ichiroさんを中心円にして綴るブログ

Vintage Blue Sky

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

三人の侍・ダイジェスト版~Char竹中殿~

スカパーのM-ON TV!で「三人の侍」のダイジェスト版がオンエアされた。
ようやく昨日、じっくり観ることができたのだけど、それを観て感じたことをちょっと記しておこう。

山崎まさよし、奥田民生、Charの3人で、北海道から沖縄までの全国縦断ポイントを絞った公演。

Charが奥田民生くんのことを、「奥田くん」と呼ぶ。私も昔から「奥田くん」と呼ぶ。
奥田くんは私よりも年上だけれど、「奥田くん」なのだ。山崎氏は「まさやん」と呼んでいる。

楽屋風景も和やかで、会話がラフだし、ジョークばっかりなので楽しくやってるのが伝わる。

イーグルスの「ホテルカリフォルニア」やビートルズの曲はこの3人さんたちはお得意コースだと思う。
お客さんの反応は、知らない人もいるだろうなぁーとCharと奥田くんは語っていた。

アコギをそれぞれ抱えて、イスに座って3人でのプレイスタイルを眺めてみた。
Charのギタースタイル・・・好きだなぁ。
Charが好きだから、当たり前なのだけど、座っていても、いつも左足のリズムの取り方が好きなのだ。私も
ギター持ったら、多分あのタイプだ。

逆に、奥田くんは足を組んだまま、ほとんど体が動いて無い。頭でカウントしてるのかな?
それはそれで器用なミュージシャンだなぁ、と妙に納得。

まさやんは、丁度その中間的なタイプに見えた。足でリズムを取ったりもしてるけど、Charほどは動いて無い。

Charは立って弾く場合、体現も含め全身から音を出して行くようなところが私は好きなのだ。
もちろん、座って弾いている時も。

3人でトークをすると、Charが振って、奥田くんが中心になって、これもまた面白い。
Charの笑い方と、奥田くんの笑い方もどちらも共通点がある。
奥田くんはいつも「んふふふふ」っていう感じ。高笑いっていうのは見たことがないかも。

6月17日に、今度は拡大版がオンエアされるとのこと。
6月は忙しい&楽しい。ファンの人も追いかける番組がたくさんあって、嬉しい限り。

30th・・・30年って長い道のり。もっと早く聴いていたら、もっと楽しかったとは思う。
でもそれが出会いなので、Charが放つものを今からでもたくさん吸収したい。
関連記事

  1. 2006.05.23(火) _12:47:55
  2. Char 竹中尚人
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:0
  5. [ edit ]

<<Char meets 泉谷しげる | BLOG TOP | Gary Moore<Still Got The Blues>>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。