ROCK”special Liveの様子から。
この番組はFMのJFN系列とも提携して、総合プロデューサーをCharが務めていた。
番組を聴くきっかけもこれまたトライセラトップスが関係しているのだが、毎週このラジオを聴いているうちに
Charという人物に触れ、音楽のルーツに触れる毎に好きになった。

その前の番組(ROCK ON THE WAY)もよく聴いていたのとか、前に住んでいたところの
DJ氏の影響も大いにあり(←ぶんやさん、ありがとう。)
それがCharを聴けよ、というジワジワ送られたサインだったのだろう。
やっと気が付いた。いや、火が点いた。2、3年は掛かったかも。

番組は、Charがこのオンライン投票→グランプリを決めるところまで追っていた。インタビューも交え、
話すことの一つ一つ、さすが含蓄がある。目を反らさないで話すところとか、私はいつもCharの眼差しを
チェックしてるかもしれない。目にその人の中身が全部出ると思っているので、眼差しは重要な要素。

ライブの様子は、3ピース形態で、キーボードの小島氏がこの日はお休み?!
赤いムスタング。(カーレースをイメージさせたコンペティション・ラインを採用したモデル?)
オンエア曲は・・・
Apple Juce
Amano-Jack
Guitars
Song in my heart
HEAD SONG

ハマればハマる程、深いCharの音楽性。まずは一つずつアルバムを掘り下げるということ、
その作品を発表した時の心情や、心意気を知らないことには追求できない。
そんな訳で過去のバックナンバーを入手。30年分を追いかけようなんて、無謀なことだと思うけど、
楽しいから続けると思う。

さて、先日<one more mile>のことをここで書いたところ、心優しい方とのご縁が嬉しかった。
これからも、新しいファンをよろしくお願いします。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Charの容姿や雰囲気だけに惹かれた訳じゃなく、あくまで中身重視。
文章は、ちょっと面白いエッセンスが無いと誰も読まないし、シャツがいいだの、ボタン開けてだの
書いてはいるけれど。
要は人として、ミュージシャンとして、ヴォーカル&ギタリストとして好きなのだ。

*石やんがこの街に来てくれるから、ギターの修行も兼ねて行ってみたかったけれど、平日の夜って難しい。
調整できなかった。次はどこかの街でBAHOとして。

*この記事は旧ブログよりお引越ししました。2006年6月記事
関連記事

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。